Citrix ADC

プロキシプロトコルサービスの監視

プロキシプロトコルを備えたCitrix ADCアプライアンスは、モニターチェックをサポートしています。モニタチェックでは、バックエンドサーバーがプロキシプロトコルもサポートしていることを確認します。Citrix ADCアプライアンスには、HTTPまたはTCP関連サービス用の4つのビルトインモニタタイプ(HTTP、HTTPS、HTTP-ECV、TCP-ECV)があります。

次の表に、モニタタイプ、および各タイプに関連付けられたパラメータとモニタリングプロセスを示します。

構成タイプ プローブ 成功基準
HTTP httprequest [「HEAD/」] -サービスに送信される HTTP リクエスト。 respcode [200] -サービスから一連の HTTP レスポンスコードが必要です。 Citrix ADCアプライアンスは、モニターの送信先と3ウェイハンドシェイクを確立します。接続が確立されると、アプライアンスは HTTP 要求を送信し、応答コードと構成済みの応答コードのセットを比較します。
HTTPS httprequest [「HEAD/」] -サービスに送信される HTTPS リクエスト。respcode [200] -サービスから一連の HTTPS 応答コードが期待されます。 Citrix ADCアプライアンスは、モニターの送信先と3ウェイハンドシェイクを確立します。接続が確立されると、アプライアンスは HTTPS 要求を送信し、応答コードを設定済みの応答コードセットと比較します。
HTTP-ECV send [””] -サービスに送信される HTTP データ。Received [””] -サービスから期待される HTTP 応答データ Citrix ADCアプライアンスは、モニターの送信先と3ウェイハンドシェイクを確立します。接続が確立されると、アプライアンスは送信パラメータを使用してHTTPデータをサービスに送信し、受信パラメータで指定されるHTTP応答を期待します。(HTTPヘッダを含まないHTTPボディ部分)。空の応答データは、任意の応答と一致します。期待されるデータは、レスポンスの HTTP 本体の最初の 24 K バイトの任意の場所にある可能性があります。
TCP-ECV send [””] - is the data that is sent to the service. 文字列の最大許容長さは512 Kバイトです。受信 [””] -サービスからの期待される応答。文字列の最大許容長は 128 K バイトです。 Citrix ADCアプライアンスは、モニターの送信先と3ウェイハンドシェイクを確立します。接続が確立されると、アプライアンスは送信パラメータを使用して特定のデータをサービスに送信し、受信パラメータによる特定の応答を期待します。異なるサーバによって、異なるサイズのセグメントが送信されます。ただし、パターンは 16 個の TCP セグメント内にある必要があります。

プロキシプロトコルモニタは、netprofileを使用して設定できます。

CLI を使用したプロキシプロトコルモニタの設定

コマンドプロンプトで入力します。

  1. プロキシプロトコルを有効にしてネットプロファイルを追加する

    add netprofile <name> -proxyProtocol ( ENABLED | DISABLED )

例:

add netprofile profile1 –proxyProtocol ENABLED
  1. ネットプロファイルをサービスにバインドします。

    set service <name> -netprofile <netprofile-name>

例:

set service S1 –netprofile profile1

ネットプロファイルをサービスにバインドする場合は、前述のコマンドを実行できます。

  1. ネットプロファイルをモニターにバインドします。

    set lb monitor <monitor-name> <type> -netprofile <netprofile-name>

例:

set lb monitor http1 HTTPS –netprofile profile1

  • ネットプロファイルをモニタにバインドする場合は、前述のコマンドを実行できます。
  • お好みのモニタタイプを選択できます。HTTP、HTTPS、TCP-ECV、または HTTP-ECV のいずれかになります。

重要

  • 一般に、サービスにバインドされたネットプロファイル(プロキシプロトコルが有効)が考慮されます。
  • ネットプロファイルがモニターとサービスの両方にバインドされている場合、モニターにバインドされたネットプロファイルが考慮されます。サービスにバインドされたネットプロファイルは無視されます。
プロキシプロトコルサービスの監視