データベースレコードの管理

ICAログデータベース(ICLDB)ユーティリティは、データベース用のコマンドラインユーティリティで、セッションの録画のデータベースレコードを操作するために使用します。このユーティリティは、Session Recordingサーバーソフトウェアをホストするサーバーのdrive:\Program Files\Citrix\SessionRecording\Server\Binフォルダーに、Session Recordingと合わせてインストールされます。

クイックリファレンス

次の表に、ICLDBユーティリティで使用できるコマンドとオプションの一覧を示します。コマンドは次の形式で入力します。

icldb [version | locate | dormant | import | archive | remove | removeall] \[/l] \[/f] \[/s] \[/?]コマンドオプション>

注:

詳しくは、ユーティリティ関連のヘルプを参照してください。オンラインヘルプにアクセスするには、コマンドプロンプトで、drive: \Program Files\Citrix\SessionRecording\Server\Binフォルダーに移動し、「 icldb /?」と入力します。特定のコマンドのオンラインヘルプにアクセスするには、 icldb <コマンド> /?と入力します。

コマンド 説明
archive 指定された保有期間を過ぎたセッションの録画ファイルをアーカイブします。このコマンドを使用してファイルをアーカイブします。
dormant 休止状態とみなされるセッションの録画ファイルの数またはファイル名を表示します。休止ファイルとは、データの損失のために不完全なセッションの録画ファイルです。このコマンドを使用してデータの損失があるかどうかを検証します。休止状態のセッションの録画ファイルの検索対象として、データベース全体を私指定することも、日、時間、または分単位で、録画が行われた期間を指定することもできます。
import セッションの録画ファイルをSession Recordingデータベースにインポートします。このコマンドを使用して、データベースレコードを失ったときにデータベースを再構築します。また、このコマンドを使用して、データベースをマージします。2つのデータベースがある場合は、一方のデータベースからファイルをインポートできます。
locate ファイルIDを条件として、セッションの録画ファイルを検索しフルパスを表示します。このコマンドを使用して、セッションの録画ファイルの格納場所を検索します。このコマンドは、特定のファイルを条件にデータベースが最新の状態かどうかを検証する手段としても使用できます。
remove セッションの録画ファイルへの参照をデータベースから削除します。このコマンドを使用して、データベースをクリーンアップします。ただし、注意して使用してください。条件として使用する保有期間を指定します。関連付けられている物理ファイルを削除することもできます。
removeall セッションの録画ファイルへのすべての参照をSession Recordingデータベースから削除し、データベースを元の状態に戻します。実際の物理ファイルは削除されません。ただし、Session Recording Playerでファイルを検索することはできなくなります。このコマンドを使用して、データベースをクリーンアップします。ただし、注意して使用してください。削除された参照はバックアップから復元しない限り元に戻せません。
version Session Recordingデータベースのスキーマバージョンを表示します。
/l 結果とエラーをWindowsのイベントログに記録します。
/f プロンプトを表示せずにコマンドを強制的に実行します。
/s 著作権のメッセージを非表示にします。
/? コマンドのオンラインヘルプを表示します。

セッションの録画ファイルのアーカイブ

録画の格納場所に適切なレベルの空きディスク容量を維持するには、セッションの録画ファイルを定期的にアーカイブします。使用可能なディスク容量と標準的なセッションの録画ファイルのサイズに応じて、アーカイブ間隔は異なります。録画開始日から2日以上経過すると、セッションの録画ファイルはアーカイブ可能となります。これは、ライブ録画が完了前にアーカイブされないようにするためのルールです。

セッション録画をアーカイブするには、2つの方法があります。セッションの録画ファイルが録画の格納場所にある間に、セッションの録画ファイルのデータベースレコードをアーカイブ済みのステータスで更新できます。この方法を使用すると、プレイヤーでの検索結果を減らすことができます。もう1つの方法は、セッションの録画ファイルのデータベースレコードをアーカイブ済みのステータスで更新し、セッションの録画ファイルを録画の格納場所から別の場所に移動して代替メディアにバックアップする方法です。ICLDBユーティリティを使ってセッションの録画ファイルを移動する場合、それらのファイルは、年/月/日の元のファイルフォルダー構造のない指定されたディレクトリに移動します。

Session Recordingデータベース内のセッション録画レコードには、アーカイブ化に関連する2つのフィールドがあります:セッション録画がアーカイブされた日付と時刻を表すアーカイブ時間と、アーカイブ中に管理者が追加することのあるアーカイブメモ(オプションのテキストを含むメモ)です。この2つのフィールドは、セッション録画がアーカイブされたこと、およびアーカイブ時間を示します。

Session Recording Playerでは、アーカイブされたセッションの録画にアーカイブ済みのステータスとアーカイブ日時が示されます。ファイルが移動していなくても、アーカイブされたセッション録画は再生されます。アーカイブ中にセッションの録画ファイルが移動した場合、「ファイルが見つかりません」というエラーが表示されます。セッションを再生するには、セッションの録画ファイルを復元する必要があります。セッション録画を復元するには、Session Recording Playerの録画プロパティダイアログボックスのセッション録画のファイルIDとアーカイブ時間を管理者に提供します。アーカイブされたファイルの復元については、以下の「セッションの録画ファイルの復元」セクションで詳しく説明しています。

ICLDBユーティリティのarchiveコマンドには、次のようなパラメーターがあります:

  • /RETENTION:<days> - セッション録画の保有期間(日数)。指定された日数を超過した録画は、Session Recordingデータベースでアーカイブ済みにマークされます。保有期間は2日以上の整数とする必要があります。

  • /LISTFILES - セッションの録画ファイルのアーカイブ時の完全なファイルパスとファイルを一覧表示します。これはオプションのパラメーターです。

  • /MOVETO:<directory> - アーカイブされたセッションの録画ファイルを物理的に移動する移動先ディレクトリ。あらかじめ存在するディレクトリを指定する必要があります。これはオプションのパラメーターです。ディレクトリが指定されていない場合、ファイルは元の格納場所に残ります。

  • /NOTE:<note> - データベースレコードに追加される、アーカイブされた各セッション録画のテキストを含むメモ。このメモは二重引用符で囲んでください。これはオプションのパラメーターです。

  • /L - Windowsイベントログに、アーカイブされたセッションの録画ファイルの結果とエラーの数を記録します。これはオプションのパラメーターです。

  • /F - プロンプトを表示せずにarchiveコマンドを強制的に実行します。これはオプションのパラメーターです。

Session Recordingデータベースにセッション録画をアーカイブし、セッションの録画ファイルを物理的に移動するには

  1. Session Recordingサーバーがインストールされているサーバーに、ローカル管理者としてログオンします。

  2. コマンドプロンプトを開始します。

  3. 現在の作業ディレクトリから、Session RecordingサーバーのインストールパスのBinディレクトリ(Session Recordingサーバーのインストールパス/Server/Bin)に変更します。

  4. ICLDB ARCHIVE /RETENTION:<days> /LISTFILES /MOVETO:<directory> /NOTE:<note> /L コマンドを実行します。ここで、daysはセッションの録画ファイルの保有期間、directoryはアーカイブされたセッションの録画ファイルの移動先ディレクトリ、noteはデータベースレコードに追加された、アーカイブされた各セッションの録画ファイルに関するメモです。Yと入力してアーカイブを確定します。

Session Recordingデータベースでセッション録画のアーカイブのみを行うには

  1. Session Recordingサーバーがインストールされているサーバーに、ローカル管理者としてログオンします。

  2. コマンドプロンプトを開始します。

  3. 現在の作業ディレクトリから、Session RecordingサーバーのインストールパスのBinディレクトリ(Session Recordingサーバーのインストールパス/Server/Bin)に変更します。

  4. ICLDB ARCHIVE /RETENTION:<days> /LISTFILES /NOTE:<note> /Lコマンドを実行します。ここで、daysはセッション録画の保有期間、noteはデータベースレコードに追加された、アーカイブされる各セッション録画に関するメモです。Yと入力してアーカイブを確定します。

セッションの録画ファイルの復元

Session Recordingデータベースにアーカイブされたセッション録画を表示する場合に、そのファイルが録画の格納場所から移動されているときには、セッションの録画ファイルの復元が必要となります。アーカイブ中に録画の格納場所から移動されなかったアーカイブ済みのセッション録画は、Session Recording Playerで引き続きアクセスできます。

移動されたセッションの録画ファイルを復元するには、2つの方法があります。必要なセッションの録画ファイルをアーカイブされたファイルの復元ディレクトリにコピーするか、ICLDBユーティリティを使用してSession Recordingデータベースにインポートします。シトリックスでは、アーカイブされたセッションの録画ファイルの復元には、最初の方法をお勧めします。アーカイブ済みファイルの復元フォルダーにコピーしたファイルは、不要になった場合、削除します。

Session Recording Brokerでは、セッションの録画ファイルが元の格納場所に見つからない場合、アーカイブ済みファイルの復元フォルダーを利用します。このケースは、Session Recording Playerからセッションの録画ファイルの再生が要求された場合に発生します。Session Recording Brokerは最初に、元の格納場所でセッションの録画ファイルを探します。ファイルが元の格納場所に見つからない場合、Session Recording Brokerは次に、アーカイブ済みファイルの復元フォルダーをチェックします。ファイルが復元用フォルダーに存在する場合には、Session Recording Brokerはそのファイルを再生のためにSession Recording Playerに送信します。ファイルが見つからない場合は、Session Recording Brokerは「ファイルが見つかりません」というエラーをSession Recording Playerに送信します。

アーカイブ済みのセッションの録画ファイルをICLDBユーティリティを使用してインポートすると、Session Recordingデータベースがこのファイルのセッション録画情報(新しい格納パスなど)で更新されます。ICLDBユーティリティを使用してアーカイブされたセッションの録画ファイルをインポートしても、ファイルはセッション録画時の元の格納場所には戻されません。

注: インポートされたセッションの録画ファイルには、Session Recordingデータベースで消去されたアーカイブ時間とアーカイブメモが含まれています。そのため、次にICLDB archiveコマンドを実行すると、インポートされたセッションの録画ファイルが再度アーカイブされることがあります。

ICLDB importコマンドは、アーカイブされたセッションの録画ファイルを多数インポートしたり、Session Recordingデータベース内の誤ったまたは欠落したセッション録画データを修復または更新したり、Session Recordingサーバー上でセッションの録画ファイルを2つの格納場所の間で移動させるのに便利です。ICLDB importコマンドは、ICLDB removeallコマンドの実行後、Session Recordingデータベースにセッション録画を再取り込みするのにも使用できます。

ICLDBユーティリティのimportコマンドには、次のようなパラメーターがあります:

  • /LISTFILES - セッションの録画ファイルのインポート時の完全なファイルパスとファイル名を一覧表示します。これはオプションのパラメーターです。

  • /RECURSIVE - すべてのサブディレクトリでセッションの録画ファイルを検索します。これはオプションのパラメーターです。

  • /L - Windowsイベントログに、インポートされたセッションの録画ファイルの結果とエラーの数を記録します。これはオプションのパラメーターです。

  • /F - プロンプトを表示せずにimportコマンドを強制的に実行します。これはオプションのパラメーターです。

アーカイブされたファイルの復元フォルダーを使用してセッションの録画ファイルを復元するには

  1. Session Recordingサーバーがインストールされているサーバーに、ローカル管理者としてログオンします。

  2. Session Recording Playerのプロパティで、アーカイブされたセッションの録画ファイルのファイルIDとアーカイブ時間を特定します。

  3. Session Recording Playerのプロパティで指定したファイルIDを使用して、バックアップ内のセッションの録画ファイルを探します。各セッション録画のファイル名は i_<FileID>.icl です。ここで、FileIDはセッションの録画ファイルのIDです。

  4. セッションの録画ファイルを、バックアップからアーカイブ済みファイルの復元フォルダーにコピーします。アーカイブ済みファイルの復元フォルダーを特定するには:

    1. [スタート] メニューから、[スタート] > [すべてのプログラム] > [Citrix] > [Session Recordingサーバーのプロパティ] の順に選択します。

    2. [Session Recordingサーバーのプロパティ]で、[格納場所] タブを選択します。[アーカイブ済みファイルの復元フォルダー] フィールドに現在の復元ディレクトリが表示されます。

ICLDB importコマンドを使用してセッションの録画ファイルを復元するには

  1. Session Recordingサーバーがインストールされているサーバーに、ローカル管理者としてログオンします。

  2. コマンドプロンプトを開始します。

  3. 現在の作業ディレクトリから、Session RecordingサーバーのインストールパスのBinディレクトリ(Session Recordingサーバーのインストールパス/Server/Bin)に変更します。

  4. 次のどちらかを選択します:

    • ICLDB IMPORT /LISTFILES /RECURSIVE /L <directory>コマンドを実行します。ここで、directoryはセッションの録画ファイルを含む1つ以上のディレクトリの(スペースで区切られた)名前です。Yと入力してインポートを確定します。

    • ICLDB IMPORT /LISTFILES /L <file>コマンドを実行します。ここで、fileは1つ以上のセッションの録画ファイルの(スペースで区切られた)名前です。セッションの録画ファイルの指定には、ワイルドカード文字を使用することもできます。Yと入力してインポートを確定します。