Citrix ADC

Citrix ADC がゾーンに対して権限を持つ場合に DNSSEC を構成する

Citrix ADCが特定のゾーンに対して権限を持つ場合、ゾーン内のすべてのリソースレコードがADC上で構成されます。権限のあるゾーンに署名するには、ゾーンのゾーン署名キーとキー署名キーを作成し、キーをADCに追加してから、ゾーンに署名する必要があります。詳しくは、次のトピックを参照してください:

ADCで構成されたGSLBドメインが署名されているゾーンに属している場合、GSLBドメイン名は、ゾーンに属する他のレコードとともに署名されます。

ゾーンに署名した後、DNSSEC 対応クライアントからの要求に対する応答には、RRSIG リソースレコードと、要求されたリソースレコードが含まれます。DNSSECはADCで有効にする必要があります。DNSSEC の有効化の詳細については、DNSSEC の有効化および無効化を参照してください

最後に、DNSSECを権限ゾーン用に構成したら、Citrix ADC構成を保存する必要があります。

Citrix ADC がゾーンに対して権限を持つ場合に DNSSEC を構成する