Workspace Environment Management

管理

[ 管理 ] ペインは、次の項目で構成されています。

  • 管理者。Workspace Environment Management 管理者 (ユーザーまたはグループ) を定義し、管理コンソールを使用して構成セットにアクセスする権限を付与できます。
  • [ユーザー]。ユーザ統計を表示できます。
  • エージェント。エージェント統計を表示し、キャッシュのリフレッシュ、設定のリセット、統計のアップロードなどの管理タスクを実行できます。
  • ロギング。Workspace Environment Management アクティビティを表示できます。ログを使用して、次のことができます。
    • 構成変更の履歴を確認して問題の診断およびトラブルシューティングを行う。
    • 変更管理の補助および構成の追跡を行う。
    • 管理アクティビティをレポートします。

管理者

これらのオプションを使用すると、Workspace Environment Managementの管理者 (ユーザーまたはグループ) を定義し、管理コンソールを使用して構成セットにアクセスする権限を付与できます。

設定済み管理者リスト

権限レベルを示す構成された管理者のリスト(フルアクセス読み取り専用または詳細アクセス、以下の詳細を参照)。[ 検索 ] を使用すると、テキスト文字列に対して名前または ID でリストをフィルタリングできます。

管理者を追加するには

  1. コンテキストメニューの [追加] コマンドを使用します。
  2. 「ユーザーまたはグループの選択」ダイアログに詳細を入力し、 「OK」をクリックします。

Name:現在編集中のユーザーまたはグループの名前。

説明。ユーザーまたはグループに関する追加情報。

グローバルアドミニストレータ。選択したユーザー/グループがグローバル管理者であることを指定する場合に選択します。選択したユーザ/グループがサイト管理者であることを指定するには、選択を解除します。グローバル管理者は、すべてのサイト(構成セット)に権限が適用されます。サイト管理者は、サイトごとに権限を構成できます。

権限。これにより、選択したユーザー/グループに対する次のいずれかのアクセスレベルを指定できます。:管理者は、アクセス権のある設定のみを表示できます。

フルアクセス管理者は 、指定したサイト (構成セット) のあらゆる側面を完全に制御できます。Workspace Environment Management 管理者を追加/削除できるのは、フルアクセス権を持つグローバル管理者のみです。[ 管理 ] タブを表示できるのは、グローバルフルアクセス管理者とグローバル読み取り専用管理者のみです。

読み取り専用管理者はコンソール全体を表示できますが 、設定を変更することはできません。[ 管理 ] タブを表示できるのは、グローバルフルアクセス管理者とグローバル読み取り専用管理者のみです。

詳細アクセスは 、管理者が次の権限セットを 1 つ以上持っていることを示します。

アクション作成者は 、アクションを作成および管理できます。

アクションマネージャは 、アクションを作成、管理、および割り当てることができます。アクションを編集または削除することはできません。

フィルタマネージャは 、条件とルールを作成および管理できます。割り当てられたアプリケーションで使用中のルールは、フィルタ・マネージャで編集または削除することはできません。

割り当てマネージャは 、ユーザーまたはグループにリソースを割り当てることができます。

システムユーティリティマネージャは 、システムユーティリティの設定 (CPU、RAM、およびプロセス管理) を管理できます。

ポリシーおよびプロファイルマネージャは 、ポリシーとプロファイルの設定を管理できます。

設定済みユーザマネージャは、設定されたユーザリストからユーザまたはグループを追加 、編集、および削除できます。アクションが割り当てられたユーザーまたはグループは、設定済みユーザーマネージャーでは編集または削除できません。

トランスフォーママネージャは 、トランスフォーマーの設定を管理できます。

詳細設定マネージャは 、詳細設定 (操作処理の有効化または無効化、クリーンアップ操作など) を管理できます。

セキュリティマネージャはセキュリティタブ内のすべてのコントロールにアクセスできます。

状態。これは、選択したユーザー/グループを有効または無効にするかどうかを制御します。無効にすると、ユーザー/グループはWorkspace Environment Management管理者と見なされず、管理コンソールを使用できなくなります。

タイプ。このフィールドは読み取り専用で、選択したエンティティがユーザーまたはグループのどちらであるかを示します。

グローバルアドミニストレータがクリアされると 、次のコントロールが有効になります。

サイト名。このインフラストラクチャサービスが接続されているデータベースに属するすべてのWorkspace Environment Management サイト (構成セット)。

有効。指定したWorkspace Environment Management サイト (構成セット) に対してこの管理者を有効にする場合に選択します。無効にすると、ユーザー/グループはそのサイトの管理者と見なされず、アクセスできなくなります。

権限。このインフラストラクチャサービスにアタッチされているWorkspace Environment Management サイト (構成セット) ごとに、選択したユーザー/グループの権限レベルを選択します。


ユーザー

このページには、Workspace Environment Management 配置に関する統計が表示されます。

統計

このページには、エージェント・ホストがデータベースに接続しているユーザーのサマリーが表示されます。

ユーザーサマリー。現在のサイト (構成セット) とすべてのサイト (構成セット) の両方について、Workspace Environment Management ライセンスを予約したユーザーの合計数が表示されます。また、過去 24 時間および先月の新規ユーザー数も表示されます。

ユーザー履歴。これにより、現在のサイト(構成セット)に関連付けられたすべてのユーザーの接続情報が表示されます。これには、最後の接続時刻、最後に接続したマシンの名前、セッションエージェントのタイプ(UI または CMD)とバージョンが含まれます。[ 検索 ] を使用すると、テキスト文字列に対して名前または ID でリストをフィルタリングできます。


エージェント

このページには、Workspace Environment Managementインストール内のエージェントに関する統計が表示されます。

統計

このページには、Workspace Environment Management データベースに記録されたWorkspace Environment Management エージェントのサマリーが表示されます。

エージェントの概要。現在のサイト(構成セット)とすべてのサイト(構成セット)の両方について、Workspace Environment Managementライセンスを予約したエージェントの総数が表示されます。また、過去 24 時間および先月に追加されたエージェントも報告します。

エージェント履歴。このサイトに登録されているすべてのエージェントの接続情報(構成セット)が表示されます。これには、最後の接続時刻、最後に接続したデバイスの名前、エージェントのバージョンが含まれます。「検索」( Find ) を使用すると、テキスト文字列に対して名前または ID でリストをフィルタリングできます。

[同期の状態] 列では、次のアイコンは、エージェントが統計情報をインフラストラクチャサービスに最後にアップロードした日時を示します。

同期状態

注:

これらのアイコンは、エージェントキャッシュが Workspace Environment Management データベースと同期されていることを示すものではありません 。)

[ Profile Managementの健全性ステータス ] 列では、展開内のProfile Managementのヘルスステータスを表示できます。

Profile Managementの健全性ステータスは、エージェントホストで自動ステータスチェックを実行し、Profile Managementが最適に構成されているかどうかを判断します。これらのチェックの結果を表示して、各エージェントホストの出力ファイルから特定の問題を特定できます(%systemroot%\temp\UpmConfigCheckOutput.xml)。機能は、毎日、または WEM エージェントホストサービスが起動するたびにステータスチェックを実行します。ステータスチェックを手動で実行するには、管理コンソールで選択したエージェントを右クリックし、コンテキストメニューの [ Profile Management構成チェックの更新 ] を選択します。各ステータスチェックは、ステータスを返します。最新のステータスを表示するには、[ 更新] をクリックします。 Profile Managementの健全性ステータス列のアイコンには 、Profile Managementのヘルスステータスに関する一般的な情報が表示されます。

  • 良い(チェックマークアイコン)。Profile Management が良好な状態であることを示します。

  • 警告 (三角形の感嘆符アイコン) Profile Managementの最適でない状態について通知します。最適でない設定は、展開環境でのProfile Managementのユーザーエクスペリエンスに影響する可能性があります。このステータスは、必ずしもあなたの行動を保証するものではありません。

  • エラー (X アイコン) Profile Managementが正しく構成されていないため、Profile Managementが正しく機能しないことを示します。

  • 使用不可 (疑問符アイコン)。Profile Managementが見つからないか、有効になっていないか、WEMエージェントが最新バージョンでない場合に表示されます。

ステータスチェックでユーザーの経験が反映されない場合、または発生した問題が検出されない場合は、Citrixテクニカルサポートにお問い合わせください。

エージェントを更新するには

エージェントを更新すると、インフラストラクチャサーバーと通信します。インフラストラクチャサーバは、Workspace Environment Management データベースを使用してエージェントホスト ID を検証します。

  1. [ 更新 ] をクリックして、エージェントのリストを更新します。
  2. コンテキストメニューで、[ ワークスペースエージェントを更新] を選択します。

コンテキストメニューのオプション

コンテキストメニューのリフレッシュオプション

キャッシュをリフレッシュ。エージェントローカルキャッシュ (WEM 構成データベースのエージェント側のレプリカ) の更新をトリガーします。キャッシュを更新すると、エージェントローカルキャッシュがインフラストラクチャサービスと同期されます。

エージェントホストの設定を更新します。エージェントサービス設定を適用します。これらの設定には、詳細設定、最適化設定、トランスフォーマー設定、およびユーザー割り当て以外の設定が含まれます。

ワークスペースエージェントをリフレッシュします。ユーザーが割り当てたアクションを WEM エージェントに適用します。これらのアクションには、ネットワークドライブ、プリンタ、アプリケーションなどがあります。

重要:

  • [ワークスペースエージェントのリフレッシュ ] オプションは、自動的に起動される (エンドユーザーまたはスクリプトを使用して起動しない) UI モードのエージェントでのみ機能します。このオプションは、CMD モードのエージェントでは機能しません。
  • すべての設定をリフレッシュできるわけではありません。一部の設定 (環境設定、グループポリシー設定など) は、起動時またはログオン時にのみ適用されます。

統計情報をアップロードします。統計情報をインフラストラクチャサービスにアップロードします。

Profile Management 設定をリセットします。レジストリキャッシュをクリアし、関連する構成設定を更新します。Profile Management設定がエージェントに適用されていない場合は、[ Profile Management設定のリセット] をクリックします。このオプションを使用できるようにするには、[ 更新 ] をクリックする必要がある場合があります。

注:

WEM 管理コンソールから Profile Management 設定のリセット( Reset Profile Management Settings)を構成した後に設定がエージェントに適用されない場合は、「CTX219086」 の回避策を参照してください。

Microsoft USV 設定をリセットします。レジストリキャッシュをクリアし、関連する構成設定を更新します。Microsoft USV 設定がエージェントに適用されていない場合は、[ Microsoft Usv 設定のリセット] をクリックし、[ 更新] をクリックします。

Profile Management構成チェックのリフレッシュ。エージェントホストのステータスチェックを実行して、Profile Managementが最適に構成されているかどうかを判断します。

レコードの削除。データベースからエージェントレコードを削除できるようにします。エージェントがまだアクティブな場合、このオプションはグレー表示されます。

アクションのリセット。適用可能なマシン上のすべてのアクション関連のレジストリエントリを消去することによって、割り当てたすべてのアクションをリセットできます。

Citrix Optimizer を処理します。設定をエージェントに適用し、Citrix Optimizerの設定に対する変更がすぐに有効になります。

登録

このページには、データベースに記録されたWorkspace Environment Management エージェントの登録ステータスが表示されます。

重要:

エージェントは、1つの構成セットでのみ登録する必要があります。

次の情報が報告されます。

マシン名。エージェントが実行されているコンピュータの名前。

状態。エージェント・ホスト・コンピュータ上のエージェントの登録ステータス。アイコンと次の説明で示され、登録の成功または失敗に関する詳細が示されます。

エージェントはどのサイトにもバインドされていません。エージェントがどのサイト (構成セット) にもバインドされていないため、インフラストラクチャサーバーはこのエージェントのサイト (構成セット) を解決できません。

エージェントは 1 つのサイトにバインドされています。インフラストラクチャサーバーは、必要なマシン依存の設定を、そのサイト (構成セット) のエージェントに送信しています。

エージェントは複数のサイトにバインドされています。エージェントが複数のサイト (構成セット) にバインドされているため、インフラストラクチャサーバーはこのエージェントのサイト (構成セット) を解決できません。

登録エラーを解決するには

どちらか

  • Active Directory 階層 (コンピューター、コンピューターグループ、および OU 間の関係) を編集する

または

  • コンピューターが 1 つのサイト (構成セット) にのみバインドされるように、[Workspace Environment Management] 階層を ( 管理コンソールのActive Directoryオブジェクトセクション) で編集します。

これらの変更を行った後、エージェントのリフレッシュをインフラストラクチャサーバーに実行します。


ログ

行政機関

このタブには、データベースの [Workspace Environment Management] 設定に加えられたすべての変更のリストが表示されます。デフォルトでは、ログを手動で更新するまで、ログは入力されません。

フィルタリングオプション。これらのオプションを使用すると、サイト (構成セット) と日付範囲でログをフィルタリングできます。

ログのエクスポート。ログイン XLS 形式をエクスポートします。

ログのリフレッシュ。ログを更新します。

ログをクリアします。すべての構成セットのログをクリアします。これは元に戻すことはできません。ログをクリアすると、新しいログに 1 つのイベントが追加されます。このオプションは、グローバルフルアクセス管理者のみが使用できます。

エージェント

このタブには、Workspace Environment Management エージェントに加えられたすべての変更が一覧表示されます。[ Refresh] をクリックするまで、ログは入力されません。

フィルタリングオプション。これらのオプションを使用すると、サイト (構成セット) と日付範囲でログをフィルタリングできます。

ログのエクスポート。ログイン XLS 形式をエクスポートします。

ログのリフレッシュ。ログを更新します。

ログをクリアします。すべての構成セットのログをクリアします。これは元に戻すことはできません。ログをクリアすると、新しいログに 1 つのイベントが追加されます。このオプションは、グローバルフルアクセス管理者のみが使用できます。

管理