Citrix ADC

内部ディスパッチャの理解

内部ディスパッチャでカスタムユーザーモニターを使用できます。サーバー上のファイルの存在に基づいて、サーバーの健全性を追跡する必要がある場合を考えてみましょう。次の図は、このシナリオを示しています。

図1:内部ディスパッチャを使用したユーザーモニタの使用

内部ディスパッチャー

考えられる解決策は、サーバーとのFTPセッションを開始し、ファイルの存在をチェックするPerlスクリプトを使用することです。その後、Perl スクリプトを使用するユーザーモニターを作成できます。Citrix ADCアプライアンスでは、/nsconfig/monitors/ ディレクトリに、このようなPerlスクリプト(nsftp.pl)が含まれています。

外部ディスパッチャでユーザーモニターを使用できます。別のサーバー上の SMTP サービスの状態に基づいて、サーバーの正常性を追跡する必要がある場合を考えてみましょう。このシナリオを次の図に示します。

図2:外部ディスパッチャを使用したユーザーモニタの使用

外部ディスパッチャー

可能な解決策は、サーバー上のSMTPサービスの状態をチェックするPerlスクリプトを作成することです。その後、Perl スクリプトを使用するユーザーモニターを作成できます。

内部ディスパッチャの理解

この記事の概要