仮想マシンプロパティの変更

[リソース] ペインで仮想マシンを選択し [全般] タブで [プロパティ] をクリックして仮想マシンのプロパティを確認または変更します。

プロパティの編集アイコン。 中に線がある灰色の四角形。 全般

[プロパティ]ダイアログボックスの [全般] ページでは、仮想マシンの名前、説明、フォルダー、およびタグを表示したり変更したりできます。

  • 仮想マシン名を変更するには [名前] に新しい名前を入力します。
  • 説明を変更するには、[説明] にテキストを入力します。
  • 仮想マシンのフォルダーを変更するには、[フォルダー] ボックスの [変更] をクリックして、移動先を指定します。フォルダーの使用について詳しくは、「フォルダーの使用」を参照してください。
  • 仮想マシンのタグ付けについて詳しくは、「タグの使用」を参照してください。

フィールドアイコン カスタムフィールド

カスタムフィールドを使用すると、管理対象のリソースに情報を追加して、リソースを簡単に検索したり分類したりできます。カスタムフィールドの使用について詳しくは、「カスタムフィールドの使用」を参照してください。

CPUアイコン。 緑色のマイクロチップ。 CPU

[プロパティ]ダイアログボックスの [CPU] ページでは、仮想マシンに割り当てた仮想CPU(vCPU)の数、ソケットごとのコア数、および優先度を変更できます。ただし、これらの設定を変更するには、仮想マシンをシャットダウンしておく必要があります。

仮想CPUの数(Windows仮想マシン) :仮想マシンに割り当てられる仮想CPUの数を変更するには、[仮想CPUの数]ドロップダウンリストで数を変更します。仮想マシンのパフォーマンスを最大限に発揮させるには、割り当てる仮想CPUの数を、ホストサーバーに搭載されている物理CPUの数以下にしてください。

仮想CPUの最大数(Linux仮想マシン) :仮想マシンに割り当てられる仮想CPUの最大数を変更するには、[仮想CPUの最大数]ドロップダウンリストで数を変更します。仮想マシンのパフォーマンスを最大限に発揮させるには、割り当てる仮想CPUの最大数を、ホストサーバーに搭載されている物理CPUの数以下にしてください。

トポロジ

XenCenterのデフォルトでは、各仮想CPUでソケットごとに1つのコア(1コア/ソケット)が割り当てられます。[トポロジ] のドロップダウンリストには、有効なコア/ソケット数の組み合わせが表示されます。このドロップダウンリストで、使用する組み合わせを選択します。

XenCenterのドロップダウンリストには、選択した仮想CPUの数を整除できるコア/ソケット数が表示されます。たとえば、仮想マシンに割り当てる仮想CPUの数として「8」が指定されている場合、ソケットごとのコア数として選択できるのは1、2、4、または8になります。また、仮想CPUの数が「5」の場合、ソケットごとのコア数として選択できるのは1、または5になります。

仮想CPUの現在の数(Linux仮想マシン) :このドロップダウンには、仮想マシンに割り当てられている仮想CPUの現在の数が表示されます。仮想マシンが実行中でも、このドロップダウンリストから必要な仮想CPUの数を選択して仮想マシンに割り当てられる仮想CPUの数を変更できます。 :仮想マシンに割り当てられる仮想CPUの数を減らす場合は、仮想マシンをシャットダウンする必要があります。

このVMのvCPU優先度

仮想CPU優先度はホストCPUのスケジューリング時に各仮想マシンの仮想CPUに割り当てられる優先度で、そのホストサーバー上で実行されるほかのすべての仮想マシンと相対的に扱われます。仮想マシンの仮想CPU優先度を変更するには、スライダをドラッグします。

XenServerのテンプレートを使用すると、ゲストオペレーティングシステムの種類に基づいて、標準的な仮想マシン構成と適切なデフォルトのメモリ量が設定されます。仮想マシンに割り当てるメモリ量を決定するときは、次の注意事項について考慮する必要もあります。

  • 仮想マシンで実行するアプリケーションの種類。
  • 同じメモリリソースを使用するほかの仮想マシン。
  • 仮想マシンと同時にサーバーで実行するアプリケーション。

電源投入アイコン。 緑の円の上に白い電源アイコンが重ねて表示されます。 起動オプション

このページに表示される起動オプションは、ゲストオペレーティングシステムにより異なる場合があります。たとえば、起動デバイスの順序を変更したり、追加の起動パラメーターを指定したりできます。

  • 起動順序を変更するには、[起動順序] の一覧で項目を選択して、[上に移動] または [下に移動] をクリックします。
  • 追加の起動パラメーターを指定するには、[OS起動パラメーター] に入力します。たとえば、Debian仮想マシンの起動パラメーターとして、「single」と入力すると、仮想マシンがシングルユーザーモードで起動します。

高可用性オプションアイコン。 仮想マシンアイコンの上に、緑色の円と白い点が重ねて表示されます。 高可用性オプション

このページでは、仮想マシンの 起動順序 、起動間隔、および 高可用性再起動優先度 を変更します。

起動順序

vApp、または高可用性による回復処理での仮想マシンの起動順序を指定します。起動順序として0を指定すると、その仮想マシンが最初に起動します。次に1を指定した仮想マシンが起動し、2、3と続きます。

次のVM起動までの間隔

起動順序の値でグループ化される仮想マシンの起動間隔を指定します。たとえば、15秒を設定した場合、起動順序0の仮想マシンが起動した後、15秒後に起動順序1の仮想マシンが起動します。このオプションは、vAppに含まれている仮想マシン、および高可用性により回復される仮想マシンに適用されます。

高可用性再起動優先度

このオプションは、高可用性が有効なプールでハードウェアや個々のサーバーに障害が発生した場合に、どの仮想マシンを自動的に再起動するかを指定します。

  • 高可用性再起動優先度として [再起動] が設定されている仮想マシンは、プール内のリソースが不足している場合を除いて再起動が保証されます。これらの仮想マシンは、[可能なら再起動] が設定された仮想マシンよりも先に起動されます。
  • [可能なら再起動] が設定された仮想マシンはフェイルオーバープランの計算時に考慮されませんが、ホストサーバーの障害発生時に1度だけ再起動が試行されます。この再起動は、より高い再起動優先度のすべての仮想マシンが起動した後で試行されます。また、このときに再起動に失敗すると、再試行は行われません。
  • [再起動しない] が設定された仮想マシンの再起動は、自動的には試行されません。

これらの設定について詳しくは、「仮想マシンの再起動設定」を参照してください。

アラートアイコン。 アラート

[アラート] タブでは、サーバーのCPU、ネットワーク、およびディスクの使用状況についてパフォーマンスアラートを構成します。

アラートの構成について詳しくは、「パフォーマンスアラートの設定」を参照してください。

ホームサーバーアイコン。 サーバーアイコンの上に青い家が重ねて表示されます。 ホームサーバー

[プロパティ] ダイアログボックスの [ホームサーバー] タブでは、仮想マシンにリソースを提供するサーバーを指定できます。これにより、そのホームサーバー上で仮想マシンが起動します。ホームサーバー上での起動が不可能な場合は、そのリソースプール内のほかのサーバーが自動的にホストとして選択されます。ホームサーバーについて詳しくは、「新規仮想マシンの作成」を参照してください。

ワークロードバランス機能(WLB)が有効なリソースプールでは、ホームサーバーを指定できません。代わりに、XenServerリソースプールの負荷測定基準と最適化の推奨項目に基づいて、XenCenterで最適なサーバー上で仮想マシンが起動、再起動、再開、および移行されます。ワークロードバランスによる最適化では、リソースのパフォーマンスを重視するか1サーバー上でホストする仮想マシンの数を重視するかを選択できます。また、各リソース負荷の測定基準(CPU、ネットワーク、メモリ、およびディスク)のしきい値および重要度を調節して、環境に適した最適化が行われるように設定できます。

GPUアイコン。 GPU

仮想マシンの [GPU] プロパティタブでは、仮想マシンに専用のGPU(Graphics Processing Unit)を割り当てたり、仮想GPUを割り当てたりして、仮想マシンからグラフィックハードウェアに直接アクセスできます。これらの機能を使用すると、GPUの処理能力を仮想マシンで利用できるため、CAD/CAM、GIS、および医療用画像処理アプリケーションなどの高度な3Dグラフィックアプリケーションのサポートが向上します。

[GPUの種類] には、使用可能なGPUおよび仮想GPUの種類が表示されます。この一覧で、仮想マシンに割り当てる仮想GPUの種類を選択します。また、GPUのすべての処理能力を仮想マシンに割り当てる場合は、[GPU全体のパススルー] を選択します。

注: GPU仮想化は、XenServer Enterprise Editionユーザー、またはCitrix Virtual AppsおよびDesktops権限によりXenServerにアクセスするユーザーが使用できます。ライセンスについて詳しくは、「XenServerのライセンスについて」を参照してください。

GPUアイコン USB

仮想マシンの [USB] プロパティタブで、右側のペインに仮想マシンに接続されたUSBの一覧が表示されます。ここで、最大6つのUSBを仮想マシンに追加できます。また、仮想マシンからUSBを接続解除することもできます。

詳しくは、「タブ」セクションを参照してください。

注: USBパススルー機能は、XenServer Enterprise Editionユーザーのみが利用できます。

構成アイコン。 2つの歯車。 高度なオプション(最適化)

[高度なオプション] タブでは、ハードウェア支援型の仮想マシンに割り当てられるシャドウメモリの量を調節できます。Citrix Virtual Appsなどの特化したアプリケーションの処理負荷で最高のパフォーマンスを得るには、追加のシャドウメモリが必要です。このメモリはオーバーヘッドとみなされ、仮想マシンに適切なメモリの通常の算出量とは別に扱われます。

  • Citrix Virtual Apps動作する仮想マシンのパフォーマンスを最適化するには、[Citrix XenApp用に最適化する] をクリックします。
  • 仮想マシンのシャドウメモリの割り当てを手作業で調節するには、[最適化方法を指定する] をクリックして [シャドウメモリ乗数] ボックスに数値を入力します。
  • シャドウメモリをデフォルト設定に戻すには、[一般的な環境用に最適化する] をクリックします。

コンテナ管理アイコン。 青い長方形の周りに灰色の線が表示されます。 コンテナ管理

[コンテナ管理] タブにより、仮想マシンのコンテナ管理機能を有効にできます。チェックボックスをオンにして仮想マシンのコンテナ管理を有効にします。このオプションを有効にしたら、コンテナ管理の詳細が仮想マシンの [全般] タブに表示されます。詳しくは、「コンテナの管理」を参照してください。

クラウド構成アイコン。 青い円の4分の1がスライスされ、中の赤と白が見えています。 クラウド構成パラメーター

注: クラウド構成パラメーターにいずれのアップデートを適用前に、仮想マシンをシャットダウンする必要があります。

[クラウド構成パラメーター] タブで、仮想マシンに指定した構成パラメーターを確認および変更できます。クラウド構成パラメーターについて詳しくは、「クラウド構成パラメーター」を参照してください。