Citrix ADC

ラウンドロビン方式

ロードバランシング仮想サーバーがラウンドロビン方式を使用するように構成されている場合、バインドされているサービスの一覧を継続的にローテーションします。仮想サーバは、要求を受信すると、リスト内の最初のサービスに接続を割り当てて、そのサービスをリストの一番下に移動します。

次の図は、Citrix ADCアプライアンスが、負荷分散された3つのサーバーとそれに関連するサービスを含む負荷分散セットアップでラウンドロビン方式を使用する方法を示しています。

図1:ラウンドロビンロードバランシング方式の動作

round-robin

各サービスに異なる重みを割り当てると、Citrix ADCアプライアンスは着信接続の重み付きラウンドロビン分散を実行します。これは、より低い重み付けされたサービスを適切な間隔でスキップすることによって行われます。

たとえば、3 つのサービスを使用した負荷分散設定があるとします。Service-HTTP-1 をウェイト 2 に、Service-HTTP-2 をウェイト 3 に、Service-HTTP-3 をウェイト 4 に設定します。サービスは Vserver-LB-1 にバインドされます。Vserver-LB-1 は、ラウンドロビン方式を使用するように設定されています。この設定では、受信要求は次のように配信されます。

  • Service-HTTP-1 は、最初の要求を受信します。
  • Service-HTTP-2 は 2 番目の要求を受信します。
  • Service-HTTP-3 は 3 番目の要求を受信します。
  • Service-HTTP-1 は 4 番目の要求を受信します。
  • Service-HTTP-2 は 5 番目の要求を受信します。
  • Service-HTTP-3 は 6 番目の要求を受信します。
  • Service-HTTP-2 は 7 番目の要求を受信します。
  • Service-HTTP-3 は、8 番目と 9 番目の要求の両方を受信します。

:複数のサービスが同じサーバーを使用したり、サーバーが過負荷にならないように、サービスの重みを設定することもできます。

その後、同じパターンを使用して新しいサイクルが開始されます。

次の図は、加重ラウンドロビン方式を示しています。

図2:ラウンドロビン負荷分散方式の加重サービスでの動作

weighted-services

ラウンドロビン方式を設定するには、ポリシーを含まないロードバランシング方式の設定を参照してください。

ラウンドロビン方式