Workspace Environment Management

割り当て

ヒント:

ユーザーにアクションを割り当てる前に、次の手順を所定の順序で実行します。

  • ユーザーの構成については、「Active Directory オブジェクトの ユーザー 」を参照してください。
  • 条件を定義します。 条件を参照してください。
  • フィルタ規則を定義します。規則を参照してください。
  • ここで説明するアクションを設定します。

アサインメントを使用して、ユーザーがアクションを使用できるようにします。これにより、ユーザーのログオンスクリプトの一部を置き換えることができます。


アクションの割り当て

ユーザー

これは、構成されたユーザーとグループの一覧です (「Active Directory オブジェクトの ユーザー 」を参照)。ユーザーまたはグループをダブルクリックして、割り当てメニューを設定します。名前または ID でリストをフィルタ** するには、[ **検索] を使用します。

ヒント:

Active Directory のすべてのユーザーに対するアクションの割り当てを簡素化するには、「Everyone」の既定のグループを使用してアクションを割り当てます。「Everyone」のデフォルトグループに割り当てたアクションは、個々のユーザーの [アクションモデリングウィザード** ] の [ 結果 **アクション ] タブには表示されません。たとえば、action1 を「Everyone」のデフォルトグループに割り当てた後、[ Resultant Actions ] タブに action1 が表示されないことがあります。

割り当て

選択したユーザーまたはグループにアクションを割り当てることができます。名前または ID でリストをフィルタ** するには、[ **検索] を使用します。

使用できます。このユーザーまたはグループに割り当てることができるアクションが表示されます。

アクションをダブルクリックするか、矢印ボタンをクリックして、アクションを割り当てるか割り当て解除します。アクションを割り当てると、コンテキスト化するルールを選択するよう求められます。

[ 割り当て済み]このユーザーまたはグループに既に割り当てられているアクションを表示します。個々のアクションを展開して構成できます (アプリケーションのショートカットの場所、既定のプリンタ、ドライブ文字など)。

ユーザー/グループにアクションを割り当てるには

  1. [ ユーザー] ボックスの一覧で、ユーザーまたはグループをダブルクリックします。これにより、[割り当て] リストが設定されます。

  2. [ 使用可能]リストでアクションを選択し、右矢印 (>) ボタンをクリックします。

  3. [ フィルタの **割り当て] ダイアログで、[ **フィルタ ルール ] を選択し、[ OK] をクリックします

  4. 割り当て済み」(Assigned) リストで、「 有効化」(Enable) および「 無効化」(Disable) コンテキストアクションを使用して、割り当ての動作

注:

[割り当て済み] リスト内のアプリケーションに対して [ PintoStartMenu] オプションを有効にする場合は、[スタートメニューの作成] オプションも有効にする必要があります。有効にしないと、エージェントのリフレッシュ後に [スタート] メニューにアプリケーションが表示されません。

たとえば、メモ帳を起動するアクションを割り当てるとします。割り当て済みリストでは、オプション「自動開始」が提供され、デフォルトで「無効」に設定されています。[ 有効にする ]オプションを使用して自動起動を有効にすると、ユーザーが公開デスクトップセッションを起動すると、ノートパッド(VDA上のローカルメモ帳)が自動的に起動します(デスクトップの読み込みが完了すると、ローカルのメモ帳が自動的に起動します)。


モデリングウィザード

[ アクションモデリングウィザード] には、特定のユーザーの結果アクションのみが表示されます (グループでは機能しません)。

フィールドとコントロール

アクションモデリング対象ユーザー。モデル化するユーザーのアカウント名。

結果のアクションユーザーまたはユーザーが属するグループに割り当てられたアクション。

[ ユーザグループ]。ユーザーが属するグループ。

割り当て