録画の表示

Session Recording Playerを使用して、録画したXenAppまたはXenDesktopセッションを表示、検索、およびブックマークします。

ライブセッションの再生機能を有効にしてセッションを録画する場合は、完了したセッションはもちろん、進行中のセッションも数秒遅れで表示できます。

Session Recording管理者が設定する時間やファイルサイズの上限を超えるセッションは、複数のセッションファイルに分けて表示されます。

注: Session Recording管理者が、録画されたVDA for Server OSのセッションへのアクセス権をユーザーに付与する必要があります。セッションを表示できない場合は、Session Recording管理者に連絡してください。

通常、Session Recording管理者がSession Recording Playerをインストールするとき、Session Recording PlayerとSession Recordingサーバーの間の接続も設定します。この接続が未設定の場合は、初めてファイルを検索するときに設定のダイアログボックスが開きます。設定に必要な情報についてはSession Recording管理者に問い合わせてください。

Session Recording Playerの起動

  1. Session Recording Playerがインストールされているワークステーションにログオンします。

  2. [スタート] ボタンをクリックし、[Session Recording Player] を選択します。

    Session Recording Playerが表示されます。

この図は、Session Recording Playerの主要な要素を示しています。これらの要素の機能について、以下で説明します。

ローカライズされた画像

ウィンドウ要素の表示または非表示

Session Recording Playerには、表示するかどうかを切り替えるためのウィンドウ要素があります。

  1. Session Recording Playerがインストールされているワークステーションにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[Session Recording Player] を選択します。
  3. Session Recording Playerのメニューバーで、[表示] を選択します。
  4. 表示する要素を選択します。選択するとすぐにその要素が表示されます。チェックマークはその要素が選択されていることを示します。

Session Recordingサーバーの変更

Session Recording管理者がSession Recording Playerから複数のSession Recordingサーバーに接続できるように設定した場合は、Session Recording Playerが接続するSession Recordingサーバーを選択できます。Session Recording Playerから同時に複数のSession Recordingサーバーに接続することはできません。

  1. Session Recording Playerがインストールされているワークステーションにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[Session Recording Player] を選択します。
  3. Session Recording Playerのメニューバーで、[ツール] > [オプション] > [接続] の順に選択します。
  4. 接続するSession Recordingサーバーを選択します。