Citrix ADC

モニタの有効化と無効化

デフォルトでは、サービスおよびサービスグループにバインドされたモニターが有効になっています。モニターを有効にすると、モニターはバインドされているサービスのプローブを開始します。サービスにバインドされたモニターを無効にすると、サービスにバインドされた他のモニターを使用してサービスが決定される状態になります。サービスが1つのモニターのみにバインドされている場合、およびモニターを無効にすると、サービスの状態はデフォルトのモニターを使用して決定されます。

コマンドラインインターフェイスを使用してモニターを有効にするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

enable lb monitor <monitorName>

例:

enable lb mon monitor-HTTP-1

構成ユーティリティを使用してモニターを有効にするには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [モニター] に移動します。
  2. モニターを選択し、[アクション]リストから[有効]または[無効]を選択します。

コマンドラインインターフェイスを使用してモニターを無効にするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

disable lb monitor <monitorName>

例:

disable lb mon monitor-HTTP-1