Citrix ADC

セレクタの設定

セレクタは、要求を識別するためのフィルタです。これは、リクエスト内のクライアント IP アドレスや URL などのリクエスト属性を識別する、最大 5 つの個別のデフォルト構文式で構成されます。各式は非複合デフォルト構文式であり、他の式との AND 関係にあると見なされます。次に、セレクタ式のいくつかの例を示します。

  • HTTP.REQ.URL
  • CLIENT.IP.SRC
  • HTTP.RES.BODY(1000).AFTER_STR("<string>").BEFORE_STR("<string>")"
  • CLIENT.IP.SRC.SUBNET(24)

セレクタは、レート制限およびアクション分析の設定で使用されます。セレクタは、レート制限設定ではオプションですが、アクション分析設定では必須です。

パラメータを指定する順序は重要です。たとえば、あるセレクタでIPアドレスとドメインを(その順序で)構成し、別のセレクタでドメインとIPアドレスを指定すると、Citrix ADCではこれらの値が一意であると見なされます。これにより、同じトランザクションが 2 回カウントされる可能性があります。また、複数のポリシーで同じセレクタを呼び出すと、Citrix ADCは同じトランザクションを複数回カウントできます。

セレクタ内の式を変更した場合、その式を呼び出すポリシーが新しいポリシーラベルまたはバインドポイントにバインドされると、エラーが発生することがあります。たとえば、myLimitSelector1 という名前のセレクタを作成し、myLimitID1 から呼び出し、dnsRateLimit1 という名前の DNS ポリシーから識別子を呼び出すとします。myLimitSelector1 の式を変更すると、dnsRateLimit1 を新しいバインドポイントにバインドするときにエラーが発生することがあります。回避策は、これらの式を呼び出すポリシーを作成する前に、これらの式を変更することです。

Citrix ADCアプライアンスは、最も一般的な使用例の一部に組み込みセレクタpdfを提供します。PDFを参照してください。

また、選択したリクエスト属性を識別する式でセレクタを設定することもできます。たとえば、特定のヘッダーを持つリクエストのレコードを作成できます。ヘッダーを評価するには、使用するセレクタにHTTP.REQ.HEADER("<header_name>")を追加します。

コマンドラインインターフェイスを使用してセレクタを設定するには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、セレクタを設定し、設定を確認します。

  • add stream selector <name> <rule> ...
  • show stream selector

> add stream selector myselector HTTP.REQ.URL CLIENT.IP.SRC
 Done
> show stream selector myselector
    Name: myselector
    Expressions:
        1) HTTP.REQ.URL
        2) CLIENT.IP.SRC
 Done
>

コマンドラインインターフェイスを使用してセレクタを変更または削除するには

  • セレクタを変更するには、set stream selector コマンド、セレクタの名前、および式とともに規則パラメータを入力します。保持する既存の式と、追加する新しい式を入力します。
  • セレクタを削除するには、rm stream セレクタコマンドとセレクタの名前を入力します。

GUI を使用してセレクタを設定するには、次の手順を実行します。

  1. [AppExpert] > [アクション分析] > [セレクタ] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。
    • セレクタを作成するには、「 追加」をクリックします。
    • セレクタを変更するには、セレクタを選択し、「 編集」をクリックします。
  3. セレクタの作成 」または「 セレクタの設定 」ページで、次のパラメータを設定します。
    • 名前
    • Expressions. セレクター設定に式を追加するには、[ Add] をクリックします。セレクター設定から式を削除するには、「式」ボックスで式を選択し、「 削除」をクリックします。注:[ 式] ボックスに、有効なパラメータを入力します。たとえば、HTTP と入力します。次に、このパラメータの後にピリオドを入力します。ドロップダウンメニューが表示されます。このメニューの内容には、入力した最初のキーワードの後に続くキーワードが表示されます。この式プレフィックスで次のキーワードを選択するには、ドロップダウンメニューで選択項目をダブルクリックします。[] テキストボックスには、式プレフィックスの 1 番目と 2 番目のキーワード( HTTP.REQ など)が表示されます。完全なエクスプレッションが形成されるまで、エクスプレッションコンポーネントの追加を続けます。
  4. [追加] をクリックします。
  5. 非複合式を 5 つまで追加します。
  6. [ OK] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

セレクタの設定