空き領域の解放

XenCenterの [空き領域の解放] オプションを使用すると、ストレージアレイによりシンプロビジョニングされたLUN上の未使用ブロック(ストレージリポジトリ上で削除された仮想ディスクの領域など)を解放できます。解放された領域は、アレイでの再利用が可能になります。空き領域の解放操作は、アレイ上でシンプロビジョニングされたLVMベースのストレージリポジトリでのみ使用可能です(つまりiSCSI、ファイバチャネル、またはローカルLVM)。NFSやExt3など、ファイルベースのストレージリポジトリでは使用できません。これらの種類のストレージリポジトリでは、手作業による領域解放操作は必要ありません。

空き領域を解放するには

  1. [インフラストラクチャ] ビューで、ストレージリポジトリのホストまたはリソースプールをクリックします。
  2. [ストレージ] タブをクリックします。
  3. 一覧でストレージリポジトリを選択して、[空き領域の解放] をクリックします。注: 空き領域の解放は負荷の高い処理であり、ストレージアレイのパフォーマンスに影響する場合があります。このため、領域の解放はアレイで必要なときにのみ行うようにしてください。シトリックスでは、アレイ要求度の低いオフピーク時にこの操作を行うことをお勧めします。
  4. [はい] をクリックして操作を確定します。操作の進行状況を確認するには、[通知] ビューの [イベント] ページを参照してください。

空き領域の解放

In this article