Citrix ADC

仮想サーバ間で永続的なセッションを共有する

一部のお客様の環境(テレコムおよび ISP)では、1 台のサーバで制御トラフィックとデータトラフィックの両方を処理します。特定のクライアント IP アドレスに対して、制御トラフィックとデータトラフィックの両方を同じバックエンドサーバーに送信する必要があります。このためには、クライアント認証トラフィックを処理するために 1 つの仮想サーバーが必要で、通常はルールベースの永続性が設定されます。例:Radius.req.avp(8).value.typecast_text_t’。データトラフィックを処理するための 2 番目の仮想サーバー。通常、SourceIP パーシステンスが設定されています。

以前は、永続性エントリは仮想サーバーに対してローカルでした。複数の仮想サーバーに永続性を適用する必要がある場合は、仮想サーバーを負荷分散グループに追加し、グループに共通の永続性タイプを適用する必要がありました。負荷分散グループにバインドされているすべての仮想サーバが、グループに設定された永続性を継承しているため、この要件は達成できません。

仮想サーバー間の永続性共有機能を使用すると、グループ設定から継承するのではなく、グループ内の仮想サーバーが独自の永続性パラメータを使用できるように、負荷分散グループの新しいuseVserverPersistencyパラメータを設定できます。各仮想サーバーで個別のルールベースの永続性を構成できます。

必要に応じて、グループ内の仮想サーバーの 1 つをメイン仮想サーバーとして指定することもできます。仮想サーバーがメイン仮想サーバーとして指定されている場合、その仮想サーバーだけが永続性エントリを作成します。永続エントリは、グループ内のすべての仮想サーバーによって使用されます。メイン仮想サーバーがダウンしている場合、Citrix ADCアプライアンスは永続性エントリを作成しません。

:仮想サーバー間でのパーシステンス共有は、ルールベースの永続性メソッドでのみサポートされます。メンバー仮想サーバーで互換性のあるルールベースの永続性パラメータを設定します。

例:

v1 と v2 がロードバランシンググループにバインドされ、v1 が RADIUS タイプの仮想サーバ、v2 が HTTP タイプの仮想サーバであると仮定します。「Radius.req.avp (8) .value.typecast_text_t」永続性はv1上で構成され、「client.ip.src」はv2上で構成されています。

トラフィックが RADIUS 仮想サーバ v1 を通過すると、評価されたルール文字列に基づいて永続的なエントリが作成されます。その後、トラフィックが HTTP タイプの仮想サーバー v2 に到達すると、v2 はロードバランシンググループの永続性エントリをチェックし、同じ永続セッションを使用してトラフィックを同じバックエンドサーバーに送信します。

永続セッションの共有の設定

負荷分散グループ内の仮想サーバー間で永続性パラメータを共有するには、まず usevServerPersistency パラメーターを有効にし、グループ内の仮想サーバーの 1 つをメインサーバーとして指定する必要があります。

コマンドラインインターフェイスを使用して useVserverPersistency パラメーターを有効にするには

コマンドプロンプトで入力します。

set lb group <name> -useVserverPersistency ( ENABLED)
<!--NeedCopy-->

例:

set lb group lb_grp1 -useVserverPersistency ENABLED
<!--NeedCopy-->

GUIを使用してサーバー永続性を使用可能にするには、次の手順に従います

  1. [設定] > [トラフィック管理] > [ロードバランシング] > [持続性グループ] に移動します。
  2. [Add] をクリックして新しいグループを追加するか、既存のグループを選択して [Edit] をクリックします。
  3. 仮想サーバーの持続性を使用」を選択します。

コマンドラインインターフェイスを使用して仮想サーバーをメイン仮想サーバーとして指定するには

コマンドプロンプトで入力します。

set lb group <name> -useVserverPersistency ( ENABLED ) -masterVserver <string>
<!--NeedCopy-->

例:

set lb group lb_grp1 -useVserverPersistency ENABLED –masterVserver vs1
<!--NeedCopy-->

GUI を使用して仮想サーバをメイン仮想サーバとして指定するには

  1. [設定] > [トラフィック管理] > [ロードバランシング] > [持続性グループ] に移動します。
  2. [Add] をクリックして新しいグループを追加するか、既存のグループを選択して [Edit] をクリックします。
  3. 仮想サーバーの持続性を使用」を選択します。
  4. [ 仮想サーバー名 ] ボックスで、[ + ] をクリックして、仮想サーバーをグループに追加します。使用可能な仮想サーバーを選択するか、仮想サーバーを作成できます。
  5. 新しいグループを追加する場合は [作成] をクリックし、既存のグループを変更する場合は [閉じる] をクリックします。
  6. usevServerPersistency パラメータを有効にしたグループを選択し、[ 編集 ] をクリックして、永続性エントリを作成するメインとして仮想サーバーを設定します。
  7. [ マスター vServer ] リストから、メイン仮想サーバーとして指定する必要がある仮想サーバーを選択します。

引数

useVserverPersistency

グループ設定から永続性設定を継承するのではなく、グループ内の仮想サーバーが独自の永続性パラメータを使用して永続セッションを作成できるようにします。このパラメータを有効にすると、負荷分散グループに永続性を設定できません。

このパラメーターを無効にすると、グループの仮想サーバーはグループ設定から永続性パラメーターを継承します。

負荷分散グループでこのパラメーターを切り替えると、Citrix ADCアプライアンスは、グループとメンバー仮想サーバーの対応する永続性エントリをすべてフラッシュします。

設定可能な値:ENABLED, DISABLED

デフォルト:DISABLED

例:

set lb group lb_grp1 -useVserverPersistency ENABLED
<!--NeedCopy-->

masterVserver

負荷分散グループ内のメイン仮想サーバーとして仮想サーバーを指定します。指定すると、メイン仮想サーバーのみが、グループが使用する永続エントリを作成できます。

メモ: このパラメータは,useVserverPersistency パラメータが有効になっている場合にのみ設定できます。

例:

set lb group lb_grp1 –masterVserver vs1
<!--NeedCopy-->

コマンドラインインターフェイスを使用した持続セッション共有の設定例

仮想サーバーが作成されます。

add lb vs vs1 http 10.1.10.11 80 –persistence rule –rule ‘client.ip.src’

add lb vs vs2 radius 10.2.2.2 1812 –persistenceType rule –rule ‘Radius.req.avp(8).value.typecast_text_t’
<!--NeedCopy-->

グループが作成されます。

add lb group lb_grp1 –persistenceType NONE –useVserverPersistency ENABLED
<!--NeedCopy-->

グループ内の仮想サーバは、メイン仮想サーバとして指定されます。

set lb group lb_grp1 –masterVserver vs1
<!--NeedCopy-->

仮想サーバはグループにバインドされます。

bind lb group lb_grp1 vs1
bind lb group lb_grp1 vs2
<!--NeedCopy-->

詳細については、 [基本的な負荷分散の設定および永続性グループの構成を参照してください](/ja-jp/citrix-adc/current-release/load-balancing/load-balancing-persistence/persistence-groups.html)