Citrix ADC

Azure 外部および内部ロードバランサーで同時に高可用性セットアップを構成する

Azure の高可用性ペアは、外部ロードバランサーと内部ロードバランサーの両方を同時にサポートします。

Azure 外部ロードバランサーと内部ロードバランサーの両方を使用して高可用性ペアを構成するには、次の 2 つのオプションがあります。

  • Citrix ADCアプライアンス上で2つのLB仮想サーバーを使用する。
  • 1 つの LB 仮想サーバーと IP セットを使用する。単一の LB 仮想サーバは、IPSet によって定義された複数の IP にトラフィックを処理します。

外部ロードバランサーと内部ロードバランサーを同時に使用して Azure で高可用性ペアを構成するには、次の手順を実行します。

手順 1 と 2 については、Azure ポータルを使用します。手順3および4では、Citrix ADC VPX GUIまたはCLIを使用します。

手順1. Azure ロードバランサー (外部ロードバランサーまたは内部ロードバランサー) を構成します。

Azure 外部ロードバランサーを使用した高可用性セットアップの構成の詳細については、「 複数の IP アドレスと NIC を使用した高可用性セットアップを構成する」を参照してください。

Azure内部ロードバランサーを使用した高可用性セットアップの構成の詳細については、「Azure ILBでCitrix 高可用性テンプレートを使用してHA-INCノードを構成する」を参照してください。

手順2. リソースグループに追加のロードバランサー (ILB) を作成します。ステップ 1 では、外部ロードバランサーを作成した場合は、内部ロードバランサーを作成し、逆に作成します。

  • 内部ロードバランサーを作成するには、ロードバランサのタイプを [ 内部] として選択します。[ サブネット ] フィールドで、Citrix ADCクライアントサブネットを選択する必要があります。競合がない限り、そのサブネットに静的 IP アドレスを指定することもできます。それ以外の場合は、ダイナミック IP アドレスを選択します。

    内部ロードバランサーを作成する

  • 外部ロードバランサーを作成するには、ロードバランサの種類を [ パブリック ] として選択し、ここにパブリック IP アドレスを作成します。

    外部ロードバランサーを作成する

  1. Azure Load Balancer を作成したら、 フロントエンド IP 設定に移動し 、ここに示す IP アドレスを書き留めます。ステップ 3 のように ADC 負荷分散仮想サーバーを作成するときは、この IP アドレスを使用する必要があります。

    フロントエンド IP 構成

  2. Azure Load Balancer の設定ページで 、ARM テンプレートのデプロイは、LB ルール、バックエンドプール、およびヘルスプローブの作成に役立ちます。
  3. 高可用性ペアのクライアント NIC を ILB のバックエンドプールに追加します。
  4. ヘルスプローブの作成(TCP、9000 ポート)
  5. 次の 2 つのロードバランシングルールを作成します。
    • ポート 80 の HTTP トラフィック(Webapp ユースケース)の 1 つの LB ルール。ルールでは、バックエンドポート 80 も使用する必要があります。作成したバックエンドプールとヘルスプローブを選択します。フローティング IP を有効にする必要があります。
    • ポート 443 の HTTPS または CVAD トラフィックに対する別の LB ルール。プロセスは HTTP トラフィックと同じです。

手順3. Citrix ADCアプライアンスのプライマリノードで、ILBの負荷分散仮想サーバーを作成します。

  1. 負荷分散仮想サーバーを追加します。

    add lb vserver <name> <serviceType> [<ILB Frontend IP address>] [<port>]
    <!--NeedCopy-->
    

    例:

    add lb vserver vserver_name HTTP 52.172.96.71 80
    <!--NeedCopy-->
    

    注:

    ステップ 2 で作成した追加のロードバランサーに関連付けられた、ロードバランサーのフロントエンド IP アドレスを使用します。

  2. サービスを負荷分散仮想サーバーにバインドします。

    bind lb vserver <name> <serviceName>
    <!--NeedCopy-->
    

    例:

    bind lb vserver Vserver-LB-1 Service-HTTP-1
    <!--NeedCopy-->
    

詳細については、「 基本的な負荷分散の設定」を参照してください。

ステップ 4: ステップ 3 の代わりに、IPSet を使用して ILB の負荷分散仮想サーバーを作成できます。

  1. 仮想サーバー IP (VIP) タイプの IP アドレスを追加します。

    add nsip <ILB Frontend IP address> -type <type>
    <!--NeedCopy-->
    

    例:

    add nsip 52.172.96.71 -type vip
    <!--NeedCopy-->
    
  2. プライマリノードとセカンダリノードの両方に IPSet を追加します。

    add ipset <name>
    <!--NeedCopy-->
    

    例:

    add ipset ipset1
    <!--NeedCopy-->
    
  3. IP アドレスを IP セットにバインドします。

    bind ipset <name> <ILB Frontend IP address>
    <!--NeedCopy-->
    

    例:

    bind ipset ipset1 52.172.96.71
    <!--NeedCopy-->
    
  4. 既存の LB 仮想サーバーを IPSet を使用するように設定します。

    set lb vserver <vserver name> -ipset <ipset name>
    <!--NeedCopy-->
    

    例:

    set lb vserver vserver_name -ipset ipset1
    <!--NeedCopy-->
    

詳細については、「 マルチ IP 仮想サーバーの構成」を参照してください。

Azure 外部および内部ロードバランサーで同時に高可用性セットアップを構成する