Citrix ADC

HTTP/2 サービスモニタリング

Citrix ADCアプライアンスは、HTTP/2サービスのヘルスステータスを監視するためのHTTP/2モニターをサポートしています。

HTTP/2 モニタは、2 つの異なる方法で設定できます。トラフィックタイプに応じて、HTTP/2 モニタを設定できます。

  • HTTP/2 ダイレクト。HTTP/2 Direct は、非セキュアな HTTP/2 サービスを監視するように設定できます。
  • HTTP/2 SSL。SSL を介したセキュアなトラフィックをモニタリングするために HTTP/2 SSL を設定できます。HTTP/2 で secure flag パラメータを有効にして、SSL トラフィックを監視します。

http2direct と http2ssl は、HTTP/2 プロトコルでサポートされている 2 つの異なる組み込みモニターです。

次の表に、各タイプに関連付けられた構成タイプ、およびモニタリングプロセスを示します。

構成タイプ プローブ 成功基準
HTTP/2 ダイレクト TCP 接続; HTTP2 接続の序文 & 設定ネゴシエーション; HTTP2 要求 HTTP/2 応答ステータスコードは、設定されたレスポンスコードと一致する必要があります。
HTTP/2 SSL TCP 接続; SSL ハンドシェイク; HTTP2 接続の序文と設定ネゴシエーション; HTTP2 要求 サーバーは常に HTTP/2プロトコルでALPNを選択する必要があり、HTTP/2 応答ステータスコードは、設定された応答コードと一致する必要があります。

CLI を使用して HTTP/2 モニタをサービスにバインドする

コマンドプロンプトで入力します。

  • bind service <servicename> -monitorName <name>
  • bind service <servicename> -monitorName <name>

例:

  • bind service s1 -monitorName http2direct
  • bind service s2 -monitorName http2ssl
HTTP/2 サービスモニタリング