Citrix ADC

管理者パーティションに対する VXLAN のサポート

パーティション分割されたCitrix ADCアプライアンスでは、VLANの構成と同様に、デフォルトのパーティションでVXLANを構成できます。VXLANを構成した後、それを管理パーティションにバインドできます。または、VXLANがパーティションにバインドされているVLANを拡張している場合、アプライアンスはVXLANを同じブロードキャストドメインの下のパーティションにバインドします。これは、VXLANをパーティションからアンバインドするVLANのバインド解除に適用できます。

Citrix ADCアプライアンスでのVXLANの動作の詳細については、VXLANを参照してください。

また、パーティション分割されたCitrix ADCアプライアンスでのVLANの動作の詳細については、管理パーティション化を参照してください。

VXLAN を設定する前に覚えておくべきポイント

パーティション分割されたCitrix ADCアプライアンスでVXLANを構成する前に、次の点に注意してください。

  • VXLAN 経由で VLAN を拡張する場合は、VLAN がパーティションにバインドされていることを確認してください。
  • パーティション管理者だけが、管理パーティション内の VXAN の IP および動的ルーティングを構成する必要があります。

共有 VXLAN は、パーティション化されたアプライアンスではサポートされていないため、VXLAN に共有 VLAN にタグを付けることはできません。また、VXLAN にタグを付けると、共有の VLAN にすることはできません。

サポート可能な VXLAN構成

サポート可能な VXLAN 設定を次に示します。

同じブロードキャストドメイン内のVXLANを介したVLANの拡張

次のCLI手順は、同じブロードキャストドメイン内でVXLANを介してVLANを拡張するのに役立ちます。

  1. デフォルトパーティションに VLAN を追加する

    add vlan <id>
    
  2. 同じブロードキャストドメイン内の VXLAN 上で VLAN を拡張します。

    vxlanを追加 < vxlan id> –vlan < id>
    
  3. すべてのBUM(ブロードキャスト不明マルチキャスト)トラフィックを伝送するようにピア vtep を構成します。

    vtep アドレスはマルチキャストアドレスにすることができます。

    bridgetable-macを追加する < mac_addr> -vxlan < positive_integer> -vtep < ip_addr> [-vni < positive_integer>][-deviceVlan < positive_integer>]
    
  4. IP アドレスを VXLAN にバインドします。

    bind vxlan <id> [-srcIP <ip_addr>][-IPAddress <ip_addr|ipv6_addr|*> [<netmask>]]
    
  5. VLAN を管理パーティションにバインドします。

    bind partition <partition-id> -vxlan <id>
    
    add vlan 3000
    
    add vxlan 3000 –vlan 10
    
    add bridgetable –mac 00:00:00:00:00:00 –vxlan 3000 -vtep 10.102.58.8 –vni 11
    
    bind vxlan 3000 – srcIP 10.102.101.15
    
    bind partition p1 –vlan 10
    
管理者パーティションに対する VXLAN のサポート