Workspace Environment Management

ログファイルの表示

Workspace Environment Management (WEM) に関連するログを収集して表示できます。ログは、Citrix テクニカルサポートに連絡して支援を受けるときに問題を自分でトラブルシューティングしたり、ログを提供したりするために使用します。次の項目に関連するログを収集できます。

エージェントに関連するログ

WEM エージェントに関連するログを収集できます。WEM エージェントがインストールされているマシンで収集できるログは次のとおりです。

  • WEM エージェントログ

    • Citrix WEM エージェント Init.log。CMD または UI モードのエージェントに関する問題のトラブルシューティングを行う初期化ログ。ログは、ログオン時または更新時に作成されます。エージェントが起動できない場合は、このログファイルを表示してエラーの詳細を確認します。 エラーは例外として表示されます。デフォルトでは、このログファイルはユーザーのプロファイルフォルダ (%userprofile%) に作成されます。

    • Citrix WEM Agent.log。CMD または UI モードでエージェントに関する問題のトラブルシューティングを行うプライマリログ。ログには、エージェントが処理した命令がリストされます。アクションが現在のユーザーに割り当てられない場合は、このログファイルを表示してエラーの詳細を確認します。 エラーは例外として表示されます。デフォルトでは、このログファイルはユーザーのプロファイルフォルダ (%userprofile%) に作成されます。デフォルトを変更するには、[ 管理コンソール] > [詳細設定] > [構成] > [エージェントオプション ] の順に選択し、[ エージェントログの有効化 ] 設定を構成します。詳細を表示するには、[ エージェントオプション ] タブで [ デバッグモード ] を有効にします。または、次のレジストリキーを設定してロギングを有効にすることもできます。

      Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Norskale\Agent Host

      名前:AgentDebugModeLocalOverride

      種類:DWORD

      値:0

      値を 1 に設定してログファイルを有効にし、無効にするには 0 に設定します。変更を有効にするには、Citrix WEMエージェントホストサービスを再起動します。デフォルトでは、ログは無効になっています。

      注意:

      レジストリエディターの使用を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、オペレーティングシステムの再インストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、シトリックスでは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

    • Citrix WEMエージェントホストサービス Debug.log。Citrix WEMエージェントホストサービスの問題のトラブルシューティングを行うログ。デフォルトでは、このログファイルは%PROGRAMFILES(X86)%\Citrix\Workspace Environment Management Agentにあります。ロギングを有効にするには、[ 管理コンソール] > [詳細設定] > [構成] > [サービスオプション] タブで、 **関連する構成セットのデバッグモードを有効にしてください** 。または、次のレジストリキーを設定してロギングを有効にすることもできます。

      Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Norskale\Agent Host

      名前:エージェントサービスデバッグモデルローカルオーバーライド

      種類:DWORD

      値:0

      値を 1 に設定してログファイルを有効にし、無効にするには 0 に設定します。変更を有効にするには、Citrix WEMエージェントホストサービスを再起動します。デフォルトでは、ログは無効になっています。

      注意:

      レジストリエディターの使用を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、オペレーティングシステムの再インストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、シトリックスでは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

  • Windows イベントログ。Windows イベントログに書き込まれる情報。[ イベントビューア] > [アプリケーションとサービスログ] > [WEM エージェントサービス ] ペインでログを表示します。

  • Windows コミュニケーション財団 (WCF) トレースします。WEM エージェントと WEM インフラストラクチャサービス間の通信に関連する問題が発生したときに役立つログ。ロギングを有効にするには、WCF トレースを有効にする必要があります。詳しくは、「Windowsコミュニケーション財団のトレース」を参照してください。

インフラストラクチャサービスに関連するログ

WEM インフラストラクチャサービスに関連するログを収集できます。WEM インフラストラクチャサービスがインストールされているマシンで収集できるログには、次のものがあります。

  • Windows イベントログ。Windows イベントログに書き込まれる情報。[ イベントビューア] > [アプリケーションとサービスログ] > [Norskale Broker Service ] ペインでログを表示します。

  • Citrix WEM インフラストラクチャサービス Debug.log。Citrix WEMインフラストラクチャサービス(Norskale Broker Service.exe)に関する問題のトラブルシューティングを行うログ。デフォルトでは、このログファイルは%PROGRAMFILES(X86)%\ Norskale\Norskale Infrastructure Servicesにあります。このログファイルを有効にするには、次の手順に従ってデバッグモードを有効にします。

    1. [スタート] メニューから WEM インフラストラクチャサービス構成ユーティリティを開きます
    2. [ 詳細設定 ] タブで、[ デバッグモードを有効にする] を選択します。
    3. [ 設定の保存 ] をクリックし、[ はい ] をクリックして、サービスを開始して変更を適用します。
    4. WEM インフラストラクチャサービス構成ユーティリティウィンドウを閉じます
  • WCF トレース。WEM インフラストラクチャサービスに関連する通信の問題が発生したときに役立つログです。ロギングを有効にするには、WCF トレースを有効にする必要があります。詳しくは、「Windowsコミュニケーション財団のトレース」を参照してください。

管理コンソールに関連するログ

WEM 管理コンソールに関連するログを収集できます。管理コンソールがインストールされているマシンで収集できるログは次のとおりです。

  • Citrix WEM コンソール Trace.log。WEM 管理コンソールの問題をトラブルシューティングするためのログ。デフォルトでは、このログファイルはユーザーのプロファイルフォルダ (%userprofile%) に作成されます。ロギングを有効にするには、次の手順に従ってデバッグモードを有効にします。

    1. [スタート] メニューから WEM 管理コンソールを開き 、[ 接続] をクリックします。
    2. [ 新しいインフラストラクチャサーバ接続 ] ウィンドウで、情報を確認し、[ 接続] をクリックします。
    3. [ バージョン情報 ] タブで、[ オプション ] をクリックし、[ デバッグモードを有効にする] を選択します。
    4. [ 適用 ] をクリックして変更を適用します。
  • WCF トレース。WEM 管理コンソールと WEM データベース間の通信に関連する問題が発生したときに役立つログ。ロギングを有効にするには、WCF トレースを有効にする必要があります。詳しくは、「Windowsコミュニケーション財団のトレース」を参照してください。

WEM データベースに関連するログ

WEM データベースに関連するログを収集できます。ログは、WEM データベース管理ユーティリティを使用してデータベースを作成またはアップグレードするときに作成されます。詳細については、次のログファイルを参照してください。

  • Citrix WEMデータベース管理ユーティリティのデバッグ Log.log。WEM データベースに関する問題のトラブルシューティングを行うログ。このログファイルはデフォルトで作成され、C:\Program Files (x86)\Norskale\Norskale Infrastructure Servicesにあります。

Windowsコミュニケーション財団のトレース

Windows コミュニケーション財団 (WCF) トレースを表示して、次の問題のトラブルシューティングに役立ちます。

エージェントとインフラストラクチャサービス間の通信のトラブルシューティング

WEM エージェントが WEM インフラストラクチャサービスと正しく通信しない場合は、VUEMUIAgent.exe サービスの WCF トレースを表示できます。WCF トレースを有効にするには、次の手順を実行します。

  1. WEM エージェントマシンにログオンします。
  2. タスクバーのエージェントアイコンを右クリックし、[ 終了 ] を選択してエージェントを閉じます。
  3. %PROGRAMFILES(X86)%\Citrix\Workspace Environment Management Agentで vueMuiagent.exe.configファイルを見つけて、ファイルのバックアップコピーを作成します。
  4. メモ帳またはワードパッドでファイルを開き、<configuration></configSections>マーカーの間のセクションに次のスニペットを挿入します。
  5. ファイルを保存します。

    <system.diagnostics>
        <sources>
                <source name="System.ServiceModel"
                        switchValue="Information, ActivityTracing"
                        propagateActivity="true">
                <listeners>
                <add name="traceListener"
                    type="System.Diagnostics.XmlWriterTraceListener"
                    initializeData= "c:\trace\vuemUIAgent-Traces.svclog" />
                </listeners>
            </source>
        </sources>
    </system.diagnostics>
    <!--NeedCopy-->
    
  6. エージェントマシンで、C ドライブ (C:\Trace) に「Trace」というルートフォルダを作成します。フォルダがすでに存在する場合は、この手順をスキップします。
  7. 発生した問題を再現し、VUEMUIAgent.exe プロセスを終了します。
  8. C:\TracevuemUIAgent-Traces.svclogという名前のログファイルを表示します。

Citrix.wem.Agent.service.exeサービスのWCFトレースを表示することもできます。次の手順を実行します:

  1. WEM エージェントマシンにログオンします。
  2. タスクバーのエージェントアイコンを右クリックし、[ 終了 ] を選択してエージェントを閉じます。
  3. Citrix WEMエージェントホストサービスを終了します。
  4. %PROGRAMFILES(X86)%\Citrix\Workspace Environment Management AgentでCitrix.wem.Agent.service.exe.configファイルを見つけて、ファイルのバックアップコピーを作成します。
  5. メモ帳またはワードパッドでファイルを開き、</configSections>マーカーの直後の 4 行目から始まる次のスニペットをファイルに挿入します。
  6. ファイルを保存します。

    <system.diagnostics>
        <sources>
                <source name="System.ServiceModel"
                        switchValue="Information, ActivityTracing"
                        propagateActivity="true">
                <listeners>
                <add name="traceListener"
                    type="System.Diagnostics.XmlWriterTraceListener"
                    initializeData= "c:\trace\NorskaleAgentHostService-Traces.svclog" />
                </listeners>
            </source>
        </sources>
    </system.diagnostics>
    <!--NeedCopy-->
    
  7. エージェントマシンで、C ドライブ (C:\Trace) に「Trace」というルートフォルダを作成します。フォルダがすでに存在する場合は、この手順をスキップします。
  8. Citrix WEMエージェントホストサービスというWindowsサービスを開始し、発生した問題を再現します。
  9. C:\TraceNorskaleAgentHostService-Traces.svclogという名前のログファイルを表示します。

WEM インフラストラクチャサービスに関連する通信のトラブルシューティング

WEM インフラストラクチャサービスに関連する通信の問題が発生した場合は、Norskale Broker サービスの WCF トレースを表示できます。WCF トレースを有効にするには、次の手順を実行します。

  1. WEM インフラストラクチャサービスがインストールされているマシンにログオンします。
  2. Norskale インフラストラクチャサービスを終了します。
  3. %PROGRAMFILES(X86)%\Norskale\Norskale Infrastructure Servicesで Norskale Broker Service.exe.configファイルを探し、ファイルのバックアップコピーを作成します。
  4. メモ帳またはワードパッドでファイルを開き、<configuration>マーカーの直後の 3 行目から始まる次のスニペットをファイルに挿入します。

    <system.diagnostics>
        <sources>
                <source name="System.ServiceModel"
                        switchValue="Information, ActivityTracing"
                        propagateActivity="true">
                <listeners>
                <add name="traceListener"
                    type="System.Diagnostics.XmlWriterTraceListener"
                    initializeData= "c:\trace\NorskaleInfrastructureBrokerService-Traces.svclog" />
                </listeners>
            </source>
        </sources>
    </system.diagnostics>
    <!--NeedCopy-->
    
  5. ファイルを保存します。
  6. WEM インフラストラクチャサービスマシンで、C ドライブ (C:\Trace) に「Trace」というルートフォルダを作成します。フォルダがすでに存在する場合は、この手順をスキップします。
  7. Norskale インフラストラクチャサービスを開始し、発生した問題を再現します。
  8. C:\TraceNorskaleInfrastructureBrokerService-Traces.svclogという名前のログファイルを表示します。

WEM 管理コンソールと WEM データベース間の通信のトラブルシューティング

WEM 管理コンソールと WEM データベース間の通信に関連する問題が発生した場合は、Norskale 管理 Console.exe サービスの WCF トレースを表示できます。WCF トレースを有効にするには、次の手順を実行します。

  1. WEM 管理コンソールマシンにログオンします。
  2. WEM 管理コンソールを閉じます。
  3. %PROGRAMFILES(X86)%\Norskale\Norskale Administration Consoleで Norskale 管理コンソール.exe.configファイルを見つけて、ファイルのバックアップコピーを作成します。
  4. メモ帳またはワードパッドでファイルを開き、 <configuration> マーカーの直後の 3 行目から次のスニペットをファイルに追加します。

    <system.diagnostics>
        <sources>
                <source name="System.ServiceModel"
                        switchValue="Information, ActivityTracing"
                        propagateActivity="true">
                <listeners>
                <add name="traceListener"
                    type="System.Diagnostics.XmlWriterTraceListener"
                    initializeData= "c:\trace\WEMConsole-Traces.svclog" />
                </listeners>
            </source>
        </sources>
    </system.diagnostics>
    <!--NeedCopy-->
    
  5. ファイルを保存します。
  6. 管理コンソールマシンで、C ドライブ (C:\Trace) に「Trace」という名前のルートフォルダーを作成します。フォルダがすでに存在する場合は、この手順をスキップします。
  7. WEM 管理コンソールを開き、発生した問題を再現します。
  8. C:\TraceWEMConsole-Traces.svclogという名前のログファイルを表示します。