Workspace Environment Management

クイックスタートガイド

このガイドでは、Workspace Environment Management (WEM) をインストールおよび構成する方法について説明します。インストールと構成の手順と、推奨されるベストプラクティスについて説明します。

概要

WEM は、ユーザーに最高のWorkspace エクスペリエンスを提供できるように設計されたユーザー環境管理ソリューションです。これは、ドライバーを必要としない、ソフトウェアのみのソリューションです。

前提条件

環境に WEM をインストールする前に、すべてのシステム要件を満たしていることを確認してください。詳しくは、「システム要件」を参照してください。

インストールと構成

最新バージョンの WEM をインストールすることをお勧めします。WEM の展開は、インフラストラクチャサービス、管理コンソール、エージェントの 3 つのコアコンポーネントのインストールと構成で構成されます。次の手順では、これらのコンポーネントをインストールおよび構成する方法について詳しく説明します。

注:

  • 上記のコンポーネントのいずれも、ドメイン Controller にインストールしないでください。
  • Delivery Controllerがインストールされているサーバーにはインフラストラクチャサービスをインストールしないでください。

手順 1: インフラストラクチャサービスをインストールする

  1. Citrix Virtual Apps and Desktopsのプレミアムエディションコンポーネントのダウンロードページから最新のWEMインストーラーをダウンロード https://www.citrix.com/downloads/citrix-virtual-apps-and-desktops/します。適切なフォルダーにzipファイルを展開します。

    WEM インストーラーフォルダー

  2. Citrix Workspace Environment Management インフラストラクチャ Services.exe をインフラストラクチャサーバーで実行します。

  3. [インストール] をクリックします。

    インフラストラクチャサービスのインストール 01

  4. [次へ] をクリックします。

    インフラストラクチャサービスのインストール 02

  5. [使用許諾契約書の条項に同意します] を選択し、[ 次へ] をクリックします。

    インフラストラクチャサービスのインストール 03

  6. ユーザー名と組織を入力し、[ 次へ] をクリックします。

    インフラストラクチャサービスのインストール 04

  7. [ 完了 ] を選択し、[ 次へ] をクリックします。

    注:

    インストールフォルダを変更するか、SDK のインストールを禁止するには、[ カスタム] を選択します。

    インフラストラクチャサービスのインストール 05

  8. [プログラムのインストールの準備完了] ページで、[ インストール] をクリックします。

    インフラストラクチャサービスのインストール 06

  9. [ 完了 ] をクリックし、ステップ 2 に進みます。

    注:

    デフォルトでは、[ データベース管理ユーティリティの起動 ] オプションが選択され、ユーティリティが自動的に起動します。 Citrix > Workspace Environment Management > WEMデータベース管理ユーティリティの[ **スタート ]メニューからユーティリティを起動することもできます**。

    インフラストラクチャサービスのインストール 07

手順 2: WEM データベースを作成する

  1. データベース管理ユーティリティで、[ データベースの作成 ] をクリックして、展開用の WEM データベースを作成します。データベース作成ウィザードが表示されます。

    注:

    SQL Server で Windows 認証を使用している場合は、システム管理者のアクセス許可を持つ ID でデータベース作成ユーティリティを実行します。

    WEM データベースの作成 01

  2. [ようこそ] ページで、[次へ] をクリックします。

    WEM データベースの作成 02

  3. [データベース情報] ページで、必要な情報を入力し、[ 次へ] をクリックします。

    注:

    -  サーバー名とインスタンス名には、マシン名、完全修飾ドメイン名、または IP アドレスを入力します。
    
    • ファイルパスには、データベース管理者が指定した正確なパスを入力します。自動補完されたファイルパスが正しいことを確認します。

    WEM データベースの作成 03

  4. [データベースサーバーの資格情報] ページで、必要な情報を入力し、[ 次へ] をクリックします。

    WEM データベースの作成 04

  5. [VUEM 管理者] で、[ 選択] をクリックします。

    WEM データベースの作成 05

  6. [グループの選択]ウィンドウで、管理コンソールに対する管理権限を持つユーザーグループを入力し、[ 名前の確認]をクリックし、[ OK]をクリックします。

    WEM データベースの作成 06

  7. [データベースセキュリティ] で、[ インフラストラクチャサービスのデータベース接続に Windows 認証を使用する ] を選択し、[ 選択] をクリックします。

    注:

    -   **インフラストラクチャサービスデータベース接続に Windows 認証を使用する** \] または \[ **VueMuser SQL ユーザアカウントのパスワードの設定**\] のいずれも選択しない場合、デフォルトで SQL ユーザアカウントが使用されます。
    
    • 独自の VueUser SQL アカウントパスワードを使用するには (たとえば、SQL ポリシーにより複雑なパスワードが必要な場合)、[ VueMuser SQL ユーザーアカウントパスワードの設定] を選択します。

    WEM データベースの作成 07

  8. [ユーザーの選択]ウィンドウで、インフラストラクチャサービスアカウントの名前を入力し、[ 名前の確認]をクリックし、[ OK]をクリックします。

    WEM データベースの作成 08

  9. [次へ] をクリックします。

    WEM データベースの作成 09

  10. [データベース情報の概要] ページで、[ データベースの作成] をクリックします。

    WEM データベースの作成 10

  11. [OK] をクリックします。

    WEM データベースの作成 11

  12. [データベース情報の概要] ページで、[ 完了] をクリックします。

    WEM データベースの作成 12

  13. WEM データベース管理ユーティリティを閉じます

    WEM データベースの作成 13

  14. [アプリケーションの終了] ダイアログで、[ はい] をクリックします。

    注:

    データベースの作成中にエラーが発生した場合は、インフラストラクチャサービスのインストールフォルダにあるログファイル「Citrix WEM Database Management Utility Debug Log.log」で詳細を確認してください。

    WEM データベースの作成 14

手順 3: インフラストラクチャサービスを構成する

  1. [ スタート ] メニューから WEM インフラストラクチャサービス構成ユーティリティを開きます

  2. [ データベース設定 ] タブで、必要な情報を入力します。

    インフラストラクチャサービスの設定 01

  3. [ 詳細設定 ] タブで、[ Windows アカウントの偽装を有効にする ] を選択し、[ 参照] をクリックします。

    注:

    手順 2 で WEM データベースの作成時に行った選択に応じて、[ Windows アカウントの偽装を有効にする ] または [ VueMuser SQL ユーザアカウントのパスワードの設定] を選択します。

    インフラストラクチャサービスの構成 02

  4. ユーザー名を入力し、「 名前の確認」をクリックし、 「OK」をクリックします。

    インフラストラクチャサービスの構成 03

  5. インフラストラクチャサービスアカウントのパスワードを入力します。

    インフラストラクチャサービスの設定 04

  6. [ デバッグモードを有効にする] を選択します。

    インフラストラクチャサービスの設定 05

  7. [ ライセンス ] タブで、[ グローバルライセンスサーバーのオーバーライド] を選択し、ライセンス情報を入力し、[ 構成の保存] をクリックします。

    注:

    -  [Citrixライセンスサーバー名]に、ライセンスサーバーのマシン名、完全修飾ドメイン名、またはIPアドレスを入力します。
    
    • Citrixライセンスサーバーのポートの場合、デフォルトのポートは27000です。

    インフラストラクチャサービスの構成 06

  8. [Yes] をクリックします。

    インフラストラクチャサービスの設定 07

  9. WEM インフラストラクチャサービス構成ユーティリティを閉じます

手順 4: 管理コンソールをインストールする

  1. Citrix Workspace Environment Management Console.exeを実行します。

    WEM インストーラーフォルダー

  2. [ようこそ] ページで、[次へ] をクリックします。

    管理コンソールのインストール 01

  3. [使用許諾契約] ページで、[使用許諾契約書の条項に同意します] を選択し、[ 次へ] をクリックします。

    管理コンソールのインストール 02

  4. [顧客情報] ページで、必要な情報を入力し、[ 次へ] をクリックします。

    管理コンソール 03 のインストール

  5. [セットアップの種類] ページで、[ 完了 ] を選択し、[ 次へ] をクリックします。

    管理コンソール 04 のインストール

  6. [プログラムのインストールの準備完了] ページで、[ インストール] をクリックします。

    管理コンソール 05 のインストール

  7. ウィザードを終了するには、[完了]をクリックします。

    管理コンソールのインストール 06

手順 5: 構成セットを構成する

  1. [ スタート ] メニューから WEM 管理コンソールを開き 、[ 接続] をクリックします。

    構成セット 01 の構成

  2. [新しいインフラストラクチャサーバ接続] ウィンドウで、情報を確認し、[ 接続] をクリックします。

    注:

    -  \[インフラストラクチャサーバー名\] に、WEM インフラストラクチャサーバーのマシン名、完全修飾ドメイン名、または IP アドレスを入力します。
    
    • 管理ポートの場合、デフォルトのポートは8284です。

    構成セットの構成 02

  3. [ ホーム ] タブのリボンで、[ 作成 ] をクリックして構成セットを作成します。

    構成セット 03 の構成

  4. 「構成セットの作成」ウィンドウで、構成セットの名前と説明を入力し、 「OK」をクリックします。

    構成セットの構成 04

  5. リボンの [ 構成セット] で、新しく作成した構成セットを選択します。

    構成セット 05 の構成

  6. リボンの [ バックアップ] で、[ 復元] をクリックします。リストアウィザードが表示されます。

    構成セットの構成 06

  7. [復元する項目の選択] ページで、[ 設定 ] を選択し、[ 次へ] をクリックします。

    構成セットの構成 07

  8. [設定の復元] ページで、[ 次へ] をクリックします。

    構成セットの構成 08

  9. [ソース] ページで、[ 参照] をクリックします。

    構成セットの構成 09

  10. 「フォルダの参照」ウィンドウで、「 デフォルトの推奨設定 」フォルダ (Workspace Environment Management に用意されている) を参照し、 「OK」をクリックします。

    構成セットの構成 10

  11. [ソース] ページで、[ システム最適化設定]、[ エージェント構成設定]、[ システム監視設定] の順に選択し、[ 次へ] をクリックします。

    構成セットの構成 11

  12. [設定の復元処理] ページの [設定の復元] で、[ 設定の復元] をクリックします。

    構成セットの構成 12

  13. [Yes] をクリックします。

    構成セットの構成 13

  14. [完了] をクリックします。

    構成セットの構成 14

ステップ 6: グループポリシーテンプレートを追加する (オプション)

オプションで、グループポリシーの設定を選択できます。WEM エージェントパッケージで提供されるエージェントグループポリシー管理用テンプレートは 、エージェントホスト構成ポリシーを追加します。

  1. WEM インストールパッケージに付属する Agent Group Policies フォルダを WEM ドメインコントローラにコピーします。

  2. .admx ファイルを追加します。

    1. [Agent グループポリシー] > [ADMX ] フォルダに移動します。
    2. 2つのファイル(CitrixWorkspace Environment Management エージェントホスト構成.admxとCitrixBase.admx**)をコピーします。
    3. <C:\Windows>\PolicyDefinitionsフォルダーに移動し、ファイルを貼り付けます。
  3. .adml ファイルを追加します。

    1. [ エージェントグループポリシー] > [ADMX] > [en-US ] フォルダに移動します。
    2. 2つのファイル(CitrixWorkspace Environment Management エージェントホスト構成.admlとCitrixBase.adml**)をコピーします。
    3. <C:\Windows>\PolicyDefinitions\en-USフォルダーに移動し、ファイルを貼り付けます。
  4. [グループポリシー管理エディタ] ウィンドウで、[ コンピュータの構成] > [ポリシー] > [管理用テンプレート] > [Citrix コンポーネント] > [Workspace Environment Management] > [エージェントホスト構成 ] の順に選択し、[ インフラストラクチャサーバー] をダブルクリックします。

    グループポリシー管理エディター

  5. [インフラストラクチャサーバー] ウィンドウで、[ 有効] を選択し、[オプション] にインフラストラクチャサービスがインストールされているコンピューターの IP アドレスを入力し、[ 適用 ] と [ OK] をクリックします。

    グループポリシーの構成-インフラストラクチャサーバー

  6. エージェントホストに移動し、コマンドラインを開き、gpupdate /forceと入力します。

    グループポリシーの更新

手順 7: エージェントをインストールする

重要:

インフラストラクチャサーバーに WEM エージェントをインストールしないでください。

  1. マシンでCitrix Workspace Environment Management Agent.exe を実行します。

    WEM インストーラーフォルダー

  2. [ライセンス契約条件に同意する] を選択し、[インストール] をクリックします。

    エージェント01のインストール

  3. [ようこそ] ページで、[次へ] をクリックします。

    エージェント02のインストール

  4. [インストール先フォルダー] ページで、[次へ] をクリックします。

    エージェント03のインストール

  5. [展開の種類] ページで、適切な展開の種類を選択し、[次へ] をクリックします。この場合は、[オンプレミス展開] を選択します。

    エージェント04のインストール

  6. [インフラストラクチャサービスの構成] ページで、[ インフラストラクチャサービスの構成] を選択し、インフラストラクチャサービスのFQDN または IP アドレスを入力して、[ 次へ] をクリックします。

    エージェント05のインストール

  7. [詳細設定] ページで、[ 次へ] をクリックします。

    エージェントのインストール 06

  8. [インストールの開始] ページで、[インストール] をクリックします。

  9. [ 完了 ] をクリックして、インストールウィザードを終了します。

手順 8: 作成した構成セットにエージェントを追加する

  1. [ スタート ] メニューから WEM 管理コンソールを開き、[ Active Directory オブジェクト] をクリックし、[ 追加] をクリックします。

    構成セット 01 へのエージェントの追加

  2. 「ユーザーまたはグループの選択」ウィンドウで名前を入力し、「 名前の確認」をクリックし、 「OK」をクリックします。

    構成セット 02 へのエージェントの追加

  3. [ マシン] をクリックします。

    構成セット 03 へのエージェントの追加

  4. [ マシン ] タブで、[ OU の追加] または [オブジェクトの追加 ] をクリックして、作成した構成セットに管理するマシンを追加します。