Citrix ADC

Microsoft AzureでCitrix ADC VPXインスタンスを展開する

Microsoft Azure Resource Manager(ARM)にCitrix ADC VPXインスタンスを展開する場合、次の両方の機能セットを使用してビジネスニーズを満たすことができます。

  • Azure クラウドコンピューティング機能
  • Citrix ADC 負荷分散とトラフィック管理機能

Citrix ADC VPXインスタンスは、スタンドアロンインスタンスとして、またはアクティブ/スタンバイモードの高可用性ペアとしてARMにデプロイできます。

Citrix ADC VPXインスタンスをMicrosoft Azureにデプロイするには、次の2つの方法があります。

Microsoft Azure スタックは、ローカルデータセンターに Microsoft Azure パブリッククラウドサービスを提供し、組織がハイブリッドクラウドを構築できるようにするハードウェアとソフトウェアの統合プラットフォームです。これで、Microsoft AzureスタックにCitrix ADC VPXインスタンスをデプロイできます。

前提要件

AzureにCitrix VPXインスタンスを展開する前に、前提条件となる知識が必要です。

AzureでのCitrix ADC VPXインスタンスのしくみ

オンプレミス展開では、Citrix ADC VPXインスタンスには少なくとも3つのIPアドレスが必要です。

  • 管理 IP アドレス。NSIP アドレスと呼ばれます。
  • サーバーファームとやり取りするためのサブネットIP(SNIP)アドレス
  • クライアント要求を受け付ける仮想サーバーIP(VIP)アドレス

詳細については、「 Microsoft Azure上のCitrix ADC VPXインスタンスのネットワークアーキテクチャ」を参照してください。

VPX 仮想アプライアンスは、2 つ以上のインテル VT-X コアと 2 GB を超えるメモリを持つ任意のインスタンスタイプにデプロイできます。システム要件の詳細については、 Citrix ADC VPXのデータシートを参照してください。現在、Citrix ADC VPXインスタンスはインテルプロセッサーのみをサポートしています。

Azureデプロイメントでは、次の3つの方法でAzureでCitrix ADC VPXインスタンスをプロビジョニングできます。

  • マルチ NIC マルチ IP アーキテクチャ
  • Single NIC multi IPアーキテクチャ
  • 単一の NIC シングル IP

ニーズに応じて、サポートされている次のアーキテクチャタイプを使用できます。

マルチ NIC マルチ IP アーキテクチャ

このデプロイタイプでは、VPX インスタンスに複数のネットワークインターフェイス (NIC) をアタッチできます。NICには、静的または動的パブリック IP アドレスとプライベート IP アドレスを 1 つ以上割り当てることができます。

詳細については、次のユースケースを参照してください。

Azure環境でのMAC移動やインターフェイスのミュートを回避するには、ADC VPXインスタンスのデータインターフェイス(タグなし)ごとにVLANを作成し、AzureでNICのプライマリIPをバインドすることをお勧めします。詳細については、 CTX224626 の記事を参照してください。

Single NIC multi IPアーキテクチャ

この展開タイプでは、複数の IP 構成(静的または動的パブリック IP アドレスおよびプライベート IP アドレスに割り当てられている)に関連付けられた 1 つのネットワークインターフェイス(NIC)。 詳細については、次のユースケースを参照してください。

単一の NIC シングル IP

この展開タイプでは、単一の IP アドレスに関連付けられた 1 つのネットワークインターフェイス(NIC)で、NSIP、SNIP、および VIP の機能を実行するために使用されます。

詳細については、次のユースケースを参照してください。

単一IPモードはAzure展開環境でのみ使用することができます。このモードは、オンプレミス、AWS、またはその他のタイプのデプロイのCitrix ADC VPXインスタンスでは使用できません。

Citrix ADC VPXライセンス

Azure上のCitrix ADC VPXインスタンスにはライセンスが必要です。Azureで実行されているCitrix ADC VPXインスタンスでは、次のライセンスオプションを使用できます。

  • サブスクリプションベースのライセンス:Citrix ADC VPXアプライアンスは、Azure Marketplaceで有料インスタンスとして使用できます。サブスクリプションベースライセンスは使った分を支払うオプションです。ユーザーは時間単位で課金されます。Azure Marketplace では、次の VPX モデルとライセンスタイプを使用できます。

    VPXモデル ライセンスの種類 推奨インスタンス
    VPX10 スタンダード、アドバンス、プレミアム Standard_D2s_v4
    VPX200 スタンダード、アドバンス、プレミアム Standard_D2s_v4
    VPX1000* スタンダード、アドバンス、プレミアム Standard_D4s_v4
    VPX3000* スタンダード、アドバンス、プレミアム Standard_D8s_v4
    VPX5000* スタンダード、アドバンス、プレミアム Standard_D8s_v4

    *:VPX 1000からVPX 5000モデルまで、希望するパフォーマンスを得るには、Citrix ADC VPXインスタンスでアクセラレーテッドネットワーキングを有効にする必要があります。

    Citrixでは、サブスクリプションベースのライセンスインスタンスに関するテクニカルサポートを提供しています。サポートケースを申し出するには、「 Azure でのCitrix ADC サポート-時間単位のサブスクリプションライセンス」を参照してください。

  • 独自のライセンスを持ち込む (BYOL): 独自のライセンス (BYOL) を持参する場合は、http://support.citrix.com/article/CTX122426の VPX ライセンスガイドを参照してください。次の操作を実行する必要があります。
    • Citrix Webサイト内のライセンスポータルを使用して、有効なライセンスを生成します。
    • ライセンスをインスタンスにアップロードします。
    VPXモデル ライセンスの種類 推奨インスタンス
    VPX10 スタンダード、アドバンス、プレミアム Standard_D2s_v4
    VPX200 スタンダード、アドバンス、プレミアム Standard_D2s_v4
    VPX1000* スタンダード、アドバンス、プレミアム Standard_D4s_v4
    VPX3000* スタンダード、アドバンス、プレミアム Standard_D8s_v4
    VPX5000* スタンダード、アドバンス、プレミアム Standard_D8s_v4
    VPX8000* スタンダード、アドバンス、プレミアム Standard_D8s_v4
    VPX10000* スタンダード、アドバンス、プレミアム Standard_D16s_v4

    *: VPX 1000からVPX 10000モデルまで、Citrix ADC VPXインスタンスでアクセラレーテッドネットワーキングを有効にして、目的のパフォーマンスを得る必要があります。

  • Citrix ADC VPXチェックイン/チェックアウトライセンス:詳細については、「 Citrix ADC VPXチェックイン/チェックアウトライセンス」を参照してください。

Azure スタック環境では、 BYOL が唯一のライセンスオプションです。

NetScaler リリース12.0 56.20以降、オンプレミスおよびクラウド展開用のVPX Expressにはライセンスファイルは必要ありません。Citrix ADC VPX Expressの詳細については、Citrix ADCライセンスの概要の「Citrix ADC VPX Expressライセンス」セクションを参照してください。

Azure Marketplace から購入したサブスクリプションベースの時間単位のライセンスに関係なく、まれに Azure にデプロイされた Citrix ADC VPX インスタンスに、デフォルトのCitrix ADC ライセンスが割り当てられます。これは、Azure インスタンスメタデータサービス (IMDS) の問題が原因で発生します。

Citrix ADC VPXインスタンスの構成を変更する前にウォームリスタートを行い、正しいCitrix ADC VPXライセンスを有効にします。

制限事項

ARMでCitrix ADC VPX負荷分散ソリューションを実行すると、次の制限が課されます。

  • Azureアーキテクチャでは、以下のNetScaler機能をサポートしていません。

    • IPv6
    • Gratuitous ARP (GARP)
    • L2モード
    • タグ付きVLAN
    • 動的ルーティング
    • 仮想MAC
    • USIP
    • ジャンボフレーム
    • クラスタリング

    Citrix Application Delivery Management(ADM)Autoscale機能(クラウド展開)では、ADCインスタンスはすべてのライセンスでクラスタリングをサポートします。詳細については、「Citrix ADMを使用したMicrosoft AzureでのCitrix ADC VPXの自動スケーリング」を参照してください。

  • Citrix ADC VPX仮想マシンをシャットダウンして一時的に割り当て解除しなければならないことが予想される場合は、仮想マシンの作成中に静的な内部IPアドレスを割り当てます。静的内部IPアドレスを割り当てないと、Azureが再起動のたびに異なるIPアドレスを仮想マシンに割り当てる可能性があり、仮想マシンにアクセスできなくなる場合があります。

  • Azure展開では、次のCitrix ADC VPXモデルのみがサポートされています:VPX 10、VPX 200、VPX 1000、およびVPX 3000。詳細については、Citrix ADC VPXのデータシートを参照してください。

    モデル番号がVPX 3000より大きいCitrix ADC VPXインスタンスを使用する場合、ネットワークスループットはインスタンスのライセンスで指定されたものとは異なることがあります。ただし、SSL スループットや SSL トランザクション/秒など、その他の機能が向上する可能性があります。

  • 仮想マシンのプロビジョニング時にAzureによって生成される「展開ID」は、ARMのユーザーには表示されません。展開IDを使用してCitrix ADC VPXアプライアンスをARMに展開することはできません。

  • Citrix ADC VPXインスタンスは、初期化時に20 MB/秒のスループットとスタンダードエディションの機能をサポートします。

  • 高速ネットワーキングが有効になっているAzure上のCitrix ADC VPXインスタンスは、パフォーマンスが向上します。Azureアクセラレーションネットワーキングは、リリース13.0ビルド76.x以降のCitrix ADC VPXインスタンスでサポートされています。ADC VPXで高速ネットワークを有効にするには、高速ネットワークをサポートするAzureインスタンスタイプを使用することをお勧めします。

  • XenAppおよびXenDesktop 展開の場合、VPXインスタンス上のVPN仮想サーバーは次のモードで構成できます。

    • 基本モード。 ICAOnly VPN 仮想サーバーパラメーターが ON に設定されます。基本モードは、ライセンスされていないCitrix ADC VPXインスタンスで完全に機能します。
    • SmartAccess モード。 ICAOnly VPN 仮想サーバーパラメーターが OFF に設定されています。SmartAccess essモードは、ライセンスされていないCitrix ADC VPXインスタンス上の5人のCitrix ADC AAAセッションユーザーに対してのみ機能します。

    SmartControl機能を構成するには、Citrix ADC VPXインスタンスにプレミアムライセンスを適用する必要があります。

Microsoft AzureでCitrix ADC VPXインスタンスを展開する