Citrix ADC

Citrix Virtual Desktops Delivery Controller サービス監視

デスクトップ仮想化では、Citrix ADCアプライアンスを使用して、Citrix Virtual Desktops環境によってデプロイされたCitrix Virtual Desktops Delivery Controllerサーバーの負荷分散を行うことができます。Citrix ADCアプライアンスには、Citrix Virtual DesktopsDelivery Controller サーバーを監視するCITRIX-XD-DDCモニターという組み込みモニターがあります。ヘルスチェックに加えて、プローブがCitrix Virtual Desktops Delivery Controllerサーバーの有効なユーザーによって送信されたかどうかを確認することもできます。

モニターは、XMLメッセージ形式でCitrix Virtual Desktops Delivery Controller サーバーにプローブを送信します。サーバがサーバファームの ID を使用してプローブに応答した場合、プローブは成功したとみなされ、サーバのステータスは UP とマークされます。HTTP 応答に成功コードがない場合や、サーバーファームの ID が応答に含まれていない場合、プローブは失敗と見なされ、サーバーのステータスは DOWN とマークされます。

資格情報の検証オプションでは、モニターからCitrix Virtual Desktops Delivery Controllerサーバーに送信するプローブ、つまりサーバー名のみを要求するか、ログイン資格情報も検証するかを決定します。

注: CITRIX-XD-DDC モニターでユーザーの資格情報(ユーザー名、パスワード、ドメイン)が指定されているかどうかに関係なく、Citrix Virtual Desktops Delivery Controllerサーバーは、資格情報を検証するオプションがモニターで有効になっている場合にのみユーザーの資格情報を検証します。

ウィザードを使用してCitrix Virtual Desktopsサーバーの負荷分散を構成すると、 CITRIX-XD-DDC モニターが自動的に作成され、Citrix Virtual Desktops Delivery Controllerサービスにバインドされます。

コマンドラインインターフェイスを使用して、資格情報の検証オプションを指定して XD-DDC モニターを追加するには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して XD-DDC モニターを追加し、構成を確認します。

add lb monitor <monitorName> <monitorType> -userName <userName> -password <password> -domain <domain_name> -validateCred YES

show lb monitor <monitorName>
<!--NeedCopy-->

例:

 > add lb monitor xdddcmon Citrix-xd-ddc -userName Administrator -password E12Dc35450a1 -domain dhop -validateCred YES
 Done
> show lb monitor xdddcmon
1) Name......:xdddcmon Type......:CITRIX-XD-DDC State......: ENABLED

Standard parameters:
Interval......:..5 sec...Retries......:..3
Response timeout......:..2 sec...Down time......:..30 sec
Reverse......:..NO...Transparent......:..NO
Secure......:..NO...LRTM......:..ENABLED
Action......:..Not applicable...Deviation......:..0 sec
Destination IP......:..Bound service
Destination port......:..Bound service
Iptunnel......:..NO
TOS......:..NO...TOS ID......:..0
SNMP Alert Retries......:..0...Success Retries......:..1
Failure Retries......:..0

Special parameters:
User Name..........:"Administrator"
Password...........:*****
DDC Domain.........: "dhop"
Done
<!--NeedCopy-->

コマンドラインインターフェイスを使用して XD-DDC モニターで認証情報の検証オプションを指定するには

コマンドプロンプトで入力します。

set lb monitor <monitorName> <monitorType> -userName -password -domain <domain_name> -validateCred YES
<!--NeedCopy-->

例:

 set lb monitor XD_DDC_21.21.21.22_443_mn CITRIX-xd-ddc -userName Administrator -password D123S1R2A123 -domain dhop -validateCred YES
Done
<!--NeedCopy-->

構成ユーティリティを使用して XD-DDC モニターの資格情報の検証オプションを構成するには

[ トラフィック管理] > [負荷分散] > [モニタ] に移動し、タイプCitrix-XD-DDCのモニタを作成します。