Citrix ADC

PCIパススルーネットワークインターフェイスを使用するようにCitrix ADC VPXインスタンスを構成する

Linux-KVMプラットフォームにCitrix ADC VPXインスタンスをインストールして構成したら、仮想マシンマネージャーを使用して、PCIパススルーネットワークインターフェイスを使用するように仮想アプライアンスを構成できます。

前提条件

  • KVM ホスト上のインテル XL710 NIC (NIC) のファームウェア・バージョンは 5.04 です。
  • KVMホストは、IOMMU(Input–Output Memory Management Unit)とIntel VTをサポートし、これらはKVMホストのBIOSで有効になっています。KVM ホストで IOMMU を有効にするには、 /boot/grub2/grub.cfg ファイルに次のエントリを追加します。
  • 次のコマンドを実行して KVM ホストを再起動します。 grub2-MKConfig —o /boot/grub2/grub.cfg

仮想マシンマネージャーを使用してPCIパススルーネットワークインターフェイスを使用するようにCitrix ADC VPXインスタンスを構成するには:

  1. Citrix ADC VPXインスタンスの電源を切ります。

  2. Citrix ADC VPXインスタンスを選択し、[開く]をクリックします。

    SR-IOV の設定

  3. KVM> のvirtual_machine ウィンドウで、 i アイコンをクリックします。

    KVM で仮想マシンを構成する

  4. [ハードウェアの追加]をクリックします。

  5. [新しい仮想ハードウェアの追加] ダイアログボックスで、次の操作を行います。

    a. [PCI ホストデバイス] を選択します。

    b. [ホストデバイス] セクションで、インテル XL710 物理機能を選択します。

    c.[完了] をクリックします。

    PCI ホスト設定

  6. 手順 45 を繰り返して、インテル XL710 物理関数を追加します。

  7. Citrix ADC VPXインスタンスの電源を入れます。

  8. Citrix ADC VPXインスタンスの電源が入ったら、次のコマンドを使用して構成を確認できます。

    SR-IOV コマンドの設定

    出力には、設定したすべてのインターフェイスが表示されている必要があります。

    インターフェイスの概要を表示

PCIパススルーネットワークインターフェイスを使用するようにCitrix ADC VPXインスタンスを構成する

この記事の概要