Citrix ADC

ユーザーモニターの設定

ユーザーモニターは、Citrix ADCアプライアンスがサポートしていないカスタムアプリケーションとプロトコルの健全性を追跡します。これは、カスタムモニターの拡張スコープです。ユーザモニタを設定するには、次の手順を実行する必要があります。

  • バインドされたサービスを監視できるスクリプトを記述します。
  • スクリプトをCitrix ADCアプライアンスの/nsconfig/monitorsディレクトリにアップロードします。
  • スクリプトに実行権限を与えます。

モニタタイプがアプライアンスでサポートされていないプロトコルの場合は、タイプ USERのモニタを使用する必要があります。ユーザーモニターは Perl および Bash タイプのスクリプトのみをサポートします。Python スクリプトはサポートしていません。

モニタープローブはNSIPアドレスから発信されます。モニタタイプUSERに設定されたscriptargsは、実行構成ファイルと ns.conf ファイルに表示されます。

モニターの詳細については、「 モニターの構成」を参照してください。

CLI を使用してユーザモニタを設定するには

コマンドプロンプトで入力します。

add lb monitor <monitorName> USER -scriptname <NameOfScript> -scriptargs <Arguments> -secureargs <Arguments>
<!--NeedCopy-->

Example1:

add monitor Monitor-User-1 USER -scriptname nsftp.pl -scriptargs "file=/home/user/
sample.txt;user=root;password=passwd"
<!--NeedCopy-->

Example2:

add monitor Monitor-User-1 USER -scriptname nsftp.pl -scriptargs "file=/home/user/
sample.txt -secureargs "user=root;password=passwd"
<!--NeedCopy-->

secureargsパラメータは、スクリプト引数をプレーンテキスト形式ではなく暗号化された形式で格納します。スクリプトに関連する機密データ(ユーザー名やパスワードなど)には、scriptargs パラメーターの代わりにパラメーターsecureargsを使用することをお勧めします。両方のパラメータを一緒に使用する場合、-scriptnameで指定されたスクリプトは、<scriptargs> <secureargs>の順序で引数を受け入れる必要があります。最初のいくつかの引数を<scriptargs>パラメータに指定し、 残りの引数を<secureargs>パラメータに指定します。つまり、引数に定義された順序を維持します。Secure 引数は内部ディスパッチャにのみ適用されます。外部ディスパッチャーを使用する場合は、スクリプト内の脆弱なデータを保護することをお勧めします。

例 3:

scriptargsパラメータに「a=b; c=d; e=f」という引数を設定しているとします。

add monitor mon1 USER -scriptargs "a=b;c=d;e=f"
<!--NeedCopy-->

scriptargsパラメータの代わりにsecureargsパラメータを使用する場合は、次の操作を行います。

  • scriptargsパラメータを無効にします。
  • secureargsパラメータの下にすべての引数を指定します。
set monitor mon1 USER -scriptargs "" -secureargs "a=b;c=d;e=f"
<!--NeedCopy-->

GUI を使用してユーザモニタを設定するには

  1. [ トラフィック管理] > [負荷分散] > [モニタ] に移動し、[ 追加] をクリックします。
  2. [モニターの作成 ] ページで、次の操作を行います。
    • モニタータイプとして USERを選択します。
    • ドロップダウンメニューからスクリプトを選択するか、独自のスクリプトをアップロードします。
    • [ スクリプト引数] フィールドと [ **セキュア引数** ] フィールドに適切な値を入力します。
    • [作成] をクリックします。

    ユーザーモニターが作成されます。

ユーザーモニターの設定