Citrix ADC

ユースケース15:Citrix ADCアプライアンスでレイヤー4負荷分散を構成する

レイヤー 4 ロードバランサ (TCP および UDP ポート) は、ネットワークトランスポート層で提供される情報を使用して、サーバーグループ間でクライアント要求をルーティングします。

クライアントとサーバ間でレイヤ 4 接続が確立されると、クライアントとサーバ間で交換されるトラフィックのパケットビューが表示されます。レイヤー 4 ロードバランサは、TCP ストリームの最初の数個のパケットから抽出されたアドレス情報に基づいてルーティングを決定し、パケットの内容を検査しません。したがって、レイヤ 4 負荷分散は、接続ベースの負荷分散とも呼ばれます。

レイヤー 4 ロードバランサーは、サーバーの正常性を監視します。DOWN の場合、トラフィックはサーバにルーティングされません。

レイヤ 4 負荷分散は、TCP または UDP ペイロードを使用するさまざまなアプリケーションで役立ちます。このようなプロトコルは、TCP ペイロードとしてデータを交換し、従うべき特定の構造を持ちません。

コマンドラインインターフェイスを使用してレイヤ 4 負荷分散を設定するには

コマンドプロンプトで入力します。

add service <name> <serverName> <serviceType> <port>
add lb vserver <name> <serviceType> <ip> <port>
bind lb vserver <name> <serviceName>
<!--NeedCopy-->

例:

add service TCPservice 192.0.2.3 TCP 1
add lb vserver TCPserver TCP 192.0.2.4 1
bind lb vserver TCPserver TCPservice
<!--NeedCopy-->

GUI を使用してレイヤ 4 負荷分散を設定するには

  1. [Traffic Management]>[Load Balancing]>[Services] の順に移動します。

    負荷分散サービスに移動します。

  2. サービスを作成するには、[ 追加 ] をクリックします。
  3. [ サービス名 ] と [ IP アドレス] に必要な詳細を指定します。
  4. [ プロトコル ] で [ TCP ] または [ UDP] を選択します。
  5. OK」をクリックします。

    サービスを追加する

  6. [完了] をクリックします。

    サービスが作成されます。

    UDP をトランスポート層プロトコルとして使用してサービスを作成すると、ping モニター (組み込みモニター) が自動的にサービスにバインドされます。トランスポート層プロトコルとして TCP を使用してサービスを作成すると、 tcp_default モニターが自動的にサービスにバインドされます。

    負荷分散の設定では、サービスを別のタイプのモニターまたは複数のモニターにバインドできます。高度なモニタリング要件については、 tcp-ecv モニタを使用して、要求メッセージと応答メッセージを設定できます。

  7. Traffic Management > Load Balancing > Virtual Serversに移動します。

    負荷分散仮想サーバーに移動します。

  8. [ 追加 ] をクリックして、新しい仮想サーバーを作成します。

    負荷分散が構成されると、仮想サーバーの IP アドレスまたは FQDN を使用して、負荷分散された Web サイト、アプリケーション、またはサーバーに接続できます。

  9. [ **名前]、[ IP アドレスタイプ]、および [IP アドレス]に必要な詳細を指定します。**

  10. [ プロトコル ] で [ TCP ] または [ UDP] を選択します。

  11. [ポート] にポート番号 (サービスタイプに基づいて 0 ~ 1023) を入力します。

  12. OK」をクリックします。

    負荷分散仮想サーバー設定

  13. [ サービスとサービスグループ] で [ **負荷分散仮想サーバーサービスバインドなし**] をクリックします。

    負荷分散仮想サーバーサービスバインディングなし

  14. [ サービスバインド ] ページで、[ サービスの選択 **] で [クリックして選択 ] を選択します**。
  15. バインドするサービスを選択し、[選択( Select)] をクリックします。
  16. [ バインド ] をクリックして、サービスを仮想サーバーにバインドします。

    仮想サーバーサービスバインド

  17. [続行] をクリックします。
  18. [完了] をクリックします。

    仮想サーバーの設定が完了しました

    レイヤ 4 負荷分散仮想サーバの設定が完了しました。

ユースケース15:Citrix ADCアプライアンスでレイヤー4負荷分散を構成する