Citrix ADC

モニタ接続を閉じる

Citrix ADCアプライアンスは、サービスにバインドされたモニターを介してプローブをサービスに送信します。デフォルトでは、アプライアンスと物理サーバーのモニターは、モニタープローブの場合でも完全なハンドシェイク手順に従います。ただし、この手順では、モニタリングプロセスにオーバーヘッドが加わり、必ずしも必要になるとは限りません。

TCPタイプのモニターの場合、サービスからSYN-ACKを受信した後、モニターとプローブの接続を閉じるようにアプライアンスを構成できます。これを行うには、monitorConnectionCloseパラメーターの値をRESETに設定します。モニターとプローブの接続で完全な手順を実行する場合は、値をFINに設定します。

注意: monitorConnectionClose設定は、タイプTCPおよびTCP-Defaultモニターにのみ適用できます。

コマンドラインインターフェイスを使用してモニター接続の閉鎖を構成するには、次の手順に従います。

コマンドプロンプトで入力します。

set lb parameter -monitorConnectionClose <monitor_conn_close_option>
<!--NeedCopy-->

set lb parameter -monitorConnectionClose RESET
<!--NeedCopy-->

構成ユーティリティを使用してモニター接続のクローズを構成するには、次のようにします。

  1. [ トラフィック管理] > [負荷分散] > [ロードバランシングパラメータの設定] に移動します。
  2. [FIN] または [リセット] を選択します。

サービスまたはサービスグループレベルでモニター接続を閉じる

monConnectionCloseパラメーターを設定することにより、サービスおよびサービスグループレベルでモニタープローブ接続を閉じるようにアプライアンスを構成することもできます。このパラメーターが設定されていない場合、モニター接続は、グローバル負荷分散パラメーターで設定された値を使用して閉じられます。このパラメーターがサービスまたはサービスグループレベルで設定されている場合、モニター接続は、FINまたはRESETビットが設定された接続終了メッセージをサービスまたはサービスグループに送信することによって閉じられます。

CLIを使用して、サービスレベルでモニター接続のクローズを構成するには

コマンドプロンプトで入力します。

set service <service_name> -monConnectionClose ( RESET | FIN )
<!--NeedCopy-->

CLIを使用して、サービスグループレベルでモニター接続の閉鎖を構成するには

コマンドプロンプトで入力します。

 set serviceGroup <service_name> -monConnectionClose ( RESET | FIN )
<!--NeedCopy-->

GUIを使用して、サービスレベルでモニター接続の閉鎖を構成するには

  1. [ トラフィック管理 ] > [ 負荷分散 ] > [ サービス] に移動します。
  2. サービスを追加または編集し、 [基本設定]で [監視接続クローズビット] を設定します。

GUIを使用して、サービスグループレベルでモニター接続の閉鎖を構成するには

  1. Traffic Management > Load Balancing > Service Groupsに移動します。
  2. サービスグループを追加または編集し、 [基本設定]で [モニタリングコネクションクローズビット] を設定します。

注: グローバル負荷分散パラメーターを使用してモニターとプローブの接続を閉じるには、monitorConnectionCloseをFINまたはRESETに構成できます。monitorConnectionCloseパラメーターを次に設定する場合。

  • FIN:アプライアンスは完全なTCPハンドシェイクを実行します。

  • RESET:アプライアンスは、サービスからSYN-ACKを受信した後、接続を閉じます。

Citrix ADC CPXのより軽いバージョンでは、MonitorConnectionCloseパラメータ値はデフォルトでリセットに設定され、グローバルレベルでFINに変更することはできません。ただし、サービスレベルでmonitorConnectionCloseパラメーターをFINに変更できます。

モニタ接続を閉じる