Citrix ADC

OVS DPDKベースのホストインターフェイスを使用するように、KVM上のCitrix ADC VPXインスタンスを構成する

KVM(Fedora および RHOS)で実行されているCitrix ADC VPXインスタンスを、データプレーン開発キット(DPDK)とともにOpen vSwitch(OVS)を使用するように設定することで、ネットワークパフォーマンスを向上させることができます。このドキュメントでは、KVMホスト上のOVS-DPDKによって公開されるvhost-user ポートで動作するようにCitrix ADC VPXインスタンスを構成する方法について説明します。

OVS は、オープンソースの Apache 2.0 ライセンスでライセンスされている多層仮想スイッチです。DPDK は、高速パケット処理のためのライブラリとドライバのセットです。

以下のバージョンの Fedora、RHOS、OVS、および DPDK は、Citrix ADC VPX インスタンスを設定するために認定されています。

Fedora RHOS
Fedora 25 RHOS 7.4
OVS 2.7.0 OVS 2.6.1
DPDK 16.11.12 DPDK 16.11.12

前提条件

DPDKをインストールする前に、ホストに1GBの巨大なページがあることを確認してください。

詳細については、この DPDK システム要件ドキュメントを参照してください。OVS DPDKベースのホストインターフェイスを使用するようにKVMでCitrix ADC VPXインスタンスを構成するために必要な手順の概要は次のとおりです。

  • DPDKをインストールします。
  • OVSを構築し、インストールします。
  • OVSブリッジを作成します。
  • OVSブリッジに物理インターフェイスを接続します。
  • OVSデータパスにvhost-userポートを接続します。
  • OVS-DPDKベースのvhost-userポートで KVM-VPX をプロビジョニングします

DPDK のインストール

DPDK をインストールするには、この Open vSwitch with DPDK ドキュメントに記載されている指示に従ってください。

OVS のビルドとインストール

OVS のダウンロードページから OVS をダウンロードします。次に、DPDKデータパスを使用してOVSをビルドおよびインストールします。「 Open vSwitch のインストール 」ドキュメントに記載されている手順に従います。

詳細については、「 DPDK 入門ガイド for Linux」を参照してください。

OVS ブリッジの作成

必要に応じて、FedoraコマンドかRHOSコマンドを入力して、OVSブリッジを作成します。

Fedora コマンド:

> $OVS_DIR/utilities/ovs-vsctl add-br ovs-br0 -- set bridge ovs-br0 datapath_type=netdev
<!--NeedCopy-->

RHOS コマンド:

ovs-vsctl add-br ovs-br0 -- set bridge ovs-br0 datapath_type=netdev
<!--NeedCopy-->

物理インターフェイスをOVSブリッジに接続します

ポートを DPDK にバインドし、次の Fedora または RHOS コマンドを入力して OVS ブリッジにアタッチします。

Fedora コマンド:


> $OVS_DIR/utilities/ovs-vsctl add-port ovs-br0 dpdk0 -- set Interface dpdk0 type=dpdk  options:dpdk-devargs=0000:03:00.0

> $OVS_DIR/utilities/ovs-vsctl add-port ovs-br0 dpdk1 -- set Interface dpdk1 type=dpdk  options:dpdk-devargs=0000:03:00.1
<!--NeedCopy-->

RHOS コマンド:

ovs-vsctl add-port ovs-br0 dpdk0 -- set Interface dpdk0 type=dpdk  options:dpdk-devargs=0000:03:00.0


ovs-vsctl add-port ovs-br0 dpdk1 -- set Interface dpdk1 type=dpdk  options:dpdk-devargs=0000:03:00.1
<!--NeedCopy-->

オプションの一部として表示される dpdk-devargs は、それぞれの物理NICのPCI BDFを指定します。

OVSデータパスにvhost-userポートを接続する

OVSデータパスにvhost-userポートを接続するには、次の Fedora または RHOS コマンドを入力します。

Fedora コマンド:

> $OVS_DIR/utilities/ovs-vsctl add-port ovs-br0 vhost-user1 -- set Interface vhost-user1 type=dpdkvhostuser -- set Interface vhost-user1  mtu_request=9000

> $OVS_DIR/utilities/ovs-vsctl add-port ovs-br0 vhost-user2 -- set Interface vhost-user2 type=dpdkvhostuser -- set Interface vhost-user2  mtu_request=9000

chmod g+w  /usr/local/var/run/openvswitch/vhost*
<!--NeedCopy-->

RHOS コマンド:

ovs-vsctl add-port ovs-br0 vhost-user1 -- set Interface vhost-user1 type=dpdkvhostuser -- set Interface vhost-user1  mtu_request=9000

ovs-vsctl add-port ovs-br0 vhost-user2 -- set Interface vhost-user2 type=dpdkvhostuser -- set Interface vhost-user2  mtu_request=9000

chmod g+w /var/run/openvswitch/vhost*
<!--NeedCopy-->

OVS-DPDKベースのvhost-user ポートを持つ KVM-VPX のプロビジョニング

次の QEMU コマンドを使用して、CLI からのみ OVS-DPDKベースのvhost-userポートを持つ Fedora KVM 上の VPX インスタンスをプロビジョニングできます。 Fedora コマンド:

qemu-system-x86_64 -name KVM-VPX -cpu host -enable-kvm -m 4096M \

-object memory-backend-file,id=mem,size=4096M,mem-path=/dev/hugepages,share=on -numa node,memdev=mem \

-mem-prealloc -smp sockets=1,cores=2 -drive file=<absolute-path-to-disc-image-file>,if=none,id=drive-ide0-0-0,format=<disc-image-format> \

-device ide-drive,bus=ide.0,unit=0,drive=drive-ide0-0-0,id=ide0-0-0,bootindex=1 \

-netdev type=tap,id=hostnet0,script=no,downscript=no,vhost=on \

-device virtio-net-pci,netdev=hostnet0,id=net0,mac=52:54:00:3c:d1:ae,bus=pci.0,addr=0x3 \

-chardev socket,id=char0,path=</usr/local/var/run/openvswitch/vhost-user1> \

-netdev type=vhost-user,id=mynet1,chardev=char0,vhostforce -device virtio-net-pci,mac=00:00:00:00:00:01,netdev=mynet1,mrg_rxbuf=on \

-chardev socket,id=char1,path=</usr/local/var/run/openvswitch/vhost-user2> \

-netdev type=vhost-user,id=mynet2,chardev=char1,vhostforce -device virtio-net

pci,mac=00:00:00:00:00:02,netdev=mynet2,mrg_rxbuf=on \

--nographic
<!--NeedCopy-->

RHOSの場合は、次のサンプルXMLファイルを使用して、virshを使用してCitrix ADC VPXインスタンスをプロビジョニングします。

<domain type='kvm'>

  <name>dpdk-vpx1</name>

  <uuid>aedb844b-f6bc-48e6-a4c6-36577f2d68d6</uuid>

  <memory unit='KiB'>16777216</memory>

  <currentMemory unit='KiB'>16777216</currentMemory>

  <memoryBacking>

    <hugepages>

      <page size='1048576' unit='KiB'/>

    </hugepages>

  </memoryBacking>

  <vcpu placement='static'>6</vcpu>

  <cputune>

    <shares>4096</shares>

    <vcpupin vcpu='0' cpuset='0'/>

    <vcpupin vcpu='1' cpuset='2'/>

    <vcpupin vcpu='2' cpuset='4'/>

    <vcpupin vcpu='3' cpuset='6'/>

    <emulatorpin cpuset='0,2,4,6'/>

  </cputune>

  <numatune>

    <memory mode='strict' nodeset='0'/>

  </numatune>

  <resource>

    <partition>/machine</partition>

  </resource>

  <os>

    <type arch='x86_64' machine='pc-i440fx-rhel7.0.0'>hvm</type>

    <boot dev='hd'/>

  </os>

  <features>

    <acpi/>

    <apic/>

  </features>

  <cpu mode='custom' match='minimum' check='full'>

    <model fallback='allow'>Haswell-noTSX</model>

    <vendor>Intel</vendor>

    <topology sockets='1' cores='6' threads='1'/>

    <feature policy='require' name='ss'/>

    <feature policy='require' name='pcid'/>

    <feature policy='require' name='hypervisor'/>

    <feature policy='require' name='arat'/>

<domain type='kvm'>

  <name>dpdk-vpx1</name>

  <uuid>aedb844b-f6bc-48e6-a4c6-36577f2d68d6</uuid>

  <memory unit='KiB'>16777216</memory>

  <currentMemory unit='KiB'>16777216</currentMemory>

  <memoryBacking>

    <hugepages>

      <page size='1048576' unit='KiB'/>

    </hugepages>

  </memoryBacking>

  <vcpu placement='static'>6</vcpu>

  <cputune>

    <shares>4096</shares>

    <vcpupin vcpu='0' cpuset='0'/>

    <vcpupin vcpu='1' cpuset='2'/>

    <vcpupin vcpu='2' cpuset='4'/>

    <vcpupin vcpu='3' cpuset='6'/>

    <emulatorpin cpuset='0,2,4,6'/>

  </cputune>

  <numatune>

    <memory mode='strict' nodeset='0'/>

  </numatune>

  <resource>

    <partition>/machine</partition>

  </resource>

  <os>

    <type arch='x86_64' machine='pc-i440fx-rhel7.0.0'>hvm</type>

    <boot dev='hd'/>

  </os>

  <features>

    <acpi/>

    <apic/>

  </features>

  <cpu mode='custom' match='minimum' check='full'>

    <model fallback='allow'>Haswell-noTSX</model>

    <vendor>Intel</vendor>

    <topology sockets='1' cores='6' threads='1'/>

    <feature policy='require' name='ss'/>

    <feature policy='require' name='pcid'/>

    <feature policy='require' name='hypervisor'/>

    <feature policy='require' name='arat'/>

    <feature policy='require' name='tsc_adjust'/>

    <feature policy='require' name='xsaveopt'/>

    <feature policy='require' name='pdpe1gb'/>

    <numa>

      <cell id='0' cpus='0-5' memory='16777216' unit='KiB' memAccess='shared'/>

    </numa>

  </cpu>

  <clock offset='utc'/>

  <on_poweroff>destroy</on_poweroff>

  <on_reboot>restart</on_reboot>

  <on_crash>destroy</on_crash>

  <devices>

    <emulator>/usr/libexec/qemu-kvm</emulator>

    <disk type='file' device='disk'>

      <driver name='qemu' type='qcow2' cache='none'/>

      <source file='/home/NSVPX-KVM-12.0-52.18_nc.qcow2'/>

      <target dev='vda' bus='virtio'/>

      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x07' function='0x0'/>

    </disk>

    <controller type='ide' index='0'>

      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x01' function='0x1'/>

    </controller>

    <controller type='usb' index='0' model='piix3-uhci'>

      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x01' function='0x2'/>

    </controller>

    <controller type='pci' index='0' model='pci-root'/>

    <interface type='direct'>

      <mac address='52:54:00:bb:ac:05'/>

      <source dev='enp129s0f0' mode='bridge'/>

      <model type='virtio'/>

      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x03' function='0x0'/>

    </interface>

    <interface type='vhostuser'>

      <mac address='52:54:00:55:55:56'/>

      <source type='unix' path='/var/run/openvswitch/vhost-user1' mode='client'/>

      <model type='virtio'/>

      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x04' function='0x0'/>

    </interface>

    <interface type='vhostuser'>

      <mac address='52:54:00:2a:32:64'/>

      <source type='unix' path='/var/run/openvswitch/vhost-user2' mode='client'/>

      <model type='virtio'/>

      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x05' function='0x0'/>

    </interface>

    <interface type='vhostuser'>

      <mac address='52:54:00:2a:32:74'/>

      <source type='unix' path='/var/run/openvswitch/vhost-user3' mode='client'/>

      <model type='virtio'/>

      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x06' function='0x0'/>

    </interface>

    <interface type='vhostuser'>

      <mac address='52:54:00:2a:32:84'/>

      <source type='unix' path='/var/run/openvswitch/vhost-user4' mode='client'/>

     <model type='virtio'/>

      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x09' function='0x0'/>

    </interface>

    <serial type='pty'>

      <target port='0'/>

    </serial>

    <console type='pty'>

      <target type='serial' port='0'/>

    </console>

    <input type='mouse' bus='ps2'/>

    <input type='keyboard' bus='ps2'/>

    <graphics type='vnc' port='-1' autoport='yes'>

      <listen type='address'/>

    </graphics>

    <video>

      <model type='cirrus' vram='16384' heads='1' primary='yes'/>

      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x02' function='0x0'/>

    </video>

    <memballoon model='virtio'>

      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x08' function='0x0'/>

    </memballoon>

  </devices>

</domain
<!--NeedCopy-->

注意事項

XMLファイルでは、サンプルファイルに示されているように、 hugepage サイズは1GBである必要があります。

<memoryBacking>

    <hugepages>

      <page size='1048576' unit='KiB'/>

    </hugepages>
<!--NeedCopy-->

また、サンプルファイルでは、vhost-user1 は ovs-br0にバインドされたvhostユーザーポートです。

<interface type='vhostuser'>

      <mac address='52:54:00:55:55:56'/>

      <source type='unix' path='/var/run/openvswitch/vhost-user1' mode='client'/>

      <model type='virtio'/>

      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x04' function='0x0'/>

    </interface>
<!--NeedCopy-->

Citrix ADC VPXインスタンスを起動するには、 virsh コマンドの使用を開始します。

OVS DPDKベースのホストインターフェイスを使用するように、KVM上のCitrix ADC VPXインスタンスを構成する