Workspace Environment Management

レジストリエントリ

レジストリエントリの作成を制御します。

ヒント:

動的トークンを使用すると 、Workspace Environment Management アクションを拡張して、アクションをより強力にすることができます。

レジストリ値リスト

既存のレジストリエントリのリスト。[ 検索 ] を使用すると、テキスト文字列に対して名前または ID でリストをフィルタリングできます。

レジストリエントリを追加するには

  1. コンテキストメニューの [追加] コマンドを使用します。
  2. 新規レジストリ値 」ダイアログのタブに詳細を入力し、 「OK」をクリックします。

フィールドとコントロール

Name:レジストリエントリのリストに表示されるレジストリエントリの表示名。

[説明]。このフィールドは、編集/作成ウィザードでのみ表示され、リソースに関する追加情報を指定できます。

レジストリ値の状態。レジストリエントリを有効にするか無効にするかを切り替えます。無効にすると、ユーザーに割り当てられていてもエージェントによって処理されません。

ターゲットパス。レジストリエントリが作成されるレジストリの場所。Workspace Environment Management では、現在のユーザーのレジストリエントリのみを作成できるため、%ComputerName%\ HKEY_CURRENT_USER を値の前に記述する必要はありません。これは自動的に行われます。

ターゲット名。レジストリに表示されるレジストリ値の名前 (例:NontSecurity)。

ターゲットタイプ。作成されるレジストリエントリの種類。

ターゲット値。一度作成されたレジストリエントリの値 (例:0 または C:\Program Files)

1 回実行してください。デフォルトでは、Workspace Environment Managementは、エージェントが更新されるたびにレジストリ・エントリを作成します。このチェックボックスをオンにすると、Workspace Environment Management がレジストリエントリを 1 回だけ作成し、更新するたびにではなく、最初の更新時に作成します。これにより、エージェントの更新プロセスが高速化されます。特に、多数のレジストリエントリがユーザーに割り当てられている場合。

アクションタイプ。このリソースがどのようなアクションであるかを説明します。

レジストリファイルのインポート

  1. 管理コンソールで、[ アクション ] > [ レジストリエントリ] に移動します。

  2. リボンで、[ レジストリファイルのインポート] をクリックします。

  3. [ レジストリファイルからインポート ] ウィンドウで、[ 参照 ] をクリックして、該当するレジストリファイルに移動します。

  4. [ スキャン ] をクリックして、レジストリファイルのスキャンを開始します。スキャンが正常に完了すると、レジストリ設定の一覧が表示されます。

  5. インポートするレジストリ設定を選択し、[ 選択項目のインポート ] をクリックしてインポート処理を開始します。

  6. 「OK」 をクリックして、「 レジストリファイルからインポート 」ウィンドウを終了します。

フィールドとコントロール

レジストリファイル名.reg ファイルに移動して [ 開く] をクリックすると、自動的に入力されます。 .reg ファイルには、WEM にインポートするレジストリ設定が含まれています。 .reg ファイルは、インポートするレジストリ設定のみが適用されるクリーンな環境から生成する必要があります。

スキャン.reg ファイルをスキャンし、ファイルに含まれているレジストリ設定の一覧を表示します。

レジストリ値リストインポートする.reg ファイルに含まれているすべてのレジストリ値をリストします。

[インポートしたアイテム] を有効にします。無効にすると、新しくインポートされたレジストリキーは既定で無効になります。

インポートされたアイテム名の接頭辞。選択すると、このウィザードでインポートされたすべてのレジストリ項目の名前にプレフィックスが追加されます (たとえば、「XP Only」または「finance」)。これにより、レジストリエントリの識別と整理が容易になります。

注:

ウィザードは、同じ名前のレジストリエントリをインポートできません。 .reg ファイルに同じ名前のレジストリエントリが複数含まれている場合は ([レジストリ値リスト] に表示される)、インポートするエントリの 1 つを選択します。他のものをインポートする場合は、名前を変更します。

レジストリエントリ

この記事の概要