Citrix ADC

コンテンツ スイッチ

今日の複雑な Web サイトでは、異なるユーザーに異なるコンテンツを提示したい場合があります。たとえば、顧客またはパートナーの IP 範囲のユーザに、特別な Web ポータルへのアクセスを許可する場合があります。特定の地域に関連するコンテンツを、その地域のユーザーに提示したい場合があります。異なる言語のコンテンツを、それらの言語の話者に提示することができます。スマートフォンなどの特定のデバイスに合わせたコンテンツを、そのデバイスを使用するユーザーに提示することができます。Citrix ADCコンテンツスイッチング機能を使用すると、アプライアンスは、ユーザーに提示する特定のコンテンツに基づいて、複数のサーバーにクライアント要求を分散できます。

コンテンツスイッチングを構成するには、まず基本的なコンテンツスイッチング設定を作成し、ニーズに合わせてカスタマイズします。これには、コンテンツスイッチング機能の有効化、切り替えされるコンテンツの各バージョンをホストするサーバーの負荷分散の設定、コンテンツスイッチング仮想サーバーの作成、どの要求がどの負荷分散仮想サーバーに送信されるかを選択するポリシーの作成、ポリシーをコンテンツスイッチング仮想サーバーにバインドします。その後、ポリシーの優先順位を設定し、バックアップ仮想サーバーを構成してセットアップを保護し、要求をキャッシュにリダイレクトしてセットアップのパフォーマンスを向上させることで、ニーズに合わせてセットアップをカスタマイズできます。

コンテンツスイッチングの仕組み

コンテンツスイッチングを使用すると、Citrix ADCアプライアンスは、同じWebホストに送信された要求を、異なるコンテンツを持つ異なるサーバーに送信できます。たとえば、動的コンテンツ(サフィックスが.asp、.dll、または.exeのURLなど)のリクエストをあるサーバに送信し、静的コンテンツのリクエストを別のサーバに送信するようにアプライアンスを設定できます。TCP/IP ヘッダーとペイロードに基づいてコンテンツスイッチングを実行するようにアプライアンスを設定できます。

また、コンテンツスイッチングを使用して、さまざまなクライアント属性に基づいて異なるコンテンツを持つ異なるサーバーに要求をリダイレクトするようにアプライアンスを構成することもできます。これらのクライアント属性には、次のようなものがあります。

  • デバイスタイプ。アプライアンスは、クライアント要求のユーザエージェントまたはカスタム HTTP ヘッダーを調べて、要求の発信元のデバイスのタイプを確認します。デバイスタイプに基づいて、要求を特定の Web サーバーに送信します。たとえば、要求が携帯電話から送信された場合、要求はサーバーに送信され、ユーザーが携帯電話で表示できるコンテンツを提供できます。コンピュータからの要求は、コンピュータ画面用に設計されたコンテンツを提供できる別のサーバに送信されます。
  • 言語。アプライアンスは、クライアント要求の Accept-Language HTTP ヘッダーを調べ、クライアントのブラウザで使用される言語を決定します。次に、アプライアンスは、その言語でコンテンツを提供するサーバーに要求を送信します。たとえば、言語に基づくコンテンツスイッチングを使用すると、アプライアンスは、フランス語でコンテンツを要求するようにブラウザが設定されているユーザを、フランス語版の新聞を使用するサーバに送信できます。ブラウザが英語のコンテンツをリクエストするように設定されている他のユーザーを、英語バージョンのサーバーに送信できます。
  • クッキー。アプライアンスは、サーバが以前に設定した Cookie の HTTP 要求ヘッダーを調べます。Cookie が見つかると、カスタムコンテンツをホストする適切なサーバーにリクエストを転送します。たとえば、クライアントが顧客ロイヤルティプログラムのメンバーであることを示す Cookie が見つかった場合、リクエストはより高速なサーバーまたは特別なコンテンツを持つサーバーに送信されます。クッキーが見つからない場合、またはクッキーがユーザーがメンバーではないことを示している場合、リクエストは一般向けのサーバーに送信されます。
  • HTTP メソッド。アプライアンスは、使用されたメソッドの HTTP ヘッダーを調べ、クライアント要求を適切なサーバーに送信します。たとえば、イメージに対する GET リクエストはイメージサーバーに送信され、POST リクエストは動的コンテンツを処理するより高速なサーバーに送信できます。
  • レイヤ 3/4 データ。アプライアンスは、送信元または宛先IP、送信元または宛先ポート、または TCP または UDP ヘッダーに存在するその他の情報に対する要求を調べ、クライアント要求を適切なサーバーに送信します。たとえば、顧客に属する送信元 IP からのリクエストは、より高速なサーバー上のカスタム Web ポータル、または特別なコンテンツを含むカスタム Web ポータルに送信できます。

一般的なコンテンツスイッチング展開は、次の図に示すエンティティで構成されます。

図1:コンテンツスイッチングアーキテクチャ

コンテンツスイッチングアーキテクチャ

コンテンツスイッチの構成には、コンテンツスイッチ仮想サーバー、負荷分散仮想サーバーとサービスから成る負荷分散セットアップ、およびコンテンツスイッチポリシーが含まれます。コンテンツスイッチを構成するには、コンテンツスイッチ仮想サーバーを構成し、ポリシーおよび負荷分散仮想サーバーに関連付ける必要があります。このプロセスでは、content group-は、特定のコンテンツスイッチング構成に関連するすべての仮想サーバーとポリシーのグループを作成します。

コンテンツスイッチングは、HTTP、HTTPS、TCP、および UDP 接続で使用できます。HTTPS の場合は、SSL オフロードを有効にする必要があります。

要求がコンテンツスイッチ仮想サーバーに到達すると、仮想サーバーはその要求に対して関連するコンテンツスイッチポリシーを適用します。ポリシーの優先順位により、コンテンツスイッチ仮想サーバーにバインドされたポリシーを評価する順序を定義します。高度なポリシーポリシーを使用している場合、ポリシーをコンテンツスイッチ仮想サーバーにバインドするときに、そのポリシーに優先順位を割り当てる必要があります。Citrix ADCクラシックポリシーを使用している場合は、ポリシーに優先順位を割り当てることができますが、必須ではありません。優先順位を割り当てると、設定した順序でポリシーが評価されます。そうしない場合、Citrix ADCアプライアンスは、ポリシーが作成された順序でポリシーを評価します。

ポリシープライオリティの設定に加えて、Goto 式とポリシーバンクの呼び出しを使用して、ポリシー評価の順序を操作できます。高度なポリシー設定の詳細については、「 高度なポリシーポリシーの設定」を参照してください。

ポリシーが評価されると、コンテンツスイッチ仮想サーバーは要求を適切な負荷分散仮想サーバーにルーティングし、適切なサービスに送信します。

コンテンツスイッチ仮想サーバーは、他の仮想サーバーにのみ要求を送信できます。外部ロードバランサを使用している場合は、そのロードバランサ用の負荷分散仮想サーバーを作成し、その仮想サーバーをサービスとしてコンテンツスイッチ仮想サーバーにバインドする必要があります。

コンテンツ スイッチ