XenServer Toolsのインストール

XenServer Toolsには従来型デバイスエミュレーションのようなオーバーヘッドがなく、高パフォーマンスのI/Oサービスが提供されます。XenServer Toolsは、I/Oドライバー(準仮想化ドライバーまたはPVドライバーともいいます)と管理エージェントで構成されています。

I/Oドライバー にはストレージ、ネットワークドライバー、および低レベル管理インターフェイスが含まれています。準仮想化ドライバーは、エミュレートされたドライバーに置き換わり、WindowsとXenServerソフトウェア間の高速トランスポートを提供します。Windowsオペレーティングシステムのインストール時に、XenServerは従来型デバイスエミュレーションを使用して、標準IDEコントローラと標準ネットワークカードを仮想化マシンに提供します。このため、組み込みドライバーを使ってWindowsのインストールを完了できますが、コントローラドライバーのエミュレーションに内在するオーバーヘッドによりパフォーマンスが低下します。

管理エージェント (ゲストエージェントともいいます)は、高レベルの仮想マシン管理機能を備えており、休止スナップショットを含むすべての機能をXenCenterに提供します。

XenServerにはシンプルなメカニズムが導入されており、このメカニズムを使ってI/Oドライバーと管理エージェントのインストールおよびアップデートを行います。インストールを容易にするため、I/Oドライバーと管理エージェントが組み合わされ、「XenServer Tools」として提供されています。XenServer Toolsをインストールする方法とI/Oドライバーおよび管理エージェントをアップデートする方法について詳しくは、以下のセクションを参照してください。

以下の操作を実行するには、各仮想マシンにXenServer Toolsをインストールする必要があります。

  • 仮想マシンを正しくシャットダウン、再起動、またはサスペンドします
  • XenCenterで仮想マシンのパフォーマンスデータを表示する
  • 実行中の仮想マシンを移行する(XenMotionまたはストレージXenMotionを使用)
  • 休止スナップショットまたはメモリを含んだスナップショット(チェックポイント)を作成したり、スナップショットを復元したりする
  • 実行中のLinux仮想マシンの仮想CPUの数を変更する(Windows仮想マシンの場合は再起動が必要)

重要: XenServer Toolsをインストールせずに仮想マシンを実行することはサポートされません。Windows仮想マシンは、XenServer Toolsがなくても機能しますが、I/Oドライバー(PVドライバー)がインストールされていないと、パフォーマンスが大幅に低下します。これらのドライバーを使用しないWindows仮想マシンの実行は、サポート対象外です。一部の機能(物理ホスト間のライブリロケーションなど)は、I/Oドライバーがインストールされてアクティブな状態でのみ動作します。

仮想マシンの仮想化の状態を確認する

XenCenterでは、仮想マシンの [全般] タブに仮想マシンの仮想化の状態が表示されます。XenServer Tools(I/Oドライバーおよび管理エージェント)がインストールされているかどうか、および仮想マシンがWindows Updateからアップデートを受け取ってインストールできるかどうかを確認できます。以下のセクションでは、XenCenterで表示されるメッセージを示します。

I/Oが最適化されました(最適化されていません) - I/Oドライバーが仮想マシンにインストールされているかどうかを表示します。XenServer Tools ISOからI/Oドライバーをインストールするには、[I/O ドライバーおよび管理エージェントをインストール] リンクをクリックします。

注: Windows Updateからアップデートを受け取ることができるWindows仮想マシンには、I/Oドライバーが自動的にインストールされます。詳しくは、「XenServer Tools の更新」を参照してください。

管理エージェントがインストールされました(インストールされていません) - 管理エージェントが仮想マシンにインストールされているかどうかを表示します。XenServer Tools ISOから管理エージェントをインストールするには、[I/O ドライバーおよび管理エージェントをインストール] リンクをクリックします。

Windows Update からのアップデート受信が可能(Windows Update からのアップデート受信が不可能) - 仮想マシンがWindows UpdateからI/Oドライバーを受け取ることができるかどうかを示します。詳しくは、「XenServer Tools の更新」を参照してください。

I/Oドライバーおよび管理エージェントをインストール - このメッセージは、仮想マシンにI/Oドライバーと管理エージェントがインストールされていない場合に表示されます。XenServer Toolsをインストールするには、リンクをクリックします。Linux仮想マシンの場合、状態リンクをクリックすると、仮想マシンのコンソールに切り替わり、XenServer Tools ISOがロードされます。ISOをマウントし、以下のセクションで説明するように、手動でインストールを実行します。

注: サーバーまたはプールに多数の仮想マシンがある場合、リソースペインでサーバーまたはプールを選択し、[検索] タブをクリックします。 [保存済みの検索] 一覧から、[XenServer Toolsがインストールされていない仮想マシン] を選択します。これにより、XenServer Toolsがインストールされていない仮想マシンの一覧が表示されます。

XenServer Toolsのインストール(Windows仮想マシン)

重要: XenServer Toolsをインストールするときに、仮想マシンのCD/DVDドライブにあるメディアはイジェクトされます。CDからオペレーティングシステムをインストールしている間など、仮想マシンのCD/DVDドライブが使用中の場合は、XenServer Toolsをインストールしないでください。

  1. リソースペインで仮想マシンを右クリックし、[XenServer Tools のインストール]をクリックします。または、[VM]メニューの [XenServer Toolsのインストール] を選択します。

    または

    仮想マシンの[全般]タブで、[I/Oドライバーおよび管理エージェントをインストール] をクリックします。

    注: 仮想マシンにXenServer Toolsをインストールすると、I/Oドライバー(PVドライバー)と管理エージェントの両方がインストールされます。

  2. 仮想マシンのCD/DVDドライブで自動実行が有効になっている場合は、しばらくすると自動的にインストールが開始されます。プロセスによってI/Oドライバーと管理エージェントがインストールされます。要求された場合は仮想マシンを再起動し、仮想マシンが最適化された状態にします。
  3. 自動実行が無効になっている場合は、XenServer Toolsインストーラーによってインストールオプションが表示されます。 [XenServer Toolsのインストール] をクリックして、インストールを続行します。これにより、仮想マシンのCD/DVDドライブにXenServer Tools ISO(guest-tools.iso)がマウントされます。

    メッセージが表示されたら、以下のオプションからいずれかを選択してXenServer Tools ISOで行う処理を指定します。

    [Setup.exeを実行] をクリックしてXenServer Toolsのインストールを開始します。Citrix XenServerWindows Management Agent Setupウィザードが開きます。ウィザードの手順に従って、仮想マシンを最適な状態にし、インストールプロセスを終了するために必要な操作を実行します。

    注: この方法でXenServer Toolsをインストールすると、管理エージェントは自動的にアップデートを取得するよう構成されます。ただし、I/Oドライバーは、管理エージェントのアップデートメカニズムでは更新されません。これはデフォルトの動作です。デフォルトの動作を変更する場合、以下の手順bに従ってください。

    または、次のいずれかを行います。

    1. [フォルダーを開いてファイルを表示] をクリックして、CDドライブから Setup.exe を実行してください。このオプションで、Citrix XenServer Windows Management Agent Setupウィザードが開き、XenServer Toolsのインストールと管理エージェントのアップデート設定をカスタマイズできます。
    2. ウィザードの手順に従って、ライセンス契約書に同意し、保存先フォルダーを選択します。
    3. [Installation and Updates Settings] ページで設定をカスタマイズします。Citrix XenServer Windows Management Agent Setupウィザードは、デフォルト設定を表示します。デフォルトでは、以下の操作ができます。

      • I/Oドライバーをインストールする
      • 管理エージェントの自動アップデートを許可する
      • 管理エージェントが自動的にI/Oドライバーをアップデートすることを許可しない
      • 匿名の使用状況情報をCitrixに送信する

      管理エージェントの自動アップデートを許可しない場合は、[Disallow automatic management agent updates] を選択します。

      管理エージェントでI/Oドライバーを自動的にアップデートする場合は、[Allow automatic I/O driver updates by the management agent] を選択します。

      注: Windows UpdateメカニズムによるI/Oドライバーのアップデートを選択した場合は、管理エージェントによるI/Oドライバーの自動アップデートを許可しないでください。

      匿名の使用状況情報をCitrixと共有しない場合は、[Send anonymous usage information to Citrix] チェックボックスをオフにします。Citrixに送信される情報には、アップデートを要求する仮想マシンのUUIDが含まれます。それ以外の仮想マシンに関する情報は収集されず、Citrixに送信されることもありません。

    4. [次へ][インストール] の順にクリックしてインストールプロセスを開始します。
    5. メッセージが表示されたら、XenServer Toolsインストールプロセスの完了に必要な操作を実行し、[完了] をクリックしてセットアップウィザードを終了します。

注:

  • I/Oドライバーと管理エージェントを多数のWindows仮想マシンにインストールする場合、適切なMSIインストールツールを使用して、managementagentx86.msi または managementagentx64.msi をインストールします。これらのファイルはXenServer Tools ISOに収録されています。
  • Windows Updateからアップデートを受け取ることができるWindows仮想マシンには、I/Oドライバーが自動的にインストールされます。ただし、XenServer Toolsパッケージをインストールして管理エージェントをインストールし、サポートされている構成を保持することをお勧めします。

XenServer Toolsのインストール(Linux仮想マシン)

  1. リソースペインで仮想マシンを右クリックし、[XenServer Toolsのインストール] をクリックします。または、[VM]メニューの[XenServer Toolsのインストール]を選択します。
  2. 確認のメッセージが表示されるので、[XenServer Toolsのインストール] をクリックします。これにより仮想マシンのコンソールが開きます。
  3. ルートユーザーとして、イメージを仮想マシンにマウントします。

    mount -o ro,exec /dev/disk/by-label/XenServer\\x20Tools /mnt
    

    注: イメージのマウントに失敗した場合は、次のコマンドでイメージを特定できます。

    blkid -t LABEL="XenServer Tools"
    
  4. ルートユーザーとして次のインストールスクリプトを実行します。

    /mnt/Linux/install.sh
    
  5. 次のコマンドを実行して、イメージをゲストからアンマウントします。

    umount /mnt
    
  6. カーネルまたは仮想マシンをアップグレードした場合は、ここで仮想マシンを再起動します。

Linux仮想マシンにマウントするCD-ROMドライブおよびISOイメージは、/dev/cdrom (またはUbuntu 10.10以降では /dev/sdd )ではなく /dev/xvdd と表示されます。これは、真のCD-ROMデバイスではなく、通常のデバイスであるためです。XenCenterでCDをイジェクトすると、このデバイスは仮想マシンからホットアンプラグされ、表示されなくなります。一方、Windows仮想マシンではLinuxの場合と異なり、CDは空の状態で仮想マシン内に残ります。

XenServer Toolsのアップデート

XenServerでは、よりシンプルなメカニズムを搭載し、Windows仮想マシンのI/Oドライバー(PVドライバー)と管理エージェントを自動的にアップデートします。これにより、アップデートが利用可能になると、Hotfixを待たずにアップデートをインストールできます。

仮想マシンの [全般] タブの [仮想化の状態] では、仮想マシンがWindows Updateからアップデートを受け取ることができるかどうかを指定します。Windows UpdateからI/Oドライバーのアップデートを受け取るメカニズムは、デフォルトではオンになっています。Windows UpdateからI/Oドライバーのアップデートを受け取らない場合は、仮想マシンでWindows Updateを無効にするか、グループポリシーを指定する必要があります。

I/Oドライバーのアップデート

新しく作成したWindows仮想マシンをXenServer 7.0以降で実行している場合、以下の条件を満たしていれば、Microsoft Windows UpdateからI/Oドライバーのアップデートを自動的に取得できます。

  • Enterprise EditionのXenServerを実行している、またはXenApp/XenDesktop権限によりXenServerにアクセスできる
  • XenServer 7.0以降と動作するXenCenterを使用してWindows仮想マシンを作成している
  • 仮想マシンでWindows Updateが有効になっている
  • インターネットにアクセスできる、またはWSUSプロキシサーバーに接続できる

注: ユーザーは、管理エージェントの自動アップデートメカニズムでI/Oドライバーの更新を自動的に受信することもできます。詳しくは、管理エージェントのアップデート を参照してください。

管理エージェントのアップデート

XenServerでは、新しいWindows仮想マシンおよび既存のWindows仮想マシンの両方で、管理エージェントを自動的にアップデートできます。XenServerは、デフォルトで管理エージェントの自動アップデートを許可します。ただし、管理エージェントが自動的にI/Oドライバーをアップデートすることは許可しません。XenServer Toolsのインストール中、管理エージェントのアップデート設定をカスタマイズできます。詳しくは、「Windows仮想マシンへのXenServer Toolsのインストール」を参照してください。 管理エージェントの自動アップデートはシームレスに行われ、仮想マシンを再起動しません。仮想マシンの再起動が必要な場合、XenCenterから必要な操作を通知されます。

管理エージェントを自動的にアップデートする際の注意点は以下のとおりです。

  • Enterprise Edition以降のXenServer 7.0を実行している、またはXenApp/XenDesktop権限によりXenServerにアクセスできる
  • XenServer 7.0以降と動作するXenServer Toolsがインストールされている
  • Windows仮想マシンがインターネットに接続できる必要がある

重要:

  • Windows UpdateからI/Oドライバーを受け取る機能と、管理エージェント機能の自動アップデートは、XenServer Enterprise Editionユーザー、またはCitrix Virtual AppsおよびDesktops権限によりXenServerにアクセスするユーザーが使用できます。
  • XenServer Toolsのアップデートは、標準のXenServerアップデート(Hotfix)メカニズムからも提供されます。Hotfixには、I/Oドライバーと管理エージェント両方のアップデートが含まれます。Hotfixとして提供されるXenServer Toolsをアップデートするためのライセンス制限はありません。