XenServerのライブパッチ

XenServerホストを展開しているXenServerユーザーは、Hotfixを適用した後にサーバーの再起動が必要なことが頻繁にあります。この再起動により、サーバーでダウンタイムが発生し、ユーザーはシステムが再起動されるまで待機しなければなりません。これによってサーバーのアップタイムも減少し、業務に影響を及ぼします。ライブパッチにより、ユーザーはサーバーを再起動せずに一部のLinuxカーネルやXenハイパーバイザアップデートをインストールできるようになります。これによってメンテナンスのコストが削減され、ダウンタイムが短縮されます。Hotfixには、サーバーのメモリに適用されるライブパッチと、ディスクのファイルをアップデートする修正プログラムが含まれています。

ライブパッチは、デフォルトで有効になっています。ライブパッチの有効化および無効化について詳しくは、「プールプロパティの変更」を参照してください。

アップデートのインストール ウィザードを使用してアップデートを適用する場合、 事前チェック ページに、アップデートを有効にするために実行する必要があるアップデート後のタスクについての情報が表示されます。さらに、このウィザードによって、アップデート後にサーバーの再起動が必要かどうかがチェックされ、結果が表示されます。これにより、ユーザーはアップデートタスクを事前に把握することができ、アップデートの適用を適宜スケジュールできます。

注: XenServerライブパッチは、 XenServer Enterprise Editionユーザー、またはCitrix Virtual AppsおよびDesktops権限によりXenServerにアクセスするユーザーが使用できます。 ライセンスについて詳しくは、「XenServerのライセンスについて」を参照してください。

ライブパッチのシナリオ

Hotfixにはプール全体で、またはスタンドアロンサーバー上でライブパッチを適用できます。一部のアップデートでは再起動が必要となります。また、アップデート後のタスクがないアップデートもあります。

アップデートにライブパッチが利用可能なシナリオ、および利用可能ではないシナリオを以下に示します。

  • ライブパッチを使用するアップデート :LinuxカーネルおよびハイパーバイザーをアップデートするHotfixでは、アップデート適用後の再起動は必要ありません。ただし、まれにライブパッチを適用できない場合は、再起動が必要になることがあります。
  • ライブパッチを使用しないアップデート :動作に変更はありません。通常どおり機能します。

注: サーバーの再起動が必要ない場合、またはサーバーに適用できるライブパッチがアップデートに含まれている場合、XenCenterは [必要な操作はありません][アップデートモード] ページに表示します。

XenServerのライブパッチ