Citrix ADC

VPX HAペアを同じAWSアベイラビリティーゾーンにデプロイする

両方のVPXインスタンスが同じサブネット上にある同じAWSゾーンで、2つのCitrix ADC VPXインスタンスを高可用性(HA)ペアとしてAWS上で構成できます。HA は、フェイルオーバー後に、プライマリ HA ノードの NIC(クライアント側およびサーバ側 NIC)に接続されているセカンダリプライベート IP アドレスをセカンダリ HA ノードに移行することで実現されます。セカンダリプライベート IP アドレスに関連付けられているすべての Elastic IP アドレスも移行されます。

次の図は、セカンダリプライベート IP アドレスを移行する HA フェールオーバーのシナリオを示しています。

図1:プライベートIPマイグレーションを使用した、AWS上のCitrix ADC VPX HAペア

HA-PIP-移行

ドキュメントを開始する前に、次のドキュメントをお読みください。

VPX HAペアを同じゾーンにデプロイする方法

VPX HAペアを同じゾーンにデプロイする手順の概要を次に示します。

  1. AWS で 2 つの VPX インスタンスを作成し、それぞれに NIC を 3 つ作成します。
  2. AWS セカンダリプライベート IP アドレスをプライマリノードの VIP および SNIP に割り当てる
  3. AWS セカンダリプライベート IP アドレスを使用してプライマリノードで VIP と SNIP を設定する
  4. 両方のノードで HA を構成する

手順1:同じVPCを使用して、それぞれ3つのNIC(イーサネット0、イーサネット1、イーサネット2)を持つ2つのVPXインスタンス(プライマリノードとセカンダリノード)を作成します

AWSウェブコンソールを使用して、Citrix ADC VPXインスタンスをAWSにデプロイするに記載されている手順に従います

手順2:プライマリノードで、イーサネット 1(クライアント IP または VIP)とイーサネット 2(バックエンドサーバ IP または SNIP)にセカンダリプライベート IP アドレスを割り当てます

AWS コンソールは、設定された NIC にプライマリプライベート IP アドレスを自動的に割り当てます。VIP と SNIP には、セカンダリプライベート IP アドレスと呼ばれる、より多くのプライベート IP アドレスを割り当てます。

セカンダリプライベート IPv4 アドレスをネットワークインターフェイスに割り当てるには、次の手順を実行します。

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/で Amazon EC2 コンソールを開きます。
  2. ナビゲーションペインで [Network Interfaces] を選択し、インスタンスにアタッチされているネットワークインターフェイスを選択します。
  3. [アクション]、[IP アドレスの管理] を選択します。
  4. [IPv4 アドレス] で、[新しい IP の割り当て] を選択します。
  5. インスタンスのサブネット範囲内にある特定の IPv4 アドレスを入力するか、フィールドを空白のままにして Amazon が IP アドレスを選択するようにします。
  6. (オプション)セカンダリプライベート IP アドレスが別のネットワークインターフェイスにすでに割り当てられている場合に再割り当てを許可するには、[Allow reassignment] を選択します。
  7. 「はい、更新」を選択します。

インスタンスの説明の下に、割り当てられたセカンダリプライベート IP アドレスが表示されます。

手順3:セカンダリプライベート IP アドレスを使用して、プライマリノードで VIP と SNIP を構成します

SSH を使用してプライマリノードにアクセスします。ssh クライアントを開き、次のように入力します。

ssh -i <location of your private key> nsroot@<public DNS of the instance>
<!--NeedCopy-->

次に、VIP と SNIP を設定します。

VIP の場合は、次のように入力します。

add ns ip <IPAddress> <netmask> -type <type>
<!--NeedCopy-->

[SNIP] に、次のように入力します。

add ns ip <IPAddress> <netmask> -type SNIP
<!--NeedCopy-->

save configを入力して保存します。

設定された IP アドレスを表示するには、次のコマンドを入力します。

show ns ip
<!--NeedCopy-->

詳しくは、次のトピックを参照してください:

ステップ 4: 両方のインスタンスで HA を設定する

プライマリノードでシェルクライアントを開き、次のコマンドを入力します。

add ha node <id> <private IP address of the management NIC of the secondary node>
<!--NeedCopy-->

セカンダリノードで、次のコマンドを入力します。

add ha node <id> < private IP address of the management NIC of the primary node >
<!--NeedCopy-->

save config と入力して、設定を保存します。

構成された HA ノードを表示するには、show ha nodeと入力します 。

フェイルオーバー時に、前のプライマリノードで VIP および SNIP として構成されたセカンダリプライベート IP アドレスは、新しいプライマリノードに移行されます。

ノードでフェイルオーバーを強制するには、 force HAfailover と入力します。

VPX HA ペアをデプロイするレガシーメソッド

13.0 41.x より前のリリースでは、AWS Elastic Network Interface(ENI)の移行により、同じゾーン内の HA が実現されていました。ただし、このメソッドは徐々に非推奨になっています。

次の図は、AWS 上の Citrix ADC VPX インスタンスの HA デプロイメントアーキテクチャの例を示しています。

図1:AWS での Citrix ADC VPX HA ペア(ENI 移行を使用)

ENI 移行を使用した高可用性

次のいずれかのオプションを使用して、2つのVPXインスタンスをHAペアとしてAWSにデプロイできます。

  • AWS マネジメントコンソールを使用して IAM ロールを持つインスタンスを手動で作成し、そのインスタンスに HA を設定します。
  • または、Citrix CloudFormation テンプレートを使用して高可用性展開を自動化することもできます。

CloudFormation テンプレートは、HA ペアの作成に必要なステップ数を大幅に減らし、IAM ロールを自動的に作成します。このセクションでは、Citrix CloudFormation テンプレートを使用してCitrix ADC VPX HA(アクティブ-パッシブ)ペアをデプロイする方法を示します。

2つのCitrix ADC VPXインスタンスをHAペアとして展開する場合は、次の点に注意してください。

注意すべきポイント

  • AWS の HA では、プライマリノードに少なくとも 2 つの ENI(1 つは管理用、もう 1 つはデータトラフィック用)があり、セカンダリノードには管理 ENI が 1 つ必要です。ただし、セキュリティ上の理由から、プライマリノードに 3 つの ENI を作成します。この設定では、プライベートネットワークとパブリックネットワークを分離できるためです(推奨)。
  • セカンダリノードのENIインターフェイスは常に1つで(管理用)、プライマリノードには最大4つのENIを設定できます。
  • 高可用性ペアの各VPXインスタンスのNSIPアドレスは、インスタンスのデフォルトENIで構成する必要があります。
  • Amazon では、AWS ではブロードキャスト/マルチキャストパケットは許可されていません。その結果、HAセットアップでは、プライマリVPXインスタンスに障害が発生すると、データプレーンENIがプライマリVPXインスタンスからセカンダリVPXインスタンスに移行されます。
  • デフォルト (管理) ENI を別のVPXインスタンスに移動することはできないため、クライアントとサーバーのトラフィック (データプレーントラフィック) にはデフォルトのENIを使用しないでください。
  • /var/log/ns.log の AWSCONFIG IOCTL NSAPI_HOTPLUG_INTF 成功出力 0 というメッセージは、2 つのデータ ENI がセカンダリインスタンス(新しいプライマリ)に正常にアタッチされたことを示しています。
  • AWSのENIデタッチ/アタッチにより、フェールオーバーには最大20秒かかる場合があります。
  • フェールオーバー後、障害が発生したインスタンスは必ず再起動します。
  • ハートビートパケットは、管理インターフェイスでのみ受信されます。
  • プライマリVPXインスタンスとセカンダリVPXインスタンスの設定ファイルは、 nsroot パスワードを含めて同期されます。セカンダリノードのnsroot パスワードは、HA 構成の同期後にプライマリノードのパスワードに設定されます。
  • AWS API サーバーにアクセスするには、VPX インスタンスにパブリック IP アドレスが割り当てられているか、VPC のインターネットゲートウェイを指す VPC サブネットレベルでルーティングが正しく設定されている必要があります。
  • ネームサーバー/DNSサーバーがVPCレベルのDHCPオプションにより構成されている必要があります。
  • Citrix CloudFormation テンプレートでは、異なるアベイラビリティーゾーン間で HA セットアップは作成されません。
  • Citrix CloudFormation テンプレートでは、INC モードは作成されません。
  • AWS デバッグメッセージは、VPX インスタンスのログファイル /var/log/ns.log にあります。

Citrix CloudFormation テンプレートを使用して高可用性ペアをデプロイする

CloudFormation テンプレートを開始する前に、次の要件を満たしていることを確認してください。

  • VPC
  • VPC内の3つのサブネット
  • UDP 3003、TCP 3009—3010、HTTP、SSH ポートが開いているセキュリティグループ
  • キーペア
  • インターネットゲートウェイを作成する
  • クライアントネットワークと管理ネットワークのルートテーブルを編集して、インターネットゲートウェイを指すようにする

Citrix CloudFormation テンプレートは、IAM ロールを自動的に作成します。既存の IAM ロールはテンプレートには表示されません。

Citrix CloudFormation テンプレートを起動するには、次の手順に従います。

  1. AWS 認証情報を使用して AWS マーケットプレイスにログオンします
  2. 検索フィールドに「 Citrix ADC VPX 」と入力してCitrix ADC AMIを検索し、[ 実行]をクリックします。
  3. 検索結果ページで、目的のCitrix ADC VPX製品をクリックします。
  4. 価格設定」 タブをクリックして、「 価格情報」 に移動します。
  5. リージョンとフルフィルメントオプションをCitrix ADC VPX-カスタマーライセンス」として選択します。
  6. [続行] をクリックして購読します。
  7. [ 購読 ] ページで詳細を確認し、[ 構成に進む] をクリックします。
  8. CloudFormation テンプレートとして [ 配信方法] を選択します。
  9. 必要な CloudFormation テンプレートを選択します。
  10. [ **ソフトウェアのバージョンとリージョン] を選択し、[ **続行] をクリックして起動します

    AWS CloudFormation テンプレート

  11. [アクションの選択] で、[CloudFormation の起動] を選択し、[起動] をクリックします。[ スタックの作成 ] ページが表示されます。
  12. [次へ] をクリックします。

    スタックの作成

  13. [スタックの詳細を指定 ] ページが表示されます。次の詳細を入力します。

    • スタック名を入力します。名前は 25 文字以内である必要があります。
    • [ ネットワーク構成] で、次の操作を実行します。
      • [管理サブネットワーク]、[クライアントサブネットワーク]、および[サーバーサブネットワーク]を選択します。[VPC ID] で選択した VPC 内で作成した正しいサブネットワークを選択していることを確認します。
      • プライマリ管理 IPセカンダリ管理 IPクライアント IPおよびサーバ IPを追加します。IP アドレスは、それぞれのサブネットワークの同じサブネットに属している必要があります。または、テンプレートに IP アドレスが自動的に割り当てられるようにすることもできます。
      • vpcTenancy で [ デフォルト] を選択します。
    • Citrix ADC 構成で、以下を実行します。
      • [ インスタンスタイプ ] で [ m5.xlarge] を選択します。
      • [Key Pair] のメニューから、 作成済みのキーペアを選択します
      • デフォルトでは、 カスタムメトリクスをCloudWatch にパブリッシュしますか? オプションが [ はい]に設定されています。このオプションを無効にするには、[ いいえ] を選択します。

        CloudWatch メトリクスの詳細については、「 Amazon CloudWatch を使用してインスタンスを監視する」を参照してください。

    • [ オプションの構成] で、次の操作を実行します。
      • デフォルトでは、 PublicIP(EIP)を管理インターフェイスに割り当てる必要がありますか オプションが [ いいえ] に設定されています。
      • デフォルトでは、 PublicIP (EIP) をクライアントインターフェイスに割り当てる必要がありますか オプションが [ いいえ] に設定されています。

    スタックの詳細を指定する

  14. [次へ] をクリックします。
  15. [スタックオプションの設定] ページが表示されます。これはオプションのページです。

    スタックオプションを設定する

  16. [次へ] をクリックします。

  17. [ オプション]ページが表示されます。(これはオプションのページです)。[次へ] をクリックします。

  18. [Review] ページが表示されます。しばらくして、設定を確認し、必要に応じて変更を加えます。

  19. [AWS CloudFormation が IAM リソースを作成する可能性があることを承認します] を選択します。 チェックボックスをオンにし、[ スタックを作成] をクリックします。

  20. CREATE-IN-PROGRESS が表示されます。ステータスが CREATE-COMPLETEになるまで待ちます。ステータスが COMPLETEに変更されない場合は、[ Events ] タブで失敗の原因を確認し、適切な構成でインスタンスを再作成します。

    CloudFormation スタックが完了しました

  21. IAM リソースが作成されたら、[ EC2 マネジメントコンソール] > [インスタンス] に移動します。IAM ロールで作成された 2 つの VPX インスタンスがあります。プライマリノードとセカンダリノードは、それぞれ 3 つのプライベート IP アドレスと 3 つのネットワークインターフェイスを使用して作成されます。
  22. ユーザー名nsrootとインスタンス ID をパスワードとしてプライマリノードにログオンします。GUI から、[ システム] > [高可用性] > [ノード] に移動します。Citrix ADC VPXは、CloudFormationテンプレートによってHAペアで既に構成されています。

  23. Citrix ADC VPX HAペアが表示されます。

    CloudFormation VPX HA ペアが設定されている

Amazon CloudWatch を使用してインスタンスをモニタリングする

Amazon CloudWatch サービスを使用して、CPU とメモリの使用率、スループットなど、一連の Citrix ADC VPX メトリクスを監視できます。CloudWatch は AWS で実行されるリソースとアプリケーションをリアルタイムでモニタリングします。AWS マネジメントコンソールを使用して、Amazon CloudWatch ダッシュボードにアクセスできます。詳細については、「 Amazon CloudWatch」を参照してください。

注意すべきポイント

  • AWS ウェブコンソールを使用して AWS に Citrix ADC VPX インスタンスをデプロイすると、CloudWatch サービスはデフォルトで有効になります。
  • Citrix CloudFormation テンプレートを使用してCitrix ADC VPXインスタンスをデプロイする場合、デフォルトのオプションは「はい」です。CloudWatch サービスを無効にする場合は、[いいえ] を選択します。
  • メトリクスは、CPU (管理およびパケット CPU 使用率)、メモリ、およびスループット (インバウンドとアウトバウンド) で使用できます。

CloudWatch メトリクスの表示方法

インスタンスの CloudWatch メトリックスを表示するには、次の手順に従います。

  1. AWS マネジメントコンソール > EC2 > インスタンスにログオンします
  2. インスタンスを選択します。
  3. [ 監視] をクリックします。
  4. [ CloudWatch メトリックスをすべて表示] をクリックします。

    CloudWatch メトリックス

  5. [すべてのメトリックス] で、インスタンス ID をクリックします。

    インスタンスの CloudWatch メトリックス

  6. 表示する指標をクリックし、期間(分、時間、日、週、月)を設定します。
  7. グラフ化されたメトリクスをクリックして 、使用量の統計を表示します。 グラフをカスタマイズするには、[グラフ] オプションを使用します

フィギュア。CPU 使用率に関するグラフ化されたメトリック

CloudWatch グラフ化されたメトリックス

高可用性セットアップでの SR-IOV の設定

高可用性セットアップでのSR-IOVインターフェイスのサポートは、Citrix ADCリリース12.0 57.19以降から利用できます。SR-IOVを構成する方法の詳細については、「 SR-IOVネットワークインターフェイスを使用するようにCitrix ADC VPXインスタンスを構成する」を参照してください。

関連リソース

AWS での高可用性の仕組み

VPX HAペアを同じAWSアベイラビリティーゾーンにデプロイする