Citrix ADC

Google Cloud Platform にVPX高可用性ペアを展開する

Google Cloud Platform(GCP)上の2つのCitrix ADC VPXインスタンスを、高可用性(HA)アクティブ-パッシブペアとして構成できます。1 つのインスタンスをプライマリノードとして構成し、もう 1 つをセカンダリノードとして設定すると、プライマリノードは接続を受け入れ、サーバーを管理します。セカンダリノードはプライマリを監視します。何らかの理由で 1 次ノードが接続を受け入れることができない場合、2 次ノードが引き継ぎます。

HA の詳細については、高可用性を参照してください。

ノードは同じリージョンにある必要がありますが、同じゾーンまたは異なるゾーンにある可能性があります。詳しくは、「リージョンとゾーン」を参照してください。

各VPXインスタンスには、少なくとも3つのIPサブネット(Google VPCネットワーク)が必要です。

  • 管理サブネット
  • クライアント側サブネット(VIP)
  • バックエンド側サブネット(SNIP、MIP など)

標準のVPXインスタンスには3つのネットワークインターフェイスをお勧めします。

VPX 高可用性ペアは、次の方法でデプロイできます。

GCPにVPX高可用性ペアを展開するためのGDMテンプレート

Citrix ADC Googleデプロイメントマネージャー(GDM)テンプレートを使用して、GCPにVPX高可用性ペアを展開できます。詳しくは、「Citrix ADC GDMテンプレート」を参照してください。

GCPでのVPX高可用性ペアの転送ルールのサポート

転送ルールを使用して、GCPにVPX高可用性ペアをデプロイできます。

転送ルールの詳細については、 転送ルールの概要を参照してください。

前提条件

  • 転送ルールは、VPXインスタンスと同じリージョンにある必要があります。
  • ターゲットインスタンスは、VPXインスタンスと同じゾーンにある必要があります。
  • プライマリノードとセカンダリノードの両方のターゲットインスタンスの数が一致する必要があります。

例:

us-east1 リージョンに高可用性ペアがあり、プライマリVPXが us-east1-b ゾーンにあり、セカンダリVPXが us-east1-c ゾーンにあります。us-east1-b ゾーンにターゲットインスタンスがあるプライマリVPXに対して転送ルールが設定されます。us-east1-c ゾーンでセカンダリVPXのターゲットインスタンスを構成して、フェイルオーバー時に転送ルールを更新します。

制限事項

VPX高可用性デプロイメントでは、バックエンドでターゲットインスタンスを使用して構成された転送ルールのみがサポートされます。

Google Cloud Platform にVPX高可用性ペアを展開する