Citrix ADC

コンテンツ検査

最近では、さまざまなマルチメディアコンテンツを表示するためのデバイスタイプが拡張されています。デバイスタイプは、携帯電話からタブレット、およびデスクトップまでです。中間インフラストラクチャプロバイダーは、元のコンテンツをWebサーバーから、コンテンツを要求するデバイスに適した形式に変換する必要があります。外部デバイスは、トランスコードするコンテンツを検査し、それをクライアントに送り返します。これを達成するために一般的に使用されるプロトコルはICAPです。ICAPを使用すると、Citrix ADCアプライアンスをさまざまな展開に配置できます。ICAPは、マルウェアやセキュリティの問題についてデータを検査するコンテンツ検査技術を使用します。

HTTP/2 コンテンツ検査とは互換性がありません。を使用するアプリケーション HTTP/2 トラフィックがコンテンツ検査を介して送信される場合、正しく機能しない可能性があります。

コンテンツ検査