Citrix ADC

DNS リソースレコードを構成する

Citrix® ADCアプライアンスをゾーンのADNSサーバーとして構成するときに、リソースレコードを構成します。リソースレコードが、アプライアンスが DNS プロキシサーバーであるゾーンに属している場合は、アプライアンスでリソースレコードを設定することもできます。アプライアンスでは、次のレコードタイプを設定できます。

  • サービス記録
  • AAAA レコード
  • 住所レコード
  • メール交換レコード
  • ネームサーバーレコード
  • カノニカルレコード
  • ポインターレコード
  • NAPTR レコード
  • 権限記録の開始
  • テキストレコード
  • 認証局認証 (CAA) レコード

次の表に、Citrix ADCアプライアンスのドメイン名レコードに対して構成できるレコードタイプを示します。たとえば、1 つのレコードに対して最大 25 個の IP アドレスを設定できます。

表1. レコードタイプと番号は設定可能

レコードタイプ レコード数
住所 (A) 25
IPv6 (AAAA) 5
メール交換 (MX) 12
ネームサーバー (NS) 16
サービス (SRV) 8
ポインター (PTR) 20
正規名 (CNAME) 1
権限の開始 (SOA) 1
テキスト (TXT) 20
命名機関ポインタ (NAPTR) 20
認証局認証 (CAA) 20

注:

特定のホスト名の IP アドレスの最大数は 25 です。ただし、異なる住所レコードの数は 25 を超える場合があります。

DNS リソースレコードを構成する

この記事の概要