Citrix ADC

Citrix ADCアプライアンスはネットワークのどこに適合しますか?

NetScalerアプライアンスはクライアントとサーバーの間に設置され、クライアント要求とサーバー応答はCitrix ADCアプライアンスを経由します。一般的な設置では、アプライアンス上で構成された仮想サーバーによって接続ポイントが提供され、クライアントはこれを使用してアプライアンスの背後にあるアプリケーションにアクセスします。この場合、アプライアンスは仮想サーバーに関連付けられたパブリックIPアドレスを所有し、実際のサーバーはプライベートネットワーク内で分離されています。また、アプライアンスをL2ブリッジやL3ルーターとして透過モードで動作させたり、これらのモードとそのほかのモードの特徴を組み合わせたりできます。

物理的な展開モード

クライアントとサーバーの間に論理的に設置されるCitrix ADCアプライアンスは、インラインまたはワンアームのいずれかの物理モードで展開できます。インラインモードでは、複数のネットワークインターフェイスが異なるEthernetセグメントに接続され、アプライアンスはクライアントとサーバーの間に配置されます。アプライアンスは、各クライアントネットワークに対する個別のネットワークインターフェイスと、各サーバーネットワークに対する個別のネットワークインターフェイスを持ちます。この構成では、アプライアンスとサーバーを異なるサブネット上に配置できます。アプライアンスのL4~L7機能を透過的に利用して、サーバーをパブリックネットワーク内に配置し、クライアントがアプライアンスを介してサーバーに直接アクセスするよう構成できます。通常は、実際のサーバーを抽象化した仮想サーバー(後述)を構成します。次の図は、一般的なインライン展開の例を示しています。

図1:インライン展開

image

ワンアームモードでは、アプライアンスの1つのネットワークインターフェイスのみが、Ethernetセグメントに接続されます。この場合のアプライアンスは、ネットワークのクライアント側とサーバー側を分離せずに、構成済みの仮想サーバーを介してアプリケーションへのアクセスを提供します。一部の環境では、ワンアームモードを使用すると、Citrix ADCの設定に必要なネットワーク変更を簡略化することができます。

インライン(ツーアーム)およびワンアーム展開の例については、一般的なネットワークトポロジを理解するを参照してください。

L2デバイスとしてのCitrix ADC

L2デバイスとして機能するCitrix ADCアプライアンスは、L2モードで動作すると言われています。L2モードでは、以下のすべての条件が満たされている場合に、ADCアプライアンスがネットワークインターフェイス間でパケットを転送します。

  • パケットの宛先が、別のデバイスのMAC(Media Access Control:メディアアクセスコントロール)アドレスである。
  • 宛先MACアドレスが別のネットワークインターフェイス上にある。
  • ネットワークインターフェイスが、同じVLAN(Virtual LAN:仮想LAN)のメンバーである。

デフォルトでは、すべてのネットワークインターフェイスが定義済みVLAN(VLAN 1)のメンバーになります。ARP(Address Resolution Protocol:アドレス解決プロトコル)要求および応答は、同じVLANのメンバーであるすべてのネットワークインターフェイスに転送されます。ブリッジループを避けるため、別のL2デバイスがCitrix ADCアプライアンスと並行して動作している場合、L2モードを無効にする必要があります。

L2モードとL3モードがどのように相互作用するかについては、パケット転送モードを参照してください。

L2モードの構成については、パケット転送モードの「レイヤー2モードの有効化と無効化」を参照してください。

パケット転送デバイスとしてのCitrix ADC

Citrix ADCアプライアンスは、パケット転送デバイスとして機能できます。この動作モードはL3モードと呼ばれます。L3モードを有効にすると、アプライアンスに属してないIPアドレス宛のすべてのユニキャストパケットがその宛先に転送されます。アプライアンスは、VLAN間でパケットをルーティングすることもできます。

通常、L2とL3のどちらの動作モードでも、以下に含まれるパケットはアプライアンスによりドロップされます。

  • マルチキャストフレーム
  • アプライアンスのMACアドレス(非IPかつ非ARP)宛の不明なプロトコルフレーム
  • スパニングツリープロトコル(BridgeBPDUがオンになっていない場合)

L2モードとL3モードがどのように相互作用するかについては、 パケット転送モードを参照してください。

L3モードの構成について詳しくは、「パケット転送モード」を参照してください。

Citrix ADCアプライアンスはネットワークのどこに適合しますか?