Citrix ADC

負荷分散

負荷分散機能は、Web ページおよびその他の保護されたアプリケーションに対するユーザー要求を、すべて同じコンテンツをホスト(またはミラー)する複数のサーバーに分散します。負荷分散は、主に使用頻度の高いアプリケーションへのユーザー要求を管理するために使用します。これにより、パフォーマンスの低下や停止を防ぎ、保護されたアプリケーションにユーザーがアクセスできるようになります。ロードバランシングは、フォールトトレランスも提供します。保護されたアプリケーションをホストする 1 つのサーバが使用できなくなると、この機能により、同じアプリケーションをホストする他のサーバにユーザ要求が分散されます。

ロードバランシング機能は、次のように設定できます。

  • 特定の保護された Web サイト、アプリケーション、またはリソースに対するすべての要求を、同じ構成の 2 つ以上のサーバー間で分散します。
  • いくつかの異なるアルゴリズムのいずれかを使用して、現在のユーザー接続数が最も少ないサーバーや負荷が最も軽いサーバーなど、さまざまな要因に基づいて各受信ユーザー要求を受信する必要があるサーバーを特定します。

負荷分散機能は、Citrix ADCアプライアンスのコア機能です。ほとんどのユーザーは、まず動作中の基本構成をセットアップしてから、接続の永続性などのさまざまな設定をカスタマイズします。さらに、障害からの構成の保護、クライアントトラフィックの管理、サーバーの管理と監視、および大規模な展開の管理のための機能を構成できます。

負荷分散