Citrix ADC

GSLB 設定の同期化のための SNMP トラップ

Citrix ADC 12.1ビルド49.xx以降、Citrix ADCアプライアンスは、GSLB構成を同期するときに、ローカルサイトとリモートサイトの両方に対してSNMPトラップを生成します。SNMP トラップは、手動同期とリアルタイム同期の両方に対して生成されます。

GSLB 設定を初めて同期すると、SNMP トラップが生成されます。以降の同期試行では、以前の同期ステータスから同期ステータスが変更された場合にのみ、SNMP トラップが生成されます。また、SNMP トラップは、同期ステータスが以前の状態から変更されたサイトに対してのみ生成されます。

たとえば、最初の GSLB 設定の同期が成功したとします。構成を 2 回目に同期し、同期が再び成功した場合、ステータスが変更されないため、SNMP トラップは生成されません。ただし、3 回目の試行では、いずれかのサイトで同期が失敗すると、そのサイトだけに SNMP トラップが生成されます。

高可用性とクラスタのセットアップでは、以前の同期ステータスに関係なく、新しいノードからGSLB設定を同期すると、アプライアンスはSNMPトラップを生成します。また、SNMP トラップオプションが以前に無効になってから有効になっている場合、以前の同期ステータスに関係なく、その時点から SNMP トラップが生成されます。

GSLB 設定同期の SNMP トラップは、次の詳細を提供します。

  • SNMP トラップが送信される GSLB サイトの名前。
  • GSLB 設定の同期ステータス:成功または失敗。
  • GSLB 構成同期モード:インクリメンタル同期または完全同期。
  • (任意)SNMP トラップに関する詳細情報。

SNMP トラップは、次のシナリオで生成されます。

  • GSLB サイトの GSLB 同期ステータスは、[成功] から [失敗]、逆に反転します。
  • GSLB 同期モードは、増分同期から完全同期に変更され、逆に変化します。

注:

差分同期が有効になっている場合でも、何らかの理由でGSLBサイトで完全同期が実行された場合、完全同期の理由は、トラップメッセージの「詳細情報」セクションに記載されています。たとえば、新しい GSLB サイトが GSLB 構成に追加された場合などです。

SNMP トラップメッセージの例

次の図に、gslb_site2 の SNMP トラップの例を示します。このトラップでは、完全同期モードを使用して GSLB 構成の同期が成功します。

完全同期を正常に実行するための SNMP トラップメッセージ

次の図に、gslb_site2 の SNMP トラップの例を示します。この場合、インクリメンタル同期モードを使用して GSLB 構成の同期が正常になります。

インクリメンタル同期モードが正常に実行される SNMP トラップメッセージ

次の図に、差分同期モードを使用した GSLB 設定の同期が失敗する gslb_site2 の SNMP トラップの例を示します。エラーメッセージは、同期を完了するために手動でエラーを修正する必要があることを示します。

インクリメンタル同期の失敗

次の図に、差分同期モードを使用した GSLB 設定の同期が失敗する gslb_site2 の SNMP トラップの例を示します。また、同期が失敗した理由、つまりサイトモニターがダウンしている理由も示します。

サイトがダウンしているときの差分同期の失敗

GSLB 設定の同期化のための SNMP トラップ