Citrix ADC

DNS サフィックスの設定

名前解決中にCitrix ADCアプライアンスが完全修飾されていないドメイン名を完成できるようにするDNSサフィックスを構成できます。たとえば、完全修飾されていないドメイン名abcを解決するときに、DNSサフィックスexample.comが構成されている場合、アプライアンスはサフィックスをドメイン名に追加します。次に、ドメイン名を解決します。この場合、abc.example.comを解決します。DNSサフィックスが設定されていない場合、アプライアンスは完全修飾されていないドメイン名にピリオドを追加し、ドメイン名を解決します。

DNS サフィックスの作成

DNSサフィックスは重要であり、Citrix ADCがエンドリゾルバまたはフォワーダとして構成されている場合にのみ有効です。最大 127 文字の接尾辞を指定できます。

注: DNS サフィックスの順序は重要です。ADCアプライアンスは、設定されたサフィックスをシリアル順に試み、サフィックスの応答が成功すると停止します。

CLI を使用して DNS サフィックスを作成する

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、DNS サフィックスを作成し、構成を確認します。

-  add dns suffix <dnsSuffix>
-  show dns suffix <dnsSuffix>

例:

> add dns suffix example.com
 Done
> show dns suffix example.com
1)      Suffix: example.com
Done

Citrix ADCコマンドラインを使用してDNSサフィックスを削除するには、コマンドプロンプトで、 rm dns suffix コマンドとDNSサフィックスの名前を入力します。

GUI を使用して DNS サフィックスを作成する

[トラフィック管理] > [DNS] > [DNS サフィックス] に移動し、DNS サフィックスを作成します。

DNS サフィックスの設定