Citrix ADC

動的ラウンドトリップ時間方式

動的ラウンドトリップ時間 (RTT) は、クライアントのローカル DNS サーバーとデータリソース間のネットワークにおける時間または遅延の尺度です。動的RTTを測定するために、Citrix ADCアプライアンスはクライアントのローカルDNSサーバーを検査し、RTTメトリック情報を収集します。次に、アプライアンスはこのメトリックを使用して、ロードバランシングの決定を行います。グローバルサーバロードバランシングは、ネットワークのリアルタイムのステータスを監視し、RTT 値が最も小さいデータセンターにクライアント要求を動的に送信します。

ドメインに対するクライアントのDNS要求が、そのドメインの権限のあるDNSとして構成されたCitrix ADCアプライアンスに届くと、アプライアンスはRTT値を使用して最適なパフォーマンスのサイトのIPアドレスを選択し、DNS要求に対する応答として送信します。

Citrix ADCアプライアンスは、ICMPエコー要求/応答(PING)、UDP、TCPなどのさまざまなメカニズムを使用して、ローカルDNSサーバーと参加サイト間の接続に関するRTTメトリックを収集します。アプライアンスは、最初に ping プローブを送信して RTT を決定します。ping プローブが失敗した場合は、DNS UDP プローブが使用されます。このプローブも失敗した場合、アプライアンスは DNS TCP プローブを使用します。

これらのメカニズムは、Citrix ADCアプライアンスでは負荷分散モニターとして表され、「ldns」プレフィックスを使用しているため、簡単に識別できます。3 つのモニタは、デフォルトの順序で、次のとおりです。

  • ldns-ping
  • ldns-dns
  • ldns-tcp

これらのモニターはアプライアンスに組み込まれており、安全なデフォルトに設定されていますが、アプライアンス上の他のモニターと同様にカスタマイズできます。

デフォルトの順序は、GSLBパラメータとして明示的に設定することによって変更することもできます。たとえば、DNS UDP クエリに続いて PING、TCP の順に順序を設定するには、次のコマンドを入力します。

gslb パラメータの設定-ldnsprobeDNS の PING TCP の順序付け

Citrix ADCアプライアンスは、カスタマイズされていない限り、ポート53でUDPとTCPのプローブを実行します。ただし、通常の負荷分散モニターとは異なり、有効なRTT情報を提供するためにプローブを成功させる必要はありません。ICMP ポート使用不可メッセージ、TCP リセット、および DNS エラー応答(通常は障害を構成する)はすべて、RTT 値の計算に許容されます。

RTT データがコンパイルされると、アプライアンスは独自のメトリック交換プロトコル(MEP)を使用して、参加サイト間で RTT 値を交換します。RTT メトリックを計算した後、アプライアンスは RTT 値をソートして、最良の(最小の)RTT メトリックでデータセンターを特定します。

RTT情報が利用できない場合(クライアントのローカルDNSサーバーが初めてサイトにアクセスする場合など)、Citrix ADCアプライアンスはラウンドロビン方式を使用してサイトを選択し、クライアントをサイトに誘導します。

動的方式を設定するには、サイトの GSLB 仮想サーバーを動的 RTT 用に構成します。また、ローカル DNS サーバーをプローブする間隔をデフォルト以外の値に設定することもできます。

ダイナミック RTT 用の GSLB 仮想サーバーの構成

GSLB 仮想サーバーをダイナミック RTT 用に設定するには、RTT ロードバランシング方式を指定します。

Citrix ADCアプライアンスは、特定のローカルサーバーのタイミング情報を定期的に検証します。遅延の変更が設定された許容係数を超えた場合、アプライアンスはデータベースを新しいタイミング情報で更新し、MEP交換を実行して新しい値を他のGSLBサイトに送信します。デフォルトの許容係数は 5 ミリ秒 (ms) です。

RTT 許容係数は、GSLB ドメイン全体で同一である必要があります。サイトでこれを変更する場合は、GSLBドメインに展開されているすべてのCitrix ADCアプライアンスで同一のRTT許容係数を設定する必要があります。

コマンドラインインターフェイスを使用して GSLB 仮想サーバーを動的 RTT 用に構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set gslb vserver <name> -lbMethod RTT -tolerance <value>

例:

set gslb vserver Vserver-GSLB-1 -lbMethod RTT -tolerance 10

構成ユーティリティを使用して GSLB 仮想サーバーを動的 RTT 用に構成するには

トラフィック管理 」>「 GSLB 」>「 仮想サーバー 」に移動し、仮想サーバーをダブルクリックします。

ローカル DNS サーバーのプローブ間隔を設定する

Citrix ADCアプライアンスは、ICMPエコー要求/応答(PING)、TCP、UDPなどのさまざまなメカニズムを使用して、ローカルDNSサーバーと参加しているGSLBサイト間の接続に関するRTTメトリックを取得します。デフォルトでは、アプライアンスはpingモニターを使用し、5秒ごとにローカルDNSサーバーをプローブします。アプライアンスは応答を 2 秒待ち、その時間内に応答が受信されなかった場合は、TCP DNS モニタを使用してプローブを行います。

ただし、ローカル DNS サーバをプローブする時間間隔は、設定に合わせて変更できます。

コマンドラインインターフェイスを使用してプローブ間隔を変更するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set lb monitor <monitorName> <type> -interval <integer> <units> -resptimeout <integer> <units>

例:

set lb monitor monitor-HTTP-1 HTTP -interval 10 sec -resptimeout 5 sec

構成ユーティリティを使用してプローブ間隔を変更するには

[**トラフィック管理] > [負荷分散] > [モニター] に移動し、変更するモニター(ping など)をダブルクリックします。**

動的ラウンドトリップ時間方式