Workspace Environment Management

ポート

ポート機能を使用すると、クライアントの COM および LPT ポートのマッピングが可能になります。Citrix Studioポリシーを使用して、COMポートとLPTポートの自動接続を有効にすることもできます。詳しくは、「 ポートリダイレクトのポリシー設定」を参照してください。

ポート機能を使用して各ポートのマッピングを手動で制御する場合は、Citrix StudioでクライアントCOMポートリダイレクトポリシーまたはクライアントLPTポートリダイレクトポリシーを有効にしてください。既定では、COM ポートリダイレクトおよび LPT ポートリダイレクトは禁止されています。

ヒント:

動的トークンを使用して 、Workspace Environment Management アクションを拡張し、より強力にすることができます。

ポートリスト

既存のポートのリスト。[ 検索 ] を使用して、名前または ID でリストをフィルタできます。

ポートを追加するには

  1. コンテキストメニューから [ 追加 ] を選択します。
  2. 新規ポート 」ダイアログのタブに詳細を入力し、 「OK」をクリックします。

フィールドとコントロール

Name:ポートリストに表示されるポートの表示名。

[説明]。エディション/作成ウィザードにのみ表示され、リソースに関する追加情報を指定できます。

ポートステート。ポートが有効か無効かを切り替えます。無効にすると、ユーザーに割り当てられていてもエージェントによって処理されません。

ポート名。ポートの機能名。

ポートターゲット。ターゲットポート。

[オプション]タブ

アクションタイプ。このリソースがどのようなアクションであるかを説明します。

たとえば、次のようにポート設定を構成できます。

  • ポート名:「COM3:」を選択します。
  • ポートターゲット: \\Client\COM3:を入力

ポート設定

ポート