Citrix ADC

オーバーロードされたサービスの永続設定の上書き

サービスがロードされたり、使用できない場合には、クライアントへのサービスが低下します。この場合、オーバーロードされたサービスに関連付けられた永続性セッションに含まれる要求を他のサービスに一時的に転送するように、Citrix ADCアプライアンスを構成する必要がある場合があります。つまり、負荷分散仮想サーバー用に構成されている永続性設定を上書きする必要があります。この機能を実現するには、skippersistency パラメータを設定します。この skippersistence パラメータが設定され、仮想サーバーがオーバーロードされたサービスの新しい接続を受信すると、次のことが起こります。

  • 仮想サーバーは、サービスがリクエストを受け入れることができる状態に戻るまで、そのサービスに関連付けられている既存の永続性セッションを無視します。
  • 他のサービスに関連付けられた持続性セッションは影響を受けません。

この機能は、タイプが ANY または UDP の仮想サーバーでのみ使用できます。

Branch Repeater の負荷分散構成では、負荷モニターを構成し、サービスにバインドする必要もあります。モニタは、サービスの負荷が設定されたしきい値を下回るまで、後続の負荷分散決定からサービスを引き出します。仮想サーバーの負荷モニタの構成の詳細については、「 負荷モニタについて」を参照してください。

永続性セッションの一部を形成する要求に対して、次のいずれかのアクションを実行するように仮想サーバーを設定できます。

  • 各リクエストを他のサービスのいずれかに送信します。仮想サーバーは負荷分散の決定を行い、負荷分散方式に基づいて各要求を他のサービスに送信します。すべてのサービスが過負荷になると、サービスが使用可能になるまで要求がドロップされます。

    ワイルドカードと IP アドレスベースの仮想サーバの両方で、このオプションがサポートされます。このアクションは、仮想サーバが Branch Repeater アプライアンスまたはファイアウォールの負荷分散を行う展開を含む、すべての展開に適しています。

  • 仮想サーバサービス構成をバイパスします。仮想サーバは、負荷分散の決定を行いません。代わりに、リクエスト内の宛先 IP アドレスに基づいて、各リクエストを物理サーバにブリッジするだけです。

    bypass オプションがサポートされるのは、ANY および UDP タイプのワイルドカード仮想サーバだけです。ワイルドカード仮想サーバーには、IP とポートの組み合わせがあります。この操作は、仮想サーバーを使用して Branch Repeater アプライアンスまたはファイアウォールのロードバランシングを行う展開に適しています。これらの展開では、Citrix ADCアプライアンスはまずブランチリピーターアプライアンスまたはファイアウォールに要求を転送し、次に処理された応答を物理サーバーに転送します。仮想サーバーは、以下の条件で、宛先 IP アドレスにリクエストを直接送信します。

    • 仮想サーバ(オーバーロードされたサービスのサービス構成)をバイパスするように仮想サーバを構成します。
    • ブランチリピータアプライアンスまたはファイアウォールが過負荷になります。

    仮想サーバは、Branch Repeater アプライアンスまたはファイアウォールが要求を受け入れることができるまで、宛先の IP アドレスに要求を直接送信します。

CLI を使用してオーバーロードされたサービスの永続設定を上書きするには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、オーバーロードされたサービスの永続性設定を上書きし、構成を確認します。

set lb vserver <name> -skippersistency <skippersistency>

show lb vserver <name>
<!--NeedCopy-->

> set lb vserver mylbvserver -skippersistency ReLb
 Done
> show lb vserver mylbvserver
    mylbvserver (\*:\*) - ANY Type: ADDRESS
      . . .
      . . .
 Skip Persistency: ReLb
      . . .
 Done
>
<!--NeedCopy-->

GUI を使用してオーバーロードされたサービスの永続設定を上書きするには

  1. トラフィック管理 > 負荷分散 > 仮想サーバーに移動し 、UDP または ANY タイプの仮想サーバーを選択します。
  2. [詳細設定] ペインで、[トラフィック設定] を選択し、[スキップパーシステンシー] のタイプを指定します。
オーバーロードされたサービスの永続設定の上書き