Citrix ADC

LDAP サービスの監視

Citrix ADCアプライアンスには、LDAPサービスの監視に使用できる1つのモニターが内蔵されています。LDAPモニターです。認証と検索クエリの送信によって、バインドされている LDAP サービスを定期的にチェックします。検索が成功すると、サービスはUPとマークされます。LDAP サーバがエントリを見つけられない場合、LDAP モニタに障害メッセージが送信され、サービスに DOWN とマークされます。

LDAP モニタを設定して、クエリの送信時に実行する必要のある検索を定義します。Base DN パラメータを使用して、LDAP サーバーがテストクエリを開始する必要があるディレクトリ階層内の場所を指定できます。Attribute パラメーターを使用して、ターゲットエンティティの属性を指定できます。

注:監視プローブは、NSIP アドレスから発信されます。

パラメーター Specifies
baseDN LDAP 検索の開始元である LDAP モニターのベース名。LDAPサーバーがローカルで実行されている場合、baseのデフォルト値はdc =netscaler、 dc=com.
bindDN LDAP モニタの BDN 名。
filter LDAP モニタのフィルタ。クエリで filter パラメーターを使用して、結果の数を制限します。クエリでこのパラメーターを指定しない場合、フィルタはオブジェクトクラス全体に適用されます。これは、CPU 使用率が高くなるなど、コストのかかる操作になる可能性があります。
password LDAP サーバの監視に使用するパスワード。
attribute LDAP モニタの属性。

組み込み LDAP モニタを設定するには、 ロードバランシングセットアップでのモニタの設定を参照してください

LDAP サービスの監視