録画の格納先の指定

[Session Recordingサーバーのプロパティ]を使用して、録画の格納先とアーカイブされた録画の再生時の復元先を指定します。

注: ファイルをアーカイブする、または削除されたファイルを復元するには、ICLDBコマンドを使用します。

録画を格納するフォルダーを指定する

デフォルトでは、録画はSession Recordingサーバーをホストするコンピューターのdrive:\SessionRecordingsフォルダーに格納されます。録画を保存するフォルダーを変更したり、複数のボリューム間で負荷分散をするため、または追加の容量を活用するために、フォルダーを追加したりできます。複数のフォルダーが一覧にある場合は、録画がフォルダー間で負荷分散されていることを示します。1つのフォルダーを複数回追加できます。負荷分散は各フォルダーを循環して行われます。

  1. Session Recordingサーバーをホストするコンピューターにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[Session Recordingサーバーのプロパティ] を選択します。
  3. [Session Recordingサーバーのプロパティ] で、[格納場所] タブをクリックします。
  4. [ファイル格納フォルダー] ボックスの一覧を使用して、録画を格納するフォルダーを管理します。

フォルダーを選択すると、それらのフォルダーにフルコントロール権限のサービスが付与されます。

ローカルドライブ、SANボリューム、またはUNCネットワークパスで指定する場所にファイル格納フォルダーを作成できます。マップされたネットワークドライブのドライブ文字はサポートされません。Session Recordingでは、NAS(Network-Attached Storage:ネットワークアタッチトストレージ)を使用しないでください。ネットワークドライブへの録画データの書き込みに関連して、パフォーマンスおよびセキュリティ上の重大な問題が起きる可能性があります。

アーカイブされた録画の再生時の復元フォルダーを指定する

デフォルトでは、アーカイブされた録画はSession Recordingサーバーをホストするコンピューターのdrive:\SessionRecordingsRestoreフォルダーに復元されます。フォルダーは変更できます。

  1. Session Recordingサーバーをホストするコンピューターにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[Session Recordingサーバーのプロパティ] を選択します。
  3. [Session Recordingサーバーのプロパティ] で、[格納場所] タブをクリックします。
  4. [アーカイブ済みファイルの復元フォルダー] ボックスにアーカイブ済み録画を復元するフォルダーを入力します。