Workspace Environment Management

Microsoft USVの設定

これらの設定により、Microsoft ユーザー状態の仮想化 (USV) を最適化できます。

ローミングプロファイルの構成

これらの設定により、Workspace Environment Management と Microsoft 移動プロファイルとの統合を構成できます。

USV 構成を処理します。エージェントが USV 設定を処理するかどうかを制御します。オフにすると、USV 設定は処理されません。

Windows ローミングプロファイルのパスを設定します。Windows プロファイルへのパス。

RDS ローミングプロファイルのパスを設定します。RDS 移動プロファイルへのパス。

RDS ホームドライブパスを設定します。RDS ホームドライブへのパスと、ユーザー環境に表示されるドライブ文字。

ローミングプロファイルの詳細設定

これらは、高度な移動プロファイル最適化オプションです。

フォルダーの除外の有効化。有効にすると、リストされたフォルダはユーザーの移動プロファイルに含まれません。これにより、ユーザーが移動プロファイルの一部として保持する必要のない大量のデータが含まれていることがわかっている特定のフォルダを除外できます。この一覧には、既定の Windows 7 の除外が設定されており、代わりに既定の Windows XP の除外が設定されています。

ローミングプロファイルのキャッシュされたコピーを削除します。有効にすると、エージェントは移動プロファイルのキャッシュされたコピーを削除します。

管理者セキュリティグループをローミングユーザープロファイルに追加します。有効にすると、Administrators グループが移動ユーザープロファイルの所有者として追加されます。

移動プロファイルフォルダーのユーザー所有権を確認しないでください。有効にすると、エージェントは、ユーザーが移動プロファイルフォルダを所有しているかどうかを確認してから操作を行いません。

低速なネットワーク接続を検出しない。有効にすると、接続速度の検出はスキップされます。

リモートユーザプロファイルを待ちます。有効の場合、エージェントはリモートユーザプロファイルが完全にダウンロードされるのを待ってから、設定を処理します。

プロファイルのクリーンアップ[プロファイルクレンザー] ウィザードが開き、既存のプロファイルを削除できます。

既存のプロファイルを削除するには、[ 参照 ] をクリックしてユーザープロファイルが保存されているフォルダーに移動し、[ プロファイルフォルダーのスキャン] をクリックし、[プロファイルクレンザー] ウィンドウでクリーンアップするプロファイルフォルダーを選択します。その後、[プロファイルのクリーンアップ] をクリックしてクリーンアップを開始します。

プロファイルをクレンジング。このボタンは、[フォルダの除外] 設定に従って選択したプロファイルを消去します。

プロファイルフォルダをスキャン。指定した再帰設定で指定したフォルダをスキャンしてユーザープロファイルを検索し、見つかったすべてのプロファイルを表示します。

プロファイルルートフォルダー。ユーザープロファイルのルートフォルダ。必要に応じて、このフォルダを参照することもできます。

再帰性を検索します。ユーザープロファイル検索が通過する再帰のレベルを制御します。

フォルダーのリダイレクト

プロセスフォルダリダイレクトの設定。このチェックボックスは、エージェントがフォルダのリダイレクトを処理するかどうかを切り替えます。クリアすると、フォルダのリダイレクトは処理されません。ユーザーのフォルダーをリダイレクトするかどうか、およびリダイレクト先を制御するオプションを選択します。

ローカルリダイレクトフォルダを削除します。有効にすると、エージェントはリダイレクト対象として選択されたフォルダーのローカルコピーを削除します。

Microsoft USVの設定