Workspace Environment Management

グループポリシーの設定

以前のリリースでは、グループポリシーの基本設定 (GPP) のみをWorkspace Environment Management (WEM) に移行できました。詳細については、 **リボンの [ **マイグレーション]ウィザードの説明を参照してください。グループポリシー設定 (レジストリベースの設定) を WEM にインポートすることもできます。

設定をインポートした後、割り当てる GPO を決定する前に、各 GPO に関連付けられた設定の項目別ビューを表示できます。他の操作を割り当てる場合と同様に、GPO を別のユーザーまたはユーザーグループに割り当てることができます。また、AD マシンを含むグループに GPO を割り当てることもできます。WEMは、GPOに含まれるマシン設定を、割り当てられたグループ内のマシンに適用します。

グループポリシー設定

グループポリシー設定の処理を有効にします。WEM でグループポリシー設定を処理するかどうかを制御します。無効にすると、グループポリシー設定を構成できず、WEM は、既にユーザーまたはユーザーグループに割り当てられている場合でも、グループポリシー設定を処理しません。デフォルトでは、このオプションは無効になっています。

グループポリシーオブジェクトリスト

既存の GPO の一覧を表示します。名前または説明でリストをフィルタ** するには、[ **検索] を使用します。

  • [ 更新]。GPO の一覧を更新します。
  • Import -グループポリシー設定の インポートウィザードを開きます。この ウィザードでは、グループポリシー設定を WEM にインポートできます。
  • [ 編集]:既存の GPO を編集できます。現在、WEMはGPOの名前と説明の編集をサポートしています。各 GPO に関連付けられたレジストリ操作の編集はサポートされていません。
  • [ 削除]:選択した GPO を削除します。

ドメイン Controller で、次の手順を実行して、グループポリシー設定をバックアップできます。

  1. グループポリシー管理コンソールを開きます。

  2. [ グループポリシーの管理]ウィンドウで、バックアップする GPO を右クリックし、[ バックアップ] を選択します

  3. [グループポリシーオブジェクトの バックアップ ] ウィンドウで、バックアップを保存する場所を指定します。オプションで、バックアップに説明を与えることができます。

  4. [ バックアップ] をクリックしてバックアップを開始し、[ **OK] をクリックします。**

  5. バックアップフォルダに移動し、zip ファイルに圧縮します。

注:

WEM では、複数の GPO バックアップフォルダを含む zip ファイルのインポートもサポートしています。

グループポリシー設定をインポートするには、次の手順を実行します。

  1. WEMサービスの[ 管理] タブのメニューにある[アップロード]を使用して 、GPOのzipファイルをCitrix Cloudのデフォルトフォルダにアップロードします。

  2. [ 管理コンソール] > [アクション] > [グループポリシー設定 ] タブに移動し、[グループポリシー設定の処理 を有効にする] を選択し、[ インポート ] をクリックしてインポートウィザードを開きます。

  3. インポートウィザードの [インポートする ファイル]ページで、[ 参照 ] をクリックし、リストから該当するファイルを選択します。ファイルの名前を入力し、[ 検索] をクリックして検索することもできます。

  • 以前にインポートした GPO を上書きします。既存の GPO を上書きするかどうかを制御します。
  1. [インポート** の **開始] をクリックして、インポートプロセスを開始します。

設定をインポートした後、各 GPO に関連付けられた設定の項目別ビューを表示できます。これを行うには、GPO を選択し、[ 編集] をクリックします

名前。GPO の一覧に表示される GPO の名前。

説明。GPO の一覧に表示される GPO に関する追加情報を指定できます。

レジストリ操作。GPO に含まれるレジストリ操作を表示します。

注:

グループポリシー設定が正しく処理されるようにするには、WEMエージェントでCitrix WEMユーザーログオンサービスが有効になっていることを確認します。

グループポリシーの設定