Citrix ADC

POP3 サービスの監視

Citrix ADCアプライアンスには、POP3サービスの監視に使用できるモニターが1つ組み込まれています。POP3 サーバーとの接続を開いて、バインドされている POP3 サービスを定期的にチェックします。POP3 サーバーは、設定された期間内に正しい応答コードで応答すると、サービスが UP とマークされます。POP3 サービスが応答しない、または正しく応答しない場合は、サービスが DOWN とマークされます。

注:監視プローブは、NSIP アドレスから発信されます。

パラメーター Specifies
userName ユーザー名 POP3 サーバー。このユーザー名はプローブで使用されます。
password POP3 サーバーの監視に使用するパスワード。
scriptName 実行するスクリプトのパスと名前。
dispatcherIP プローブの送信先となるディスパッチャの IP アドレス。
dispatcherPort プローブの送信先であるディスパッチャのポート。

組み込み POP3 モニターを構成するには、 負荷分散セットアップでのモニタの構成を参照してください

CLI を使用して POP3 モニターを構成するには

次のコマンドを入力します。

add lb monitor <monitorName> <type> -scriptName <string> -scriptArgs <string>
<!--NeedCopy-->

例:

add lb monitor pop31 USER -scriptName nspop3.pl -scriptArgs "user=test@lbmon1.net;password=Freebsd123"

<!--NeedCopy-->
POP3 サービスの監視