サーバープロパティの変更

リソースペインで任意の接続済みのサーバーを選択して [全般] タブをクリックすると、そのプロパティと現在の状態が表示されます。サーバーのプロパティを変更するには、[プロパティ] をクリックします。

プロパティの編集アイコン。 中に線がある灰色の四角形。 全般プロパティ - 名前、説明、フォルダー、タグ

サーバーの[プロパティ]ダイアログボックスの[全般]ページでは、サーバーの名前、説明、フォルダー、およびタグを表示したり変更したりできます。

  • サーバー名を変更するには [名前] ボックスに新しい名前を入力します。
  • 説明を変更するには、[説明] ボックスにテキストを入力します。
  • サーバーのフォルダーを変更するには、[フォルダー] ボックスの [変更] をクリックして、移動先を指定します。フォルダーの使用について詳しくは、「フォルダーの使用」を参照してください。
  • サーバーのタグ付けについて詳しくは、「タグの使用」を参照してください。

プロパティの編集アイコン。中に線がある灰色の四角形。 iSCSI IQN(全般タブ)

サーバーのiSCSI IQNは、iSCSIストレージリポジトリ(SR)に接続するときに、そのサーバーを識別するために使用されます。XenServerホストでは、ホストのインストール時にランダムなIQNで自動的に作成される単一のiSCSIイニシエータがサポートされます。この単一のイニシエータを使用して、同時に複数のiSCSIターゲット(SR)に接続できます。XenServerでのiSCSIストレージのサポートについて詳しくは、「ストレージ」を参照してください。

重要: iSCSIターゲット(SR)およびリソースプール内のすべてのサーバーで、異なるIQNが設定されている必要があります。IQNが重複していると、データが破損したりアクセスが拒否されたりする場合があります。

サーバーのiSCSI IQN値を変更するには

注: サーバーのiSCSI IQN値を変更する前に、既存のすべてのストレージリポジトリの接続を解除しておく必要があります。また、IQNの変更によりサーバーが新規または既存のストレージリポジトリに接続できなくなる場合があります。この場合、ストレージリポジトリ側でも適切な変更が必要です。

  1. リソースペインでサーバーを選択して、[全般] タブの [プロパティ] をクリックします。
  2. [プロパティ] ダイアログボックスの [全般] タブで、[iSCSI IQN] ボックスに新しい値を入力します。
  3. [OK] をクリックして変更を保存し、ダイアログボックスを閉じます。

フィールドアイコン カスタムフィールド

カスタムフィールドを使用すると、管理対象のリソースに情報を追加して、リソースを簡単に検索したり分類したりできます。カスタムフィールドの使用について詳しくは、「カスタムフィールドの使用」を参照してください。

アラートアイコン アラート

このタブでは、サーバーのCPU、メモリ、およびネットワークの使用状況に関するパフォーマンスアラートを設定します。詳しくは、「パフォーマンスアラートの設定」を参照してください。

メールアイコン メールオプション(スタンドアロンサーバー)

このタブでは、スタンドアロンサーバーで生成されるシステムアラートのメールでの送信先を設定します。リソースプール内のサーバーでは、この機能をリソースプールレベルで設定します。メールでのアラート受信について詳しくは、「XenCenterアラート」を参照してください。

ストレージアイコン マルチパス

ファイバチャネルおよびiSCSIのストレージリポジトリでは、ストレージの動的なマルチパスがサポートされます。この設定はサーバーの[プロパティ]ダイアログボックスの[マルチパス]タブで有効にできます。

マルチパスを有効にしたり無効にしたりする方法については、「ストレージのマルチパス」を参照してください。

電源投入アイコン。 緑の円の上に白い電源アイコンが重ねて表示されます。 電源オン(スタンドアロンサーバー)

このタブでは、サーバーの電源をリモートから制御するためのXenServerホスト電源投入機能について設定します。この機能の設定について詳しくは、「ホスト電源投入の設定」を参照してください。リソースプールに属するサーバーの場合は、プールのプロパティで設定します。

ログの記録先アイコン ログの記録先

XenServerのシステムログメッセージは、ローカルサーバーまたはリモートサーバーに保存できます。

リモートサーバーでログを受信し正しく集約するには、syslogdデーモンを実行する必要があります。syslogdデーモンはLinuxとUNIXの標準的な機能で、Windowsやそのほかのオペレーティングシステムで使用できるサードパーティ製のバージョンもあります。リモートサーバーは、プール内のサーバーから接続できるように、適切なファイアウォール設定をしておく必要があります。

XenServerのログの記録先を表示または変更するには

  1. リソース ペインでサーバーを選択して、[全般] タブの [プロパティ] をクリックします。
  2. [プロパティ] ダイアログボックスの [ログの記録先] タブをクリックし、以下のいずれかを行います。
    • XenServerのログメッセージをローカルに格納する場合は、[ローカル] をクリックします。
    • 異なるサーバーにXenServerログを保存するには、[リモート] を選択して、syslogd daemonを実行しているサーバーのIPアドレスまたはホスト名を入力します。
  3. [OK] をクリックして変更を保存し、ダイアログボックスを閉じます。

GPUアイコン GPU

[GPU]タブでは次のことを実行できます:

  1. GPU配置ポリシーの設定
  2. Windows VMに対するIntel GPUパススルーの有効化

配置ポリシー

[GPU]タブによりホスト全体のポリシーを設定して仮想マシンを使用できるGPUに割り当て、密度の最大化またはパフォーマンスの最大化を設定できます。環境に適したオプションを選択してください。

GPUグループごとに異なる設定が指定されている場合、[GPU]ページに [混在] オプションが表示されます。つまり、一部のGPUグループでは密度の最大化が指定されており、ほかのGPUグループではパフォーマンスの最大化が指定されていることを意味します。XenCenterを使って混在設定の設定または編集は実行 できません 。GPUグループごとに異なる設定を指定するには、xeコマンドラインインターフェイスを使用する必要があります。

注: GPU仮想化は、 XenServer Enterprise Editionユーザー、またはCitrix Virtual AppsおよびDesktops権限によりXenServerにアクセスするユーザーが使用できます。ホストがライセンス要件を満たし、さまざまな仮想GPUの種類をサポートするGPUがある場合は [GPU] タブが表示されます。詳しくは、「XenServerのライセンスについて」を参照してください。

統合されたGPUパススルー

Intel Server上のIntel GPUにXenServerホストが接続されると、XenServerホストのコントロールドメイン(dom0)が統合されたGPUデバイスに接続されます。このような場合、GPUではパススルーが無効になります。[このサーバーは統合された GPU を使用しません] を選択してdom0とGPU間の接続を無効にし、ホストを再起動して変更を適用させます。詳しくは、 GPU を参照してください。

注: dom0とGPU間の接続を無効にした後はXenServerホストの外部コンソール出力(たとえば、VGA、HDMI、DP)は利用できません。