Citrix ADC

DataStreamのコンテンツスイッチングを構成する

データベース名、ユーザー名、文字セット、およびパケットサイズに基づいて、SQLクエリの情報に従ってトラフィックをセグメント化できます。

デフォルトの構文式を使用してコンテンツスイッチングポリシーを構成し、接続プロパティに基づいてコンテンツを切り替えることができます。たとえば、ユーザー名とデータベース名、コマンドパラメーター、サーバーを選択するためのSQLクエリなどです。

デフォルトの構文式では、MYSQL および MS SQL データベースサーバに関連付けられたトラフィックが評価されます。デフォルトの構文ポリシーで要求ベースの式を使用して、コンテンツスイッチング仮想サーバーのバインドポイントで要求切り替えの決定を行います。応答ベースの式(MYSQL.RESで始まる式)を使用して、ユーザーが構成したヘルスモニターに対するサーバーの応答を評価します。

デフォルトの構文式については、「デフォルトの構文式:DataStream」を参照してください。

注:

データベースの場合、負荷分散は、同種のデータベースサーバー (まったく同じデータベースを含むデータベースサーバー) でのみ実行できます。異なるサーバー上の一意のデータベースを含む構成では、コンテンツの切り替えを使用する必要があります。一部のデータベースサーバーが同一のコンテンツをホストしている場合は、それらのサーバーでのみ負荷分散を使用できます。その後、コンテンツスイッチングポリシーを使用して、それらのデータベースの負荷分散を管理する負荷分散仮想サーバーに要求を送信できます。

Citrix ADCアプライアンスは、現在、データベースセッション中にデータベース名とログイン情報を保存します。データベースに対してクエリが実行されると、その情報を使用して特定のデータベースサーバーに接続します。

DataStream に固有のパラメータ値

  • プロトコル

    仮想サーバーとサービスを構成するときは、MySQL データベースにはMYSQLプロトコルタイプを使用し、MS SQLデータベースにはMSSQLプロトコルタイプを使用します。MySQL および TDS プロトコルは、SQL クエリを使用してそれぞれのデータベースサーバーと通信するためにクライアントによって使用されます。MySQL プロトコルの詳細については、http://dev.mysql.com/doc/internals/en/client-server-protocol.htmlを参照してくださいTDS プロトコルの詳細については、http://msdn.microsoft.com/en-us/library/dd304523(v=prot.13).aspxを参照してください。

  • ポート

    仮想サーバがクライアント接続をリッスンするポート。MySQL データベースサーバーにはポート 3306 を使用します。

  • MS SQL サーバーのバージョン

    Microsoft SQL Serverを使用していて、一部のクライアントがMicrosoft SQL Server製品とは異なるバージョンを実行していると予想される場合は、コンテンツスイッチング仮想サーバーのサーバーバージョンパラメーターを設定します。バージョン設定では、すべての通信がサーバーのバージョンに準拠していることを確認することで、クライアント側接続とサーバー側の接続間の互換性を提供します。Server Version パラメータの設定の詳細については、SQL サーバのバージョン設定を構成するを参照してください。

DataStreamのコンテンツスイッチングを構成する