Citrix ADC

サービスグループの管理

サービスグループ内のサービスの設定を変更したり、サービスグループの有効化、無効化、削除などのタスクを実行できます。サービスグループからメンバーをバインド解除することもできます。サービスグループの詳細については、「 サービスグループの構成」を参照してください。

サービスグループの変更

サービスグループメンバーの属性を変更できます。最大クライアント数や圧縮数など、サービスグループの複数の属性を設定できます。属性は、サービスグループの個々のサーバに設定されます。トランスポート情報(IP アドレスとポート)、重み、サーバ ID などのパラメータをサービスグループに設定することはできません。

注:サービスグループに設定したパラメータは、個々のサービスではなく、グループ内のメンバーサーバに適用されます。

コマンドラインインターフェイスを使用してサービスグループを変更するには

コマンドプロンプトで、1 つ以上のオプションパラメータを指定して、次のコマンドを入力します。

set servicegroup <serviceGroupName> [-type <type>] [-maxClient <maxClient>] [-maxReq <maxReq>] [-cacheable (YES|NO)] [-cip (ENABLED|DISABLED)] [-cipHeader <cipHeader>] [-usip (YES|NO)] [-sc (ON|OFF)] [-sp (ON|OFF)] [-cltTimeout <cltTimeout>] [-svrTimeout <svrTimeout>] [-cka (YES|NO)] [-TCPB (YES|NO)] [-CMP (\*\*YES\*\*|\*\*NO\*\*)] [-maxBandwidth <maxBandwidth>] [-maxThreshold <maxThreshold>] [-state (ENABLED|DISABLED)] [-downStateFlush (ENABLED|DISABLED)
<!--NeedCopy-->

例:

set servicegroup Service-Group-1 -type TRANSPARENT

set servicegroup Service-Group-1 -maxClient 4096

set servicegroup Service-Group-1 -maxReq 16384

set servicegroup Service-Group-1 -cacheable YES
<!--NeedCopy-->

構成ユーティリティを使用してサービスグループを変更するには

[ トラフィック管理 ] > [ 負荷分散 ] > [ サービスグループ] に移動し、変更するサービスグループを開きます。

サービスグループを削除する

サービスグループを削除すると、グループにバインドされたサーバーは個別の設定を保持し、Citrix ADCアプライアンスに引き続き存在します。

コマンドラインインターフェイスを使用してサービスグループを削除するには

コマンドプロンプトで入力します。

rm servicegroup <ServiceGroupName>
<!--NeedCopy-->

例:

rm servicegroup Service-Group-1
<!--NeedCopy-->

構成ユーティリティを使用してサービスグループを削除するには

  1. [ トラフィック管理 ] > [ 負荷分散 ] > [ サービスグループ] に移動します。
  2. サービスグループを選択し、[ Delete] をクリックします。

サービスグループからメンバーをバインド解除する

サービスグループからメンバーをバインド解除すると、サービスグループに設定された属性は、バインド解除したメンバーに適用されなくなります。ただし、メンバーサービスは個々の設定を保持し、Citrix ADCアプライアンスに引き続き存在します。

コマンドラインインターフェイスを使用してサービスグループからメンバーをバインド解除するには

コマンドプロンプトで入力します。

unbind servicegroup <serviceGroupName> <IP>@ [<port>]
<!--NeedCopy-->

例:

unbind servicegroup Service-Group-1 10.102.29.30 80
<!--NeedCopy-->

構成ユーティリティを使用してサービスグループからメンバーをバインド解除するには

  1. [ トラフィック管理 ] > [ 負荷分散 ] > [ サービスグループ] に移動します。
  2. サービスグループを開き、[サービスグループメンバー] セクションをクリックします。
  3. サービスグループメンバーを選択し、[ Unbind] をクリックします。

仮想サーバからサービスグループをバインド解除する

仮想サーバーからサービスグループをバインド解除すると、メンバーサービスは仮想サーバーからバインド解除され、Citrix ADCアプライアンスに引き続き存在します。

コマンドラインインターフェイスを使用して仮想サーバからサービスグループをバインド解除するには

コマンドプロンプトで入力します。

unbind lb vserver <name>@ <ServiceGroupName>
<!--NeedCopy-->

例:

unbind lb vserver Vserver-LB-1 Service-Group-1
<!--NeedCopy-->

構成ユーティリティを使用して仮想サーバからサービスグループをバインド解除するには

  1. [ トラフィック管理 ] > [ 負荷分散 ] > [ 仮想サーバー] に移動します。
  2. 仮想サーバーを開き、[Service Group] セクションをクリックします。
  3. サービスグループを選択し、[ Unbind] をクリックします。

サービスグループからのモニタのバインド解除

サービスグループからモニタをバインド解除すると、バインドを解除したモニタは、グループを構成する個々のサービスを監視しなくなります。

コマンドラインインターフェイスを使用してサービスグループからモニタをバインド解除するには

コマンドプロンプトで入力します。

unbind serviceGroup <serviceGroupName> -monitorName <string>
<!--NeedCopy-->

例:

unbind serviceGroup Service-Group-1 -monitorName monitor-HTTP-1
<!--NeedCopy-->

構成ユーティリティを使用してサービスグループからモニタをバインド解除するには

  1. [ トラフィック管理 ] > [ 負荷分散 ] > [ サービスグループ] に移動します。
  2. サービスグループを開き、[モニター] セクションをクリックします。
  3. モニタを選択し、[ バインド解除] をクリックします。

サービスグループの有効化または無効化

サービスグループとサーバを有効にすると、そのサービスグループに属するサービスが有効になります。同様に、サービスグループに属するサービスを有効にすると、サービスグループとサービスが有効になります。デフォルトでは、サービスグループは有効になっています。

有効なサービスを無効にした後、構成ユーティリティまたはコマンドラインを使用してサービスを表示し、サービスが停止するまでの残り時間を確認できます。

コマンドラインインターフェイスを使用してサービスグループを無効にするには

コマンドプロンプトで入力します。

disable servicegroup <ServiceGroupName>
<!--NeedCopy-->

例:

disable servicegroup Service-Group-1
<!--NeedCopy-->

構成ユーティリティを使用してサービスグループを無効にするには

  1. [ トラフィック管理 ] > [ 負荷分散 ] > [ サービスグループ] に移動します。
  2. サービスグループを選択し、[アクション] リストで [ 無効] をクリックします。

コマンドラインインターフェイスを使用してサービスグループを有効にするには

コマンドプロンプトで入力します。

enable servicegroup <ServiceGroupName>
<!--NeedCopy-->

例:

enable servicegroup Service-Group-1
<!--NeedCopy-->

構成ユーティリティを使用してサービスグループを有効にするには

  1. [ トラフィック管理 ] > [ 負荷分散 ] > [ サービスグループ] に移動します。
  2. サービスグループを選択し、[アクション] リストで [ 有効] をクリックします。

サービスグループメンバーのステータスの表示

[ トラフィック管理 ] > [ 負荷分散 ] > [ サービスグループ] に移動します。

[サービスグループ] ページの [ 有効な状態 ] 列に、サービスグループのステータスが表示されます。[ 有効状態 ] 列のステータス UP/DOWN はクリック可能です。ステータスをクリックすると、同じビューでメンバーのリストとそのステータスが取得できます。メンバーを選択し、[ 詳細の監視 ] ボタンをクリックして、ステータスが [DOWN] になっている理由を表示します。

:NetScalerリリース12.0ビルド56.20より前のリリースでは、[ 有効な状態 ]列のステータスはクリック可能ではありませんでした。

サービスグループのステータス

サービスグループのプロパティの表示

構成されたサービスグループの次の設定を表示できます。

  • 名前
  • IPアドレス
  • State
  • プロトコル
  • 最大クライアント接続数
  • 接続あたりの最大要求数
  • 最大帯域幅
  • モニタしきい値

設定の詳細を表示すると、設定のトラブルシューティングに役立ちます。

コマンドラインインターフェイスを使用してサービスグループのプロパティを表示するには

コマンドプロンプトで、次のいずれかのコマンドを入力して、グループのプロパティ、またはプロパティとグループメンバーを表示します。


show servicegroup <ServiceGroupName>

show servicegroup <ServiceGroupName> -includemembers
<!--NeedCopy-->

例:

show servicegroup Service-Group-1
<!--NeedCopy-->

構成ユーティリティを使用してサービスグループのプロパティを表示するには

  1. [ トラフィック管理 ] > [ 負荷分散 ] > [ サービスグループ] に移動します。
  2. サービスグループの横にある矢印をクリックします。

サービスグループの統計情報の表示

要求レート、応答、要求バイト数、応答バイト数などのサービスグループの統計データを表示できます。Citrix ADCアプライアンスは、サービスグループの統計を使用してサービスの負荷を分散します。

コマンドラインインターフェイスを使用してサービスグループの統計情報を表示するには

コマンドプロンプトで入力します。

stat servicegroup <ServiceGroupName>
<!--NeedCopy-->

例:

stat servicegroup Service-Group-1
<!--NeedCopy-->

構成ユーティリティを使用してサービスグループの統計情報を表示するには

  1. [ トラフィック管理 ] > [ 負荷分散 ] > [ サービスグループ] に移動します。
  2. サービスグループを選択し、[ Statistics] をクリックします。

サービスグループにバインドされた仮想サーバーの負荷分散

大規模な展開では、同じサービスグループを複数の負荷分散仮想サーバーにバインドできます。このような場合、各仮想サーバーを表示してそれがバインドされているサービスグループを表示する代わりに、サービスグループにバインドされているすべての負荷分散仮想サーバーの一覧を表示できます。各仮想サーバーの次の詳細を表示できます。

  • 名前
  • State
  • IPアドレス
  • ポート

コマンドラインインターフェイスを使用してサービスグループにバインドされた仮想サーバーを表示するには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、サービスグループにバインドされた仮想サーバーを表示します。

show servicegroupbindings <serviceGroupName>
<!--NeedCopy-->

例:

> show servicegroupbindings SVCGRPDTLS
SVCGRPDTLS - State :ENABLED
1) Test-pers (10.10.10.3:80) - State : DOWN
2) BRVSERV (10.10.1.1:80) - State : DOWN
3) OneMore (10.102.29.136:80) - State : DOWN
4) LBVIP1 (10.102.29.66:80) - State : UP
Done
>
<!--NeedCopy-->

構成ユーティリティを使用してサービスグループにバインドされた仮想サーバーを表示するには

  1. [ トラフィック管理 ] > [ 負荷分散 ] > [ サービスグループ] に移動します。
  2. サービスグループを選択し、[アクション] リストで [ バインドの表示] をクリックします。