Citrix ADC

メトリック交換プロトコルの構成

GSLBセットアップのデータセンターは、Citrix ADCアプライアンスの独自のプロトコルであるメトリック交換プロトコル(MEP)を介して相互にメトリックを交換します。メトリック情報の交換は、GSLB サイトの作成時に開始されます。これらのメトリックは、ロード、ネットワーク、およびパーシステンス情報で構成されます。

MEP は、データセンターの可用性を確保するためにデータセンターの健全性チェックに必要です。ネットワークメトリックスを交換するための接続(ラウンドトリップ時間)は、交換に関係するいずれかのデータセンターから開始できますが、サイトメトリックスを交換するための接続は、常に下位の IP アドレスを持つデータセンターによって開始されます。デフォルトでは、データセンターはサブネット IP アドレス(SNIP)を使用して、別のデータセンターの IP アドレスへの接続を確立します。ただし、メトリック交換のソース IP アドレスとして、特定の SNIP、仮想 IP(VIP)アドレス、または NSIP アドレスを構成できます。GSLBサイト間の通信プロセスではTCPポート3011または3009が使用されるため、このポートはCitrix ADCアプライアンス間のファイアウォールで開く必要があります。

注:SNIP または GSLB サイトの IP アドレスは、メトリック交換のソース IP アドレスとして設定できます。詳しくは、「RPC ノードの送信元 IP アドレスを構成する」を参照してください。

送信元サイトとターゲットサイト(MEP 接続を開始するサイト、および接続要求を受信するサイト)にプライベート IP アドレスとパブリック IP アドレスの両方が設定されている場合、サイトはパブリック IP アドレスを使用して MEP 情報を交換します。

GSLB サービスのモニタリング」で説明されているように、モニタをバインドしてリモートサービスの健全性をチェックすることもできます。モニタがバインドされている場合、メトリック交換はリモートサービスの状態を制御しません。モニタがリモートサービスにバインドされ、メトリック交換が有効になっている場合、モニタは健全性ステータスを制御します。モニターをリモートサービスにバインドすると、Citrix ADCアプライアンスが非シトリックスADC負荷分散デバイスと対話できるようになります。Citrix ADCアプライアンスは、非シトリックスADCデバイスを監視できますが、モニターがすべてのGSLBサービスにバインドされ、静的負荷分散方法(ラウンドロビン、静的近接、ハッシュベースの方法など)のみが使用されない限り、それらのデバイスで負荷分散を実行できません。 。

NetScaler リリース11.1.51.x以降では、不要なサービスの中断を回避するために、MEP接続がダウンしたときにGSLBサービスをDOWNとしてマークする時間遅延を設定できます。

高可用性セットアップでのMEP状態

高可用性セットアップでは、プライマリノードがリモートサイトとの接続を確立し、MEP状態がプライマリノードからセカンダリノードに同期されません。したがって、セカンダリノードのMEP状態はDOWNのままです。セカンダリノードがプライマリになると、新しいGSLBサイトとのMEP接続を確立し、それに応じてMEPの状態を更新します。

サイトメトリックス交換を有効にする

GSLBサイト間で交換されるサイトメトリックには、各負荷分散の状態、コンテンツスイッチング仮想サーバーの状態、現在の接続数、現在のパケットレート、および現在の帯域幅の使用状況に関する情報が含まれます。

Citrix ADCアプライアンスは、サイト間の負荷分散を実行するためにこの情報を必要とします。サイトメトリック交換間隔は 1 秒です。リモートGSLBサービスをローカルGSLB仮想サーバーにバインドして、リモートサービスとのサイトメトリックの交換を有効にする必要があります。

コマンドラインインターフェイスを使用してサイトメトリック交換を有効または無効にするには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、サイトメトリック交換を有効または無効にし、構成を確認します。

set gslb site <siteName> -metricExchange (ENABLED|DISABLED)
show gslb site** <siteName>

例:

set gslb site Site-GSLB-East-Coast -metricExchange ENABLED
set gslb site Site-GSLB-East-Coast -metricExchange DISABLED
show gslb site Site-GSLB-East-Coast

GUI を使用してサイトメトリック交換を有効または無効にするには

  1. トラフィック管理 」>「 GSLB 」>「 サイト 」に移動し、サイトを選択します。
  2. [GSLB サイトの構成] ダイアログボックスで、[メトリック交換] オプションを選択します。

ネットワークメトリック交換を有効にする

GSLB サイトでラウンドトリップ時間 (RTT) 負荷分散方式を使用している場合は、クライアントのローカル DNS サービスに関する RTT 情報の交換を有効または無効にできます。この情報は 5 秒ごとに交換されます。

GSLB 方式を RTT に基づく方式に変更する方法の詳細については、「GSLB メソッド」を参照してください。

コマンドラインインターフェイスを使用してネットワークメトリック情報の交換を有効または無効にするには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、ネットワークメトリック情報の交換を有効または無効にし、構成を確認します。

set gslb site <siteName> -nwmetricExchange (ENABLED|DISABLED)
show gslb site <<siteName>

例:

set gslb site Site-GSLB-East-Coast -nwmetricExchange ENABLED
set gslb site Site-GSLB-East-Coast -nwmetricExchange DISABLED
show gslb site Site-GSLB-East-Coast

GUI を使用してネットワークメトリック情報交換を有効または無効にするには

  1. [トラフィック管理] > [GSLB] > [サイト] に移動します。
  2. [GSLB サイトの構成] ダイアログボックスで、[ネットワークメトリック交換] オプションを選択します。

MEP 接続が DOWN になったときに GSLB サービスが DOWN としてマークされるまでの遅延時間の設定

リモートサイトへの MEP 接続のステータスが DOWN に変わると、そのリモートサイト上のすべての GSLB サービスのステータスは DOWN としてマークされますが、サイトは実際に DOWN ではない可能性があります。

サイトが DOWN としてマークされる前に、MEP 接続を再確立するための遅延を設定できるようになりました。遅延が期限切れになる前に MEP 接続が UP 状態に戻った場合、サービスは影響を受けません。

たとえば、遅延 10 を設定すると、MEP 接続が 10 秒間ダウンされるまで、GSLB サービスは DOWN としてマークされます。MEP 接続が 10 秒以内に UP に戻った場合、GSLB サービスは UP 状態のままになります。

:この遅延は、モニタにバインドされていないサービスにのみ適用されます。遅延はトリガーモニタには影響しません。

コマンドラインインターフェイスを使用して遅延時間を設定するには

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。

set gslb parameter** - GSLBSvcStateDelayTime <sec>

例:

gslb パラメータを設定する -GSLBSvc状態遅延時間 10

階層展開(親子トポロジ)で、親サイトと子サイトの両方でGSLBサービスを構成する場合は、親サイトと子サイトの両方でGSLBパラメーターを設定します。子サイトでGSLBサービスを構成しない場合は、親サイトでのみGSLBパラメーターを設定してください。

GUI を使用して遅延時間を設定するには

  1. [設定] > [トラフィック管理] > [GSLB] > [GSLB 設定の変更] に移動します。
  2. [GSLB サービス状態遅延時間 (秒)] ボックスに、遅延時間を秒単位で入力します。

パーシステンス情報交換の有効化

Citrix ADCアプライアンスを構成して、グループ内の任意の仮想サーバーへのクライアント転送を、同じクライアントから以前の転送を受信したサーバーに送信できるようにすることができます。

各サイトでパーシステンス情報の交換を有効または無効にできます。この情報は、GSLBに参加しているCitrix ADCアプライアンス間で5秒に1回交換されます。

バックアップパーシステンスの設定については、持続的接続の構成を参照してください。

コマンドラインインターフェイスを使用してパーシステンス情報の交換を有効または無効にするには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、パーシステンス情報交換を有効または無効にし、構成を確認します。

set gslb site <siteName> -sessionExchange (ENABLED|DISABLED)
show gslb site** <siteName>

例:

set gslb site Site-GSLB-East-Coast -sessionExchange  ENABLED
set gslb site Site-GSLB-East-Coast -sessionExchange  DISABLED
show gslb site Site-GSLB-East-Coast

GUI を使用してパーシステンス情報の交換を有効または無効にするには

  1. トラフィック管理 」>「 GSLB 」>「 サイト 」に移動し、サイトをダブルクリックします。
  2. [GSLBサイト の構成]ダイアログボックスで、[永続セッションエントリ交換] チェックボックスをオンまたはオフにします。