Citrix ADC

ライセンスを割り当てて適用する

Citrix MPXおよびVPX ADC GUIでは、ハードウェアシリアル番号(HSN)またはライセンスアクセスコードを使用してライセンスを割り当てることができます。または、ローカルコンピューターにライセンスが既に存在する場合は、それをアプライアンスにアップロードできます。

ライセンスの返却や再割り当てなど、他のすべての機能については、ライセンスポータルを使用する必要があります。オプションで、ライセンスの割り当てにライセンスポータルを引き続き使用できます。詳細については、「 citrix.com の [My Account] でライセンスの管理を使用する」を参照してください。

Citrixライセンスガイド

Citrixライセンスガイドでは、Citrix ADCアプライアンスへのライセンスのインストールおよび他のCitrix製品へのライセンスのインストールについても説明しています。詳細については、「 Citrix ライセンスガイド」を参照してください。

前提条件

高可用性ペアのアプライアンスごとに個別のライセンスを購入します。同じタイプのライセンスが両方のアプライアンスにインストールされていることを確認してください。たとえば、あるアプライアンスのプレミアムライセンスを購入する場合、もう一方のアプライアンス用に別のプレミアムライセンスを購入する必要があります。

ハードウェアシリアル番号またはライセンスアクセスコードを使用してライセンスを割り当てるには、次の手順を実行します。

  • アプライアンスを介してパブリックドメインにアクセスできる必要があります。たとえば、アプライアンスは www.citrix.com にアクセスできる必要があります。ライセンス割り当てソフトウェアは、ライセンスのCitrix ライセンスポータルに内部的にアクセスします。パブリックドメインにアクセスするには:

    • プロキシサーバーを使用するか、DNS サーバーを設定します。
    • Citrix ADCアプライアンスでCitrix ADC IP(NSIP)アドレスまたはサブネットIP(SNIP)アドレスを構成します。
  • ライセンスはハードウェアにリンクされているか、有効なライセンスアクセスコードを持っている必要があります。ライセンスを購入すると、Citrix からライセンスアクセスコードが電子メールで送信されます。

GUI を使用してライセンスを割り当てる

ライセンスがすでにハードウェアにリンクされている場合は、ライセンス割り当てプロセスでハードウェアシリアル番号を使用できます。それ以外の場合は、ライセンスアクセスコードを入力する必要があります。

展開の必要に応じて、ライセンスを部分的に割り当てることができます。たとえば、ライセンスファイルに 10 個のライセンスが含まれていて、現在の要件が 6 つのライセンスだけである場合、ここで 6 つのライセンスを割り当てて、後でさらにライセンスを割り当てることができます。ライセンスファイルに存在するライセンスの合計数を超えるライセンスを割り当てることはできません。

ライセンスを割り当てるには

  1. WebブラウザーにCitrix ADCアプライアンスのIPアドレスを入力します(例:http://192.168.100.1)。

  2. [User Name] ボックスと [Password] ボックスに管理者資格情報を入力します。

  3. [Configuration] タブで、[System]>[Licenses] の順に移動します。

  4. 詳細ウィンドウで、[ ライセンスの管理]、[ 新しいライセンスの追加] の順にクリックし、次のいずれかのオプションを選択します。

    • シリアル番号を使用:ソフトウェアはアプライアンスのシリアル番号を内部的に取得し、この番号を使用してライセンスを表示します。

    • ライセンスアクセスコードを使用する:Citrix は、購入したライセンスのライセンスアクセスコードを電子メールで送信します。テキストボックスにライセンスアクセスコードを入力します。

      Citrix ADCアプライアンスでインターネット接続を構成しない場合は、プロキシサーバーを使用できます。[Connect through Proxy Server] チェックボックスを選択し、プロキシサーバーのIPアドレスとポートを指定します。

  5. [Get Licenses] をクリックします。選択したオプションに応じて、次のいずれかのダイアログボックスが表示されます。

    • [ハードウェアシリアル番号] を選択した場合は、次のダイアログボックスが表示されます。

      Allocate-license-1

    • ライセンスアクセスコードを選択した場合は、次のダイアログボックスが表示されます。

      Allocate-license-2

  6. ライセンスの割り当てに使用するライセンスファイルを選択します。

  7. [ Allocate ] 列に、割り当てるライセンスの数を入力します。次に、[ 取得] をクリックします。

    • ハードウェアシリアル番号(Hardware Serial Number)を選択した場合は、次のスクリーンショットに示すように、ライセンス数を入力します。

      Allocate-license-3

    • ライセンスアクセスコードを選択した場合は、次のスクリーンショットに示すように、ライセンス数を入力します。

      Allocate-license-4

  8. ライセンスを有効にするには、[restart]をクリックします。

  9. 再起動ダイアログボックスで、 「OK」 をクリックして変更を続行するか、「 閉じる 」をクリックして変更をキャンセルします。

    Allocate-license-5

ライセンスをインストールする

ライセンスポータルにアクセスしてライセンスファイルをローカルコンピュータにダウンロードした場合は、ライセンスをアプライアンスにアップロードする必要があります。

GUI を使用してライセンスファイルをインストールするには

  1. WebブラウザーにCitrix ADCアプライアンスのIPアドレスを入力します(例:http://192.168.100.1)。
  2. [User Name] ボックスと [Password] ボックスに管理者資格情報を入力します。
  3. [ 構成 ] タブで、[システムライセンス] に移動します。
  4. 詳細ペインで、[Manage Licenses] をクリックします。
  5. [Add New License] をクリックし、[Upload license files from a local computer] を選択します。
  6. [Browse] をクリックします。ライセンスファイルの場所に移動し、ライセンスファイルを選択して、[Open] をクリックします。
  7. [restart]をクリックしてライセンスを適用します。
  8. 再起動ダイアログボックスで、 「OK」 をクリックして変更を続行するか、「 閉じる 」をクリックして変更をキャンセルします。

CLI を使用してライセンスをインストールするには

  1. PuTTY などの SSH クライアントを使用して、ADC アプライアンスへの SSH 接続を開きます

  2. 管理者の資格情報を使用して ADC アプライアンスにログオンします。

  3. シェルプロンプトに切り替え、nsconfigディレクトリにライセンスサブディレクトリを作成します(存在しない場合)。このディレクトリに 1 つ以上の新しいライセンスファイルをコピーします。

    login: nsroot
    Password: nsroot
    Last login: Mon Aug  4 03:37:27 2008 from 10.102.29.9
    Done
    > shell
    Last login: Mon Aug  4 03:51:42 from 10.103.25.64
    root@ns# mkdir /nsconfig/license
    root@ns# cd /nsconfig/license
    <!--NeedCopy-->
    

    1 つ以上の新しいライセンスファイルをこのディレクトリにコピーします。

    Citrix ADCアプライアンスは、コマンドラインインターフェイスを使用してライセンスをインストールするときに、再起動オプションの入力を求めません。reboot-w コマンドを実行してシステムをウォームリスタートするか、restart コマンドを実行してシステムを正常に再起動します。

ライセンスされた機能を確認する

機能を使用する前に、ライセンスがその機能をサポートしていることを確認してください。

CLI を使用してライセンスされた機能を確認するには

  1. PuTTY などの SSH クライアントを使用して、ADC アプライアンスへの SSH 接続を開きます

  2. 管理者の資格情報を使用して ADC アプライアンスにログオンします。

  3. コマンドプロンプトで sh ns license コマンドを入力して、ライセンスでサポートされている機能を表示します。

    sh ns license
            License status:
                               Web Logging: YES
                          Surge Protection: YES
                            .......
    
                            Responder: YES
     Done
    <!--NeedCopy-->
    

GUI を使用してライセンスされた機能を確認するには

  1. Web ブラウザで、ADC アプライアンスの IP アドレス(http://192.168.100.1など)を入力します。
  2. [User Name] ボックスと [Password] ボックスに管理者資格情報を入力します。
  3. [ユーザー名] と [パスワード] を入力し、[ ログイン] をクリックします。
  4. ナビゲーションウィンドウで、[ システム] を展開し、[ ライセンス] をクリックします。ライセンスされた機能の横に緑色のチェックマークが表示されます。

機能を有効または無効にする

Citrix ADCアプライアンスを初めて使用するときは、その機能を使用する前に機能を有効にする必要があります。機能をイネーブルにする前に設定すると、警告メッセージが表示されます。設定は保存されますが、機能が有効になった後にのみ適用されます。

CLI を使用して機能を有効にするには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、機能を有効にして構成を確認します。

  • 機能を有効にする\ <FeatureName\ >

  • show feature

     enable feature lb cs
     done
      >show feature
    
             Feature                        Acronym              Status
             -------                        -------              ------
      1)     Web Logging                    WL                   OFF
      2)     Surge Protection               SP                   ON
      3)     Load Balancing                 LB                   ON
      4)     Content Switching              CS                   ON
      5)     Cache Redirection              CR                   ON
      .
      .
      .
      24)    NetScaler Push                 push                 OFF
      Done
     <!--NeedCopy-->
    

    次に、負荷分散(lb)とコンテンツスイッチング(cs)を有効にする例を示します。

    特定の機能でライセンスキーを使用できない場合、その機能について次のエラーメッセージが表示されます。

    エラー:機能がライセンスされていません

    注:オプション機能を有効にするには、機能固有のライセンスが必要です。たとえば、Citrix NetScaler アドバンスドエディションのライセンスを購入してインストールしたとします。ただし、統合キャッシュ機能を有効にするには、AppCache ライセンスを購入してインストールする必要があります。

CLI を使用して機能を無効にするには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、機能を無効にし、構成を確認します。

  • 機能を無効にする\ <FeatureName\ >

  • show feature

    次に、負荷分散(LB)を無効にする例を示します。

     > disable feature lb
      Done
     > show feature
    
             Feature                        Acronym              Status
             -------                        -------              ------
      1)     Web Logging                    WL                   OFF
      2)     Surge Protection               SP                   ON
      3)     Load Balancing                 LB                   OFF
      4)     Content Switching              CS                   ON
      .
      .
      .
      24)    NetScaler Push                 push                 OFF
      Done
     >
     <!--NeedCopy-->
    

ライセンスの有効期限情報を確認する

Citrix ADCライセンスの有効期限情報は、GUIまたはCLIで確認できます。

GUIを使用してCitrix ADCライセンスの有効期限情報を確認するには:

設定 > システム > ライセンスに移動します

ライセンス

GUI アラートは、ADC ライセンスの有効期限が 30 日以下の場合に表示されます。

アラート

CLI を使用してライセンスの有効期限情報を確認するには、次の手順を実行します。

コマンド「show ns license」を入力します。

> sh license
    License status:

    Web Logging: YES
    Surge Protection: YES

    Web Logging: YES
    Surge Protection: YES

    …

Days to expiry: 204

Done
>
<!--NeedCopy-->

ライセンスの有効期限が切れると、Citrix ADCアプライアンスはSNMPアラーム「NS_LICENSE_EXPIRY」を生成し、有効期限イベントがコンソールに記録されます。

ライセンスの有効期限が切れると、Citrix ADCアプライアンスは自動的に再起動してライセンスを取り消します。Citrix ADCアプライアンスがCitrix サービスプロバイダー(CSP)ライセンスを使用している場合、アプライアンスは自動的に再起動してライセンスを取り消しません。ただし、ユーザーがアプライアンスを再起動すると、ライセンスなしとして再起動します。

ライセンスをアップグレードする

大容量のライセンスを購入することで、Citrix ADCアプライアンスをあるファミリエディションから別のファミリエディションに、およびある容量範囲から別の容量範囲にアップグレードできます。

アップグレードには次の2つのタイプがあります。

  • エディションのアップグレード:スタンダードからアドバンス、スタンダードからプレミアム、アドバンスからプレミアム。エディションのアップグレードは、同じ帯域幅内である必要があります。

  • 容量のアップグレード:vCPUと帯域幅の両方について、容量を小さいものから大きいものにアップグレードできます。容量のアップグレードは、同じエディション(スタンダード、アドバンス、プレミアム)でのみ実行できます。

キャパシティとエディションの両方をアップグレードする場合は、まずキャパシティをアップグレードし、アプライアンスを再起動してから、エディションをアップグレードします。

例:VPX 10 Mbps スタンダードエディションのライセンスをVPX 200 Mbps プレミアムエディションにアップグレードするには、アップグレードを 2 つのステップで実行する必要があります。

  • VPXは10Mbps Standard Editionから200Mbps Standard Editionにアップグレードする。
  • VPXは200Mbps Standard Editionから200Mbpsプレミアムエディションにアップグレードする。

Citrix Application Delivery Management(ADM)を使用して、共通の帯域幅とインスタンスプールで構成されるライセンスフレームワークを作成できます。詳細については、「 Citrix ADCプール容量」を参照してください。

関連リソース